人気ブログランキング |

火星無人探査機「キュリオティシー(好奇心)」に好奇心を感じるUFOたち!?

みなさん、こんにちは。

アメリカのオバマ大統領が、NASAのキュリオシティー(好奇心)の火星着陸に対して、「もし火星人を見つけたら教えて」というジョークを飛ばしたという。
「火星人いたら知らせて」 オバマ米大統領、無人探査車のNASAにジョーク
e0171614_1034119.jpg

 米オバマ大統領が13日、無人探査車「キュリオシティー」を火星に着陸させた米航空宇宙局(NASA)のチームに電話し、「今回の成果が将来の火星有人飛行に向けた準備に役立つと期待している」と激励した。オバマ氏は「もし火星人とコンタクトできたらすぐに知らせてほしい。これは最優先事項だよ」とジョークを飛ばした。
 専用機からの電話でオバマ氏は「完璧な着陸だった。世界中の人の注目を集め、想像力を刺激した」と称賛。「将来は自分が火星に行きたいと思う子供たちが出るかもしれない」と話した。プロジェクトを支援した日本など各国への謝意も述べた。
 オバマ氏はNASAが抱える予算面の不安に配慮してか「重要な科学技術分野への投資は続けると約束する」と言明した。(共同)

アンディー君こと、アンディー・バシアゴ博士によれば、
Mars visitors Basiago and Stillings confirm Barack Obama traveled to Mars
アンディー君と若き日のバリー・ソエトロ君(オバマの本名)は、アメリカの秘密組織のスターゲートのジャンプルームからほんの数分で火星へジャンプしたという。だから、この話が実話であれば、オバマ大統領はその頃のことを覚えているはずであるという。オバマ大統領はその時の記憶を巧妙に消されているのかもしれないというが、いつか蘇ることもあるはずである。

このあたりの話をモデルにしていると思われるものが、シュワルツェネッガーの「トータル・リコール」
である。

さて、そんなキュリオティシーであるが、一番最初に送られて来た(なんと今時)「白黒映像」にUFOが飛んでいた。その後送られて来たカラー映像にもUFOが映っていたという。以下のものである。

Curiousity Records UFO Type Objects!


4 UFOs Caught By Mars Curiosity?

e0171614_109820.jpg



UFOTV® Presents : MISSION TO MARS: The Red Planet


Weird Anomolies Captured By Mars Curiosity 2012 HD


火星の先住民もまた地球からきた好奇心に好奇心を持っているようですナ。

  by KiKidoblog | 2012-08-21 10:15 | 反重力・UFO

<< ”影の総理”勝栄二郎を影で操っ... 日本は世界の債権国!:反日の国... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE