人気ブログランキング |

なでしこジャパンの「引き分け狙い」吉か凶か?:南アの「肥やし」になったのでは!?

みなさん、こんにちは。

ロンドン五輪の真っ最中だから、メモしたいことはたくさんあるが、やはりそこはロンドン五輪中心となる。昨日のなでしこ戦。結果は0-0の引分。これにより、なでしこ日本はブラジルと対戦が決まった。

これについて対戦後の佐々木監督のインタタビューがこれらしい。
▼なでしこジャパンvs南アフリカ 試合後の佐々木監督会見要旨
[7.31 ロンドン五輪F組 日本0-0南アフリカ カーディフ]
 日本女子代表(なでしこジャパン)は31日、ロンドン五輪グループリーグ第3戦で南アフリカ女子代表と対戦した。先発7人を入れ替えた日本は攻撃でもリスクを冒さず、0-0のスコアレスドローで試合を終えた。この結果、F組を2位で通過した日本は8月3日の準々決勝でE組2位のブラジルと対戦する。
 以下、試合後の佐々木監督会見要旨

●佐々木則夫監督
「次への準備をまず考えた。とにかく相手はどこでもよかった。このピッチで、移動なく(準々決勝が)できるか。(1位通過して)移動があると、グラスゴーまで丸1日かかる。一度、ヒースロー(空港)に行く必要があり、約8時間かかる。次の準備として何がいいか。それはここ(カーディフ)に残ることだった。ターンオーバーして、次への準備を数多くやる。スタートから引き分けを狙うのではなく、普通にやりながら後半途中の経過次第でドローも狙おうとスタートした。後半は僕の指示で、選手はよくやってくれた。次に向けたいい準備になると、選手とも一致していたというか、理解してくれていた。その中で、違った戦いが選手にはあったと思う。選手は指示どおりやってくれた。僕はここでの準々決勝に何が何でも勝たせて、ベスト4に行く。それに尽きる」

―2位通過という結果以外の収穫は? 前日会見では先発の入れ替えは『小ガラ』と話していたが?
「結果の引き分けという成果以外に、あの空気、あのピッチに全員が立って、オリンピックの感触を味わった。引き分け狙いでスタートしていないし、選手がどんなコンディションか。練習でいい割にはピッチに入ったら精度が低いな。こうすればこうできるんだな。そういう一人ひとりの見極めができたのは成果。小ガラでいこうと思っていたが、一晩考えて、(試合中に)何かあったら(控え組を途中から)使えない可能性がある。それなら全員を(先発で)出して、スタメン組は控えでコントロールしようと思った」

―後半12分に投入した川澄への指示は?
「スウェーデン対カナダの試合は派手な経過で、我々が戦っている中では(スウェーデン対カナダが)2-0でも2-1でも普通にやらせていた。岩渕の足の状態もあったので、(川澄を)早めに投入したが、川澄には『向こうが2-1なのでどうなるか分からない。申し訳ないけど、カットインしての素晴らしいシュートはやめてくれ』と指示した。(スウェーデン対カナダが)2-2になった瞬間は『全員でポゼッションしてくれ』と。宮間は次もあるし、疲労を考慮した。阪口と田中中心でボールを動かしてほしいと伝えた。(後半ロスタイムの)大儀見の投入は、くさびのところでボールを取られてカウンターを受けるとまずい。それに、何かあって点を取られたときに点を取り返す役目があると大儀見には伝えた。引き分け狙いという選手にはつらい思いをさせたかもしれない。過去にない指示どおりにやってくれた

―矢野を含めた控え組の評価は? 引き分けを狙えと指示をしたのはいつ?
「矢野は安定したプレーを見せてくれたと評価している。他の選手はボーダーラインというか、まあまあという感じ。前半は普通に戦ったが、あまりいい戦いができなかったのは現実。2位狙いと言ったのは今日。『後半途中の経過状況で』とは話したが、そういう空気が多少ありながら、僕がその言葉を発した中で、『前半は普通にやる』と言っても、なかなかフレキシブルにできなかった。後半の状況次第で残り時間が少なければ可能だろうという話だったが、その言葉を発した時点で、仕掛けの意識、シュートの意識は落ちていたと思う。その言葉を発した時点で選手は動揺した。内容の部分はストレートに伝えられない。選手は指示をまっとうしてくれた。控え選手は点を取りたい気持ちもある中でよくやってくれた」

―準々決勝の会場はなぜグラスゴーではなく、カーディフがいいと思ったのか? 観客はゴールやエンターテインメントを求めているが?
「ここを選んだのはコンディショニングの部分。オリンピックは挑戦者。目標を達成するためにはそういう狙いもあり得る。テレビで応援してくれる人たち、試合を見ている少年少女にサッカーのスペクタクルさを見せるという意味では、申し訳なかった。それは僕の責任。選手に指示してやらせたのは僕。次にスペクタクルないい試合を見せる。選手にいいパフォーマンスを出させることでお返ししたい。それに尽きる」

―選手が動揺したことで今後への影響が心配されるが?
「僕が(後半の経過次第で引き分けも狙うと)言った時点で、思い切りプレーできなかったのではないかというのが僕の見解。それは勝手に心配してくれて結構。それは僕が次への準備の中でしっかりやること。選手もこの結果には満足していると思う。満足しているか聞いてはないけど、ロッカールームの雰囲気を見て、そう感じた」

―準々決勝ではイギリスと対戦する可能性もあるが?
「イギリスかどうかは分からないが、いずれにしてもイングランドには(昨年の)W杯で負けている。今回はアウェーだが、そのときのリベンジを果たしたい。そして次のステージに上りたい。どちらもいいチーム。簡単ではないが、こういう試合を経験して、それを達成しないといけない」

(取材・文 西山紘平)

これに関して、すでにいろいろの意見が出ているようである。特にカンカンに怒り心頭に発しているのはこの人の記事。
サッカージャーナリスト大住良之

なでしこジャパンの「引き分け狙い」吉か凶か?:南アの「肥やし」になったのでは!?_e0171614_15332970.jpg

引き分け狙い…なでしこ、フェアプレー精神はどこへ (1/4ページ)2012/8/1 7:00
なでしこ、決勝トーナメントへの収穫と課題 (1/3ページ)2012/8/1 12:30
なでしこジャパンの「引き分け狙い」吉か凶か?:南アの「肥やし」になったのでは!?_e0171614_15353274.jpg


昨日の試合はいわゆる「消化試合」。だから、これまで出ていなかった選手たちを中心にチームを組んで戦った。要するに、「Bチーム」が出たのである。だから、他の優勝候補の試合経過を考えながら得点を考えるという、ある意味「大人の采配」が必要な試合であった。

また、ロンドン五輪前に、メキシコ五輪3位の時の釜本氏が「場合によっては引き分け狙いも大事だ」というようなことを言ったものだから、おそらくサッカー協会の方からも圧力があったのかも知れない。

いずれにせよ、日本はワールドカップドイツ大会でも同じリーグにいたイギリスに負けている。サッカーというスポーツには、かなり他のスポーツとは異なる側面があり、相性というものがある。この点、なでしこサッカーはイギリスサッカーと相性が悪い。これまで観て来た試合でもイギリスとは苦戦しているのである。だから、英米のアングロサクソンチームとはできる限り対戦したくないというのが本音だっただろうと思う。これはきっと選手たちもそう考えたに違いない。だから、大住氏のいうように、いつでも本気モードで戦うというのは大事だが、やはりやり易いチームと組むというのも大事なことであろう。それもまたマリーシアの1つであるからである。

実際、予選リーグの成績と決勝トーナメントの組み合わせを見ると、こんな感じである。
ロンドンオリンピック (2012年) におけるサッカー競技

なでしこジャパンの「引き分け狙い」吉か凶か?:南アの「肥やし」になったのでは!?_e0171614_15421616.jpg

1位になれば、フランス戦。3位になれば、イギリス戦。どちらも最近負けている。となれば、2位狙いしかない。したがって、佐々木監督にとって引分狙いしかなかったということだろう。

その結果、こうなった。
なでしこジャパンの「引き分け狙い」吉か凶か?:南アの「肥やし」になったのでは!?_e0171614_1542663.jpg

米英とは別のブロックに入ることになり、ブラジル、フランスを撃破すれば良いという感じになったわけである。しかしながら、通常、組み合わせというものは、リーグ戦1位がそれぞれ一番有利になるようにできている。だから、はたしてこれが吉と出るか、凶と出るかは、「ボールは丸い」、「神のみぞ知る」というわけである。

サッカーというスポーツは、もちろん他のどのスポーツでもそうだろうが、「心がけの問題」なのである。いつも心がけの悪いチームは敗退する。ボールもゴールポストに嫌われる。心がけの良いチームはいい結果が訪れる。ワールドカップで優勝したなでしこジャパンは心がけがどこよりも良かった。いつも全力プレー、献身的な捨て身のプレー、ひたむきなプレーで観ているだれにも感銘を与えた。今回の「引き分け狙い」がこの「なでしこらしさ」に反しているのではないか、そこを多くの専門家が危惧しているのである。これで「ツキが逃げる」かも知れないと恐れるわけだ。

さて、私が感じたのは、対戦コースをどう選ぶかということではない。それよりも試合中のプレーそのものについてである。私はリアルタイムで全部観たが、実にひどい試合だった。結論から言えば、こういう試合をしていると、選手が下手くそになる、ということである。適当なプレーのオンパレードだった。

フォワードの丸山選手、安藤選手、ミッドフィールダーの岩渕選手、田中選手、サイドバックの矢野選手など、これまで控え組が先発した。それは素晴らしいことに違いないが、余りにAチームとBチームのレベルに差がありすぎるのである。丸山選手、岩渕選手、田中選手、矢野選手などのパスはことごとく「いい加減」の「中途半端」、要するに「適当な」パスで、簡単に相手に取られる。

こういうことばかりしていると、今度は宮間選手や岩清水選手や熊谷選手のパスまで悪くなる。中でも、いちばん問題だと思ったのは、田中選手のマニュアルリターンである。ターンできる場面でもまったく後ろを見ず、来たらリターン、後は後ろでなんとかして、という消極的プレーであった。ダメな時の男子日本代表である。

そうこうして行くうちに、宮間選手はロングパスばかりになり、そのロングパスの精度もどんどん落ちる一方である。プレースタイルもその昔の中村俊輔選手を観ているようである。走るよりは蹴る。細かくパスするよりは、ロングパスの一発狙い。これでは良いサッカーの感覚が鈍るだろう。

この原因はどこにあるのか?

と私がみたところでは、やはり代表チームの選手でも、INAC神戸の選手とそうではない選手との間に、かなりサッカーの質的差があるのではないかと思う。神戸の選手たちは、細かくパスをつなぎ、連動性で勝負するが、他のチームは裏へ大きく蹴るラグビーサッカーである。控え選手たちはほとんどが神戸以外の選手たちだから、当然ドリブルサッカーやラグビーサッカーである。

こうなると、世界レベルでは苦しくなる。国際試合では、相手の身体が相対的に大きくなり、国内で通用するプレーは通用しなくなるからである。ドリブル突破も長い足でさっとボールをカットされてしまう。ロングボールもヘッドで負ける。だから何もできなくなるのである。

ジュニア時代天才の名を欲しいままにした岩渕選手もまったく通用しなかった。ドリブルで行くより、大野選手のように、ワンツーワンツーで突破した方が合理的なわけだが、それができない。結局、バックパスだけになる。

しかしながら、何事も経験。出場機会のなかった選手たちにとって大きな大会でプレーできるというのは良い経験になるはずである。今大会では、そういうチャンスはこの試合以外にはなかったのも事実だから、そういう意味では正解だったのかもしれない。こういう選手たちは今後を期待したいところである。

ところで、私が最も気になったのは、このリーグでは最も弱いチームであった南アが、これを契機に自信を持って、今後非常に驚異的なチームに変貌するのではないかということである。世界チャンプと0-0の引分というのは、相手が仮にBチームだったとしても本当に自信につながるのである。高校生でもそうで、相手が格下相手にメンバーを落としたとしても、それで偶然でも勝利すれば、それが非常に大きな自信を生み、大化けするということがよくあることなのである。それほどまでに強豪チームとの引分や勝利ほど肥やしになるものはないのである。

というわけで、なでしこジャパンは、南アに肥やしをまいたのではないか、というのが私の受けた印象である。今後、何年かしてこの時のなでしこジャパンの採った采配が、将来の偉大な強豪チームを誕生させたというようなタイムラインになるのかも知れないですナ。

  by Kikidoblog | 2012-08-01 16:25 | ロンドン五輪

<< ふくいちライブカメラの場所変更... 韓国朝鮮人に乗っ取られた世界柔... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE