人気ブログランキング |

「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?

Whitney Houston & Mariah Carey Live bei den Oscars


みなさん、こんにちは。

いやはや、これまた怪しくかつ危険な情報が出て来たようである。マイケル・ジャクソンが毒殺されたのはもはや常識だが、歌姫ホイットニー・ヒューストンも謎の死を遂げた。主治医から指示された薬を飲んでいて急死したことからも、マイケル・ジャクソンの死と非常に似た要素があり、おそらく計画的に暗殺された可能性は非常に高い。

リンダ・ニューカークという予言者がいるらしいが、その予言者が何やら嫌な予感を得たという。オスカーの授賞式のときにホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーがいっしょに歌ったことがあったというが、その映像から非常に邪悪な意図を感じたというのである。それで、ホイットニーの次はマライアの命が危ないと直感したというのである。以下のものである。

マライア・キャリーの命が危ない?

FROM THE MOUNTAIN PROPHECIES

預言、主の山より

第12巻

マライア・キャリーの命が危ない?

皆さん、こんにちは! ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)に関する彼らの悪魔の陰謀を私たちはまだ最後まで見てはいないようです。 私の友人のマークが、今日、2012年2月22日電話を掛けてきて、「最新の情報を見ましたか」と私に尋ねました。 今日、私は一日中忙しくしていたため何も見てはいませんでした。 ですから、ええ、私には興味がありました。

彼は続けました。 ある情報があって、ホイットニー・ヒューストンの非常に金持ちの音楽「ハンドラー」であったクライヴ・デイヴィス(Clive Davis)がホイットニーの遺体のある葬儀所の裏口から中に入った時のことです。奇妙なことに、葬儀所の入り口の両側に2個のエジプトの棺があったのだそうです。

このオカルト的なとても奇妙なビデオを見たとき、私はある興味深い記憶が私の心に蘇ってきました。そのビデオはhttp://www.beforeitsnews.comに掲載されています。 . しかし、記憶はホイットニーの死の時に戻りました。 確かホイットニー・ヒューストンが亡くなった次の日だったと思います。 ホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリー(Mariah Carey)のビデオにある奇妙な「もの」を見た時のチャット板でのいくつかのコメントを読んでいたときのことです。 その時、彼女の死にとても関心を持っていましたから、彼らが話している奇妙な「もの」を見ようと思いました。 そのビデオがいつ作られたかは知りませんが、その日付が興味深さを証明するかもしれません! YouTube(ユーチューブ)を捜せば、そのビデオは見つかるでしょう。(訳注:次のサイトを参照http://www.youtube.com/watch?v=5DI3Lu6hICA&feature=related)

見てみると、なるほど、とても奇妙です! まず、ホイットニーが歌いながらステージに出て来ます。それから、他のだれかが彼女と一緒に歌っていました。 後ですぐ分かりましたが、それはマライア・キャリーでした。 二人が別々の歌詞を歌っていましたが、その歌い方はとても不調和なものでした。 彼らはなぜこんなひどい歌い方をするんだろうと不思議に思いました! 二人とも白い衣装を着ていました。 これもとても変です。 終わりに近付くと、二人は調和の取れた歌い方をしました。 そして、背後の幕が開きました。 舞台のレイアウトが見えます。

二人の背後に、二つのカーブした階段がありました。 初めは、特に気になりませんでしたが、二人の歌が終わりに近付くと他の歌手たちが出て来て、二つのカーブした階段の間のステージに立ちました。 考えてみると、これら二つのカーブした階段は悪魔の型である女性の子宮を示しているのかもしれません。 この後から加わった歌手たちの形づくったものが奇妙にもピラミッドでした。 彼らも白装束でした。 彼らは象徴的に何を言おうとしていたのでしょうか?

悪魔の双子の生け贄!

次はだれ?

その時、開示されたサタンのメッセージの意味を考えていました! 全ビデオはホイットニーの来るべき悪魔の生け贄を述べているに違いないと私は感じ始めました。 しかし、マライア・キャリーとホイットニー・ヒューストンを見ると、二人ともまるで双子のように白をまとっています。 そこで、私は双子の生け贄かも知れない、と思いました。 この白装束の二人は、同時に11を表しているのではないでしょうか? 悪人たちは、サタンの対の生け贄を意図しているのでしょうか?

また、一対のカーブした階段とホイットニーとマライアが二つの階段を下ってきたことは不審に思われます。これら一対の階段のことを邪悪な者たちが言わんとすることは、「この二人は下って来るが、二人が下って来たならば、我々は、彼らを模倣する者たちのピラミッドを上げて、一人の歌手をトップに据えよう。」と、言うことでしょう。
ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)はこの模倣歌手たちのひとりでしょうか? 伝えられるところによると、クライヴ・デイヴィスは、ホイットニーの死の数時間前にそのジェニファー・ハドソンが次の「ホイットニー」であると述べたということです。 ジェニファー・ハドソンが今やトップに据えられるというのでしょうか?ピラミッドの歌手たちは皆、ホイットニー・ヒューストンの声を経て誕生してきた多くの歌手たちのことを表しているのでしょうか?

或る人が、彼らはホイットニー・ヒューストンの真似をすることによって歌うことを学んだのだと言っているからです。 そして、マライア・キャリーが出て来、さらに、また、多くが彼女を見習ったのです。 それで、曲がった階段の間にある形もまた産道、おそらく子宮を表しているのでしょう。 そして、サタンが彼らを皆所有しているのです!

2月にサタンが自分の王国を活性化させたのは疑問の余地がありません! 悪魔の音楽産業を通じて、大々的に世界に向けてそれを活性化させました! しかし、少々早過ぎたのではないでしょうか?

二日前、2012年2月24日の晩、私はベッドに横になってホイットニー・ヒューストンの殺害と二重殺人の可能性のことを祈っていました。その時に思い浮かんだことは、「上でと同様、下でも」(as above, so below)でした。私はサタンの秘密の象徴の専門家ではありません。 しかし、「上でと同様、下で」のことを考えながら、ホイットニーとマライアという名のことを考えていました。そして、はっきりしてきたことがあります。

M

W

お分かりでしょうか???上でと同様、下でも! この二つの文字、MとW(Whitney Houston と )は二つの11を表してはいないでしょうか? 私はどこかでそのことを読みました。それが私には理解できます。 私たちが知っているように、すなわち、ホイットニーは下で、即ち地上で殺されました! 彼らはマライアを上で、飛行機の事故などで殺そうと計画しているのでしょうか? 上でと同様、下でも!

今日、私は南アフリカの女性からメールを受け取りました。 彼女は、夢を見、次にビジョンを見たことを交わってくれました。 神の霊が私に彼女の夢の意味を示して下さいました。 まず、彼女はハンガーにいる二匹の巨大な黒いクモのビジョンを見ました。 それと二匹のクモの上の方にいて二匹を「肥らせ」ようと場所を用意している別のクモを見ました。 しかし、英語が彼女の母国語ではないので、彼女は「肥らせる(fertilize)」との意味に取ったのではなく、毒を盛る、即ち毒殺だと私は思います。 彼女がなぜハンガーにいるクモを見たのでしょうか? このハンガーは絞首台、絞首刑を執行する場所、即ち殺害の場所を表していると思います。

この二匹のクモは間違いなくホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーだと思います。 マライア・キャリーの生命が重大な危機に瀕していると私は考えます。 いずれ、彼らは彼女の命を狙うだろうと思います。  毒を盛って彼女の命を取ろうとするのでしょうか? しかし、いつ?どのようにして?

マライア・キャリーのために祈ってください! 親愛なる魂たち、それだけではありません!

主イエス・キリストが私たちを憐れんで下さいます! イエス様はこの非常に暗い世の光です。彼の聖なる御名のなんと貴いことでしょう!

リンダ・ニューカーク

(預言、主の山より、XII-86パートII)

真偽のほどはまったく私には理解できないが、最初のホイットニーとマライアのデュエットの時の2つの階段と黄金のポールの配置は非常に怪しいものである。日本語的に言えば、「実にいやらしい」セットである。「穴に棒を突っ込む」というのは、日本ではセクハラで訴えられかねないようなものだからである。

オベリスクは、西洋白人男性特有のペニスの形を真似たもので、「西洋風男根崇拝」のモニュメントであると知られている。
なんじゃーこりゃー???:天下の奇祭「かなまら祭り」
「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_851519.jpg

(一説では、西洋白人種でもユダヤ人の一物は極めつけにでかいらしい??)
だから、世界中で西洋文明によって支配完了した場所にオベリスクを建てる。一番古いものが、エジプトのカルナック神殿

「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_2027910.jpg

のものである。これは、エジプト文明の古い絵やツタンカーメンの顔

「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_20341265.jpg

を見れば分かる通り、一番最初のエジプト文明の神官たちは東洋人であった。実際古いミイラや古いものほど東洋人的な顔や骨格をしているのである。これはバックミンスター・フラーもかつてそういっていた。だから、フェニキア人はプーニシアンととも発音されるが、そのプン(Pun)は東洋の東南アジアの海洋民族のことに違いないと考えたのである。

ところが、ある時期にエジプト文明はその内部から変質し、崩壊の道に進んだのである。一説では、ユダヤ人のエジプト捕囚の本当の意味は、バビロニアの西洋白人がエジプト文明を支配崩壊させるためのトロイの木馬であったというものもある。実際、ある時期からエジプトにいわゆるコケイジアンが侵入したのである。そしてエジプトを乗っ取った。この時の象徴がカルナック神殿のオベリスクなのである。このように、オベリスクとは支配の象徴なのである。

さて、その西洋白人のペニス、それも黄金のペニス(黄金の金玉というのもあるが)の象徴が、2人のデュエットの背景セットのど真ん中に置かれているのである。これはおかしい。これは変だ。あまりにいやらしいとはだれしも受ける印象なのである。

ところが、さらに興味深いのは、そのセットの構成とまったく同じものをどこかで私は見たのである。思いだすと、イスラエルの最高裁判所にあるという、極め付きのものであった。この裁判所はイギリスの偽ユダヤ人ロスチャイルド家によって建設されたものだというのである。
邪悪な場所 - イスラエル最高裁判所  By Vigilant June 24th, 2009
「豊穣のシンボル」
「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_2041044.jpg

「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_204164.jpg


イスラエル最高裁判所 ロスチャイルド家とフリ-メ-ソン


最高裁判所の「豊穣のシンボル」がその女性器と男性器の結合(セクシャル・インターコース)のモニュメントの階段であるとすれば、ホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーの歩いた階段もまた、何らかの「豊穣のシンボル」であるという可能性は高い。ということは、この2人はそのための生け贄ということになる。

まあ、今では黒人系のこの2人に対して、イスラエル系のレディー・ガガなどの悪魔主義者が出て来たから、もはや用なしということなのだろう。

だれかボディーガード(まあ、ボディーガードが敵ということもあるらしいが)が守らなければいけないのかもしれない。まったく困った連中がいるものである。

マライア・キャリーに幸いあれ!

ところで、最近アカデミー賞のジョージ・クルーニーが逮捕されたが、

「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_20504245.jpg

ハリウッド映画界でもすでにかなりの人数が謎の死を遂げているというのである。まあ、平和ボケの日本マスゴミには決して出ることはないが。私個人は、マイケル・ジャクソンの親友だった、世紀の美女、「クレオパトラ」のエリザベス・テーラー

「マライア・キャリーの命が危ない?」:予言者リンダ・ニューカークの予感!?_e0171614_20532487.jpg

もまた殺されたのではないかと見ているのである。

すでに旧ソ連のように「粛正のアメリカ」は始まっているのである。


おまけ:
Hollywood Star Whacker Confession

  by KiKidoblog | 2012-03-19 20:54 | スピリチュアル

<< 「物理の森の中で道が二つに分か... 「血は水よりも濃い」3:他人の... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE