人気ブログランキング |

2009年 02月 19日 ( 1 )

 

「エイリアン工学」:「反重力」と「フリーエネルギー」

みなさん、こんにちは。

昨日は「アメリカ軍が宇宙人の指導のもとUFOを作っている」と考えられている「エリア51」の話を紹介した。今日は、世界中で観察されるようになったUFOをもし人類が制作するとすればどのようにすればいいのか、ということをドキュメントしたアメリカの「history channel」の番組を見つけたので紹介しておこう。以下のものである。

history channel
Reverse Engineering on UFO Part One


















この番組では、天文学、物理学、航空宇宙流体力学など現代科学の立場からUFOを分析している。この中には、「超ひも理論」の研究者として有名なミチオ・カク博士も登場する。これを見ても明らかなように、アメリカ人は「オープンマインド」を持ち、物事から簡単に逃げない。それゆえ、「エイリアン工学」という言葉を作り、「地球人科学」でそれに挑戦している。

一方、日本では「と学会」という謎のカルト組織に代表されるように、あるいは、日本のテレビ番組を見れば分かるように、何でもすぐに「偽科学」だの「トンデモ」だのと、たいした科学的業績のない物理学者やインテリがテレビやマスコミをにぎあわせていることが多い。しかし、この番組のように「きちんとした本当の科学知識を使って真っ正面から分析する」という科学者や科学番組は少ない。というのも、「何事も正面から向き合うより笑い者にして逃げる方が簡単」だからである。この意味では、本来なら、物理学会や応用物理学会などの権威的組織が、しっかりと1つ1つの問題を時間と金をかけて検証してゆく事が本来の科学者の姿なのである。


ところで、「エイリアン工学」とはまったく別物だが、地球人の中にも”独自”の発見によって、「フリーエネルギー」を取り出そうと努力しているもの、「反重力装置」を作り出そうとしているものもいる。有名なのは、ニコラ・テスラだが、それ以外にも「サール効果」を発見したというサール、「ハッチソン効果」を発見したというジョン・ハッチソンなどがいる。これ以外にもたくさんの無名だが独自のフリーエネルギー発電機を発明したという科学者や技術者がいる。こうした試みもたくさんYouTubeには存在するのでいくつかを紹介しておこう。

サール効果
The Searl Effect: Large-Scale Antigravity

Searl and Newton Part 1


Searl and Newton Part 2

searlsolution.com

ハッチソン効果
Hutchison effect


The Hutchison-Effect: The New Philadelphia Experiment?
John Hutchison Can Experiment
coast to coast AM
The Hutchison Effect & UFOs: Pt.1

その他の「フリーエネルギー」発電機
FREE ENERGY Home Generator -Zero Point Energy - Off the Grid
Free Energy: The Race to Zero Point

いずれにせよ、CO2を増加させたり、植物を減少させる、化石燃料を使った発電システムではなく、地球にやさしい真の科学技術革命を目指しての試みであるから、いくらその試みが一見馬鹿げていたとしても自分のちっぽけな頭だけを基にして馬鹿にして一笑に伏してはならないだろう。どれか1つでも真の技術につながれば、それは正真正銘の革命につながるからである。

「オープンマインド」、果たして日本の大学ではこれを教える事ができるのだろうか?

  by Kikidoblog | 2009-02-19 16:58 | 反重力・UFO

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE