人気ブログランキング |

「地球温暖化の正体」:これもジュセリーノと同じ運命が待つ!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、かつてアル・ゴアの「地球温暖化詐欺」に加担した科学者がついにウソ発見器にかけられることになったというニュースである。以下のものである。


Scientist Whose Climate Change Research on Polar Bears was Cited by Al Gore Will Face Lie Detector Test Over 'Integrity Issues'
「地球温暖化の正体」:これもジュセリーノと同じ運命が待つ!?_e0171614_17553721.jpg


元記事:Scientist whose climate change research on polar bears was cited by Al Gore will face lie detector test over 'integrity issues'

エキサイト翻訳:デマ:北極グマについてのその気象の変動研究がアル・ゴアによって引用された科学者は、「完全問題」に関する嘘検知器テストに直面するでしょう。
「地球温暖化の正体」:これもジュセリーノと同じ運命が待つ!?_e0171614_17533920.jpg

北極グマについてのその気象の変動研究がアル・ゴアによって引用された科学者は、「完全問題」に関する嘘検知器テストに直面するでしょう。

野生生物科学者(北極の水域の死んでいる北極グマに関するその報告書は気象の変動運動家の回復する要請になった)は、連邦捜査官による調査の一部として嘘発見器テストに直面するでしょう。

ジェフリー・グリーソン(この人は氷を溶かすことにより動物に持ち出された危険を強調する2006年の報告書を共同で書いた)は、研究に接続された、主張された科学的な不正行為上のポリグラフをとるだろう、とインディペンデントが報告しました。

それはいくらかが呼んだものへの最新のねじれである「Polarbeargate」の中で、グリーソン氏および彼の共同執筆者チャールズMonnett、その研究は、不都合な真実および作られた北極グマのアル・ゴアによって引用された、地球温暖化のシンボル、繰り返し権威によって質問されました。

「Polarbeargate:」:ジェフリー・グリーソン(北極グマについてのその2006年の研究はそれらを気候変化のシンボルにした)は、連邦捜査官とポリグラフ・テストに直面するでしょう。

「Polarbeargate:」:ジェフリー・グリーソン(北極グマについてのその2006年の研究はそれらを気候変化のシンボルにした)は、連邦捜査官とポリグラフ・テストに直面するでしょう。

支持者は、調査がまさにその研究が気候変化の政治に影響するかもしれない研究者を怖がらせることに向けて適応した魔女狩りであると主張します。

ペアの2006年の報告書は2004年に北極海で浮かぶ死んでいる熊について伝えました、見たところでは、食物のためにさらに泳ぐことを強いられて溺れました。

しかし、今年の初めに、主張は、報告書に関しての「完全問題」に関する米国内務省内になされました。また、部の査察総監(OIG)のオフィスは質問を始めました。

より多くの…

4回目のハロウィーンが南北戦争以来VERYの冷える週末の間東海岸としてしゃがみ込む前に、雪はニューヨークを襲います。

ハロウィーン・パンプキン(また、ゴルディロックスはそれらを当惑させると思いました)によって3頭の熊がどのように妨げられたかという話

バーミューダの7日間の旅行の後のTWO死んだ乗客を乗せたボストンの観光船ドック

Monnett氏(海洋エネルギー管理、レギュレーションおよび施行(BOEMRE)(内務省の機関)の事務局との北極の野生生物生物学者)は、質問の焦点になり、OIG代理人から数回インタビューを受けました。

7月18日に、彼は停職になり、彼が同僚と話をするかあるいはどんな内部のオフィスにも入ることを禁止された管理休暇に置かれました。Monnett氏は8月25日に仕事に戻りました。

OIGは、研究に関する心配事が収縮した後保留が起こったと言いました、彼は含まれていました、与える、そしてない、北極グマ記事。

しかし、いくつかの圧力団体は、エピソードがより不吉な動機をもっと持っていると主張しました。

地球温暖化:アル・ゴアは、フィルムにおける研究を引用しました、不都合な真実、および支持者が調査がそうであると言う科学者、魔女狩り

地球温暖化:アル・ゴアは、フィルムにおける研究を引用しました、不都合な真実、および支持者が調査がそうであると言う科学者、魔女狩り

「これが他の科学者が実行する能力の上に萎縮的効果を決して持つことができない方法はありません、それらの仕事。」Kassieシーゲル(生物多様性センターを持ったクライメット法律研究所の所長)は、その時に言いました。

オーストラリアの科学者のグループが次のように述べて、オバマ大統領のもとへ手紙を送りました:「これは、あなたの前任者の下で生じ、前1989年のソ連でもっと期待されたアクションに似ている、反科学アクションのタイプのように見えます。」

注意は今グリーソン氏(この人は今年の初めにインタビューを受けた)に頼った、とインディペンデントが報告しました。

今週、グリーソン氏は、調査者から集中的にインタビューを受けて彼がポリグラフ・テストをとるかどうか尋ねた、と新聞が述べました。

彼は、するだろうと返答しました、しかし、彼をインタビューする代理人が同じことをした場合のみ。

「そこでそれらが何かを見つけるまで、これを追求する、絶望的で、ほとんど猛烈な性質に親切に見える。」グリーソン氏の環境責任のための公務員の弁護士(ジェフ・ルーシュ)は、インディペンデントに伝えました。

ルーシュ氏は、典型的なピア・レビュー・プロセスの間に表に出された問題をとりあたかもそれらが悪事の証拠かのように作用したことで調査者を非難する、と新聞が報告しました。

彼は、他の科学者によって行なわれた調査によってではなくOIG byするように問題が調査されるべきであると言って、部に告訴しました。

グーグル翻訳:その気候変動研究ホッキョクグマでアルゴアが引用された科学者は、顔の"整合性の問題"を介して検出器のテストをうそになります

気象の変動懐疑論者が同僚によって真実を隠したことで非難された悪であると証明されたと言った科学者


結局、小沢/鳩山民主党も「京都議定書」もアル・ゴアの「CO2排出権ビジネス」による地球温暖化詐欺に見事に嵌まったということですナ。いまの野田内閣も今度は「TPP詐欺」に見事に嵌まって行くのでしょうナ。くわばら、くわばら。それにしても日本の政治家は頭が悪すぎる。どうにかならんものか?


おまけ:
米東部早い大雪、3人死亡 170万世帯停電
「地球温暖化の正体」:これもジュセリーノと同じ運命が待つ!?_e0171614_17571442.jpg


 【ニューヨーク共同】米東部で29日、例年より早く大雪が降り、メリーランド州からマサチューセッツ州にかけて170万世帯以上で停電が起きるなど大きな影響が出た。悪天候の影響で少なくとも3人が死亡した。AP通信が報じた。
 ニューヨークやフィラデルフィアなどの空港では航空機の発着に大幅な遅れが出た。ペンシルベニア州の一部区間で全米鉄道旅客公社(アムトラック)が運行を停止。ニューヨーク州やコネティカット州でも列車の運休や遅れが出た。
 大雪や強風を伴う嵐は30日にかけて北上し、勢力を増すと予測されている。
【写真説明】 29日、米ニュージャージー州ロディで、雪に覆われた交差点を通る車両(AP=共同)

  by kikidoblog | 2011-10-30 18:00 | 地球温暖化詐欺

<< 世界記録「58mヘディングシュ... ついに「EU経済の命運が尽きる... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE