人気ブログランキング |

「2012年地球の危機問題」:はたしてこれは本当か?嘘か?

2012年に起こるとされている自然災害は、誇張されているもので、あっても大したことにならないし、イルミナティとしても正確に太陽がどのような影響があるかどうかは判っていない。ニューエイジ運動に関係した、いろいろの人がそれぞれ勝手なことをいっているが、それを利用して人々をと惑わす手助けはあっても、真理をついているものではない。イルミナティ関係者は、そういったつまらない類の説を聞いて、片手にシャンペンを持ちながら馬鹿にして笑っているのが真相である。ただ万一に備えて、地下設備をつくったことは確かである。太陽から電磁波の津波が来ることに備えて、電気器械を守る必要がある。

ーー”チャールズ”と名乗るものの言葉ーーー
プロジェクト・アバロン「”チャールズ”との対話」:ビル・ライアンの新年の挨拶!?


みなさん、こんにちは。

新年を飾る、第二番目の話題はやはりこれであろう。以下の「2012年問題」である。残念ながら、全部英語である。3時間に及ぶかなり長いものである。

FULL MOVIE - 2012 The Online Movie FINAL UPDATE -- (2010)



これは、最近、「舞台裏の真相」で紹介されていたものである。

このサイトも玉石混淆で、分かり切ったものから、非常に優れた内容のものまであるが、ここ最近のものはなかなか優れたYouTube番組が紹介されているようである。

さて、上のYouTube番組には、ちまたで見る、かなり有名なスピリチュアルな人々、あるいは、「陰謀暴露」で有名な人々(例えば、リチャード・ホーグランド博士やデービッド・アイク氏など)の姿や講演などが含まれている。これらの人々が、それぞれに「2012年問題」を語っている部分を集大成したものが、この番組のようである。

はたして、そこで語られている内容が真実か? あるいは、「33人評議会」のご用聞きの”チャールズ”氏のいうように、単なる「お笑いぐさ」に過ぎないのか?

これは、今後のお楽しみというところだろう。実に、興味津々ですナ。

  by Kikidoblog | 2011-01-04 17:00 | ミステリー

<< e-piscoの弘原海清博士死... プロジェクト・アバロン「”チャ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE