人気ブログランキング |

2015年 03月 18日 ( 3 )

 

戦争はなぜ起こるか?→退屈だから:退屈な世界こそが、実は戦争の直接の原因!?



みなさん、こんにちは。

今回は、私個人の妄想メモのようなものである。普通の人には面白くはないだろうから、スルーを。



さて、最近私が個人的によく思うことがある。

それは、

なぜ戦争が起こるか?

というと、それにはたくさんの理由付けがあるかもしれない。が、実は本質的なところは、至極単純なことではないか?

こんなことをよく考えるのだ。

臨死体験を3回も経験した木内鶴彦さんが、保江邦夫博士に語ったところでは、木内さんが何回目かの臨死体験の最中、科学者でもある木内さんは、この宇宙の開闢の瞬間を見に行ったという。そして、ついでに宇宙が始まる、いわゆるビックバンの前の世界も見てきたというのである。

そして、知ったこと。

それは、宇宙が最初は完全無欠のあまりに完璧すぎたために、この世界の神が「退屈した」。そこで、ちょっとかき混ぜてやれ〜〜というような感じで、この宇宙を不完全なものに変えてみせた。

これが、宇宙の開闢だったというのである。

なんとなく、日本の古事記の宇宙の始まりに似ているのだが、神様があまりに退屈しすぎて、この世界をかき回してどうなるかを楽しもうとしたというのである。


俺は、どうして戦争を起こすのか?

という問いの答えもこれに似ているような気がする訳だ。

た・い・く・つ

要するに、世界の若者たちが、今の自分の生活に退屈で困る。そうなると、この世界をかき混ぜてやれというような、まるで朝鮮人の天然の反逆精神の放射脳のようなことを考えるわけだ。

かつての長州の松下村塾の
吉田松陰
戦争はなぜ起こるか?→退屈だから:退屈な世界こそが、実は戦争の直接の原因!?_e0171614_20335933.jpg

きっとこいつもそうだったに違いないと俺は思う。

下級武士として人生をあと数十年も耐え忍ぶ。しかしこれでは、あまりに安泰過ぎて、女遊びくらいしか面白みはない。だったら、いっそのこと何とかして下克上の時代を作りたい。

つまり、江戸末期の社会は、若者のインテリたちにとっては、あまりに退屈すぎたのだ。


逆に言えば、もしこの世界が、七転八倒、抱腹絶倒のあまりに面白すぎ、ハラハラ・ドキドキの世界であれば、きっとだれもこの社会で戦争なぞ起こそうという人間は出るはずがない。

平和主義者というのは、逆説的にその人自身は波瀾万丈の人生を生きてきたという人がほとんどだ。

トーマス・エジソン、ニコラ・テスラ、チャールズ・スタインメッツ、アルベルト・アインシュタイン、チャーリー・チャップリン。

こんな偉人たちも、みんないじめに合うは、死にそうな目にあうは、国外追放されるは、波瀾万丈である。

だから、平和主義者となったのだ。

そうも言えるのである。

昨今のISILの連中は、みな先進国に住む、下級武士のようなものである。ほどほどにインテリで、ほどほどに豊かで、ほどほどに恵まれている。

しかしながら、そんな人生をこれから数十年も続けられるか?というと、あまりに退屈すぎて御免被りたい。

きっとそんな感じだろう。


問題は、そういう「退屈」でしかたのない若者たちの前に、この世界をうまいこと牛耳りたいという金持ち老人が、メフィストフェレスとなって降り立つということである。

かつての薩長の若者の前に突如として現れた、長州の敵国の大英帝国から来た東インド会社の重役。トーマス・グラバー。こういう連中が、武器商人となって、退屈で不満たらたらの若者たちに、世界最先端の武器を見せる。

魚の前の餌撒きである。

いったん食いつけば離さない。

というふうにして、退屈で退屈で困った若者と、これまた金がありすぎ何でも金で買えるようになって、世界でも牛耳らないと退屈で退屈で何の楽しみもないという金持ち老人とのタッグ・チームが生まれる。

とまあ、実はどうして世界で戦争が起こるのか?というと、金持ちと若者の退屈さにあるのではなかろうか?

この地球を混ぜこぜにしてみたい。そうしたらどうなるか?

ひょっとしたら、この俺でも世界のボスになれるかもな、というような感覚、こんなものがこの宇宙を生み出し、この地球文明を生み出した。

だから、平和になればなったで、退屈感が生まれる。退屈な平和な世界で育った貧乏インテリはそんな世界はお釈迦にしたい。なにせずっと貧乏サラリーマンで平凡な人生を生きるよりは、第三次世界大戦でも起こってくれたほうが、面白い。

とまあ、こんなことではなかろうか?


宇宙が完全無欠の永遠の神様が退屈しのぎで始めたのだとすれば、地球もまた、完全平和の地球よりは、地球人が退屈しのぎで戦争をおっぱじめたほうが、この自然世界に合っているのかもしれない、というわけですナ。


そう考えると、確かに、第一次世界大戦、第二次世界大戦の時代は、毎日がいつ死ぬかわからないという意味では、退屈ではなかったに違いない。そういう意味ではかなり充実していたのではないのか?

第三次世界大戦が始まれば、きっとふたたび退屈ではなくなることだけは確かである。


退屈な世界こそが、実は戦争の直接の原因だったのだ!


とまあ、最近俺は、こんなことをよく考えるのである。





戦争はなぜ起こるか?→退屈だから:退屈な世界こそが、実は戦争の直接の原因!?_e0171614_11282166.gif

  by Kikidoblog | 2015-03-18 20:30 | アイデア・雑多

HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?

みなさん、こんにちは。

いや〜〜、今日モニターを見たところ、久しぶりの最大級の700nT程度の地磁気のゆらぎが出ているようである。これは、先日のX2.1クラスのCMEの地球到来の影響のようである。だから、地球活動による地震電磁波(HAARP照射を含む)によるものであるかどうかは今のとろころ分からない。アラスカのHAARPモニター(東京大学製)があれば解るのだが、停止中のいまとなってはゼロ周波数かどうか見れないので、地震電磁波か地磁気ゆらぎか判別不可能だからだ。いずれにせよ、しばらくは要注意であろう。

宇宙天気ニュース
2015/ 3/18 11:09 更新
CMEによる太陽風の乱れが到来し、磁気圏が激しく乱れています。イエローナイフのオーロラをどうぞ。

京都大学データ
リアルタイムAE指数
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学, NICT
HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_18452469.png


【注】私が最近ここで強調しているのは、太陽風による(特にCME放出時の)地球内部の加熱による地震の誘発という現象である。ここ数年の観察からも、明らかに太陽からの電磁波の到来と地球の地震活動との間には相関関係があるように見えるということである。しかしながら、よく知られているように、現在の地震学者たちは地震は太陽活動とは無関係だと信じているというレベルである。まして、我々人間が強烈な電磁波を照射することによって地震が誘発できるという可能性などまったく知らないのである。この2点を観察することが最近の私の個人的目的なのである。


アラスカのHAARPモニター群→停止中、再開の目処なし。

一方、カナダの地磁気モニター群
HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_18381496.png

NOAA計測
X線フラックスモニター(地磁気のゆらぎがわかる)
HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_183942.gif

HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_18385454.gif

電子流計測(成層圏の電子流束がわかる)
HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_18383674.gif

陽子流(プラス荷電粒子)計測(地磁気のゆらぎがこれでわかる。)
HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_1839123.gif

(CMEが来たかどうかがこれでわかる)

確かに大量の陽子流が到来したようである。これにより、大気中に+の帯電ができるから気象が荒れたり、地下を温めたりする可能性があり、火山活動やら地震活動が活発化する可能性が高い。

私の個人的予測では、今回の地磁気ゆらぎ・地震電磁波は、アジア方向(日本を含む)のものであると思う。そんなわけでしばらく(1〜2週間)、要注意である。


備えあれば憂いなし。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
父島圏内にM5.0~M6.1の地震発生合図が出ました。
小笠原地方中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・フィリピン・台湾・
本土近辺・千島列島・サハリン・アリューシャン列島など、環太平洋では、
一週間程地震発生に要注意です。
特に、まだまだ続く父島近辺・本土近辺の地震や火山活動の可能性が高いです。
2015(03/15 10:38発信)

予測した地震が発生しました。
03/18 07:12 マルク海中部 M6.2 震度5(米) 深さ45km





HAARPに地震波か?研究用107:最大級700nTの地震電磁波到来か?_e0171614_11282166.gif

  by Kikidoblog | 2015-03-18 18:42 | HAARPモニター観察

「青い目のサムライ」マイケル・ヨン:米国インテリも中韓反日プロバガンダにノー!

青い目のサムライ
「青い目のサムライ」マイケル・ヨン:米国インテリも中韓反日プロバガンダにノー!_e0171614_11141954.jpg

ジョーク:私がSF作家だったら、13世紀の金髪兵士の物語を描く!?より


みなさん、こんにちは。

陰謀論の世界で「青い目のサムライ」といえば、
ベンジャミン・フルフォードさん
「青い目のサムライ」マイケル・ヨン:米国インテリも中韓反日プロバガンダにノー!_e0171614_8201187.jpg
だが、最近はあまりの小沢一郎びいきや共産支那寄りの軌道修正を行っているようで、だいぶ常軌を逸しつつあるように見える。そんな中もう1人の「青い目のサムライ」が登場してきたようである。それが、
マイケル・ヨンさん
「青い目のサムライ」マイケル・ヨン:米国インテリも中韓反日プロバガンダにノー!_e0171614_8112578.png
である。

米共和党のジョージ・ブッシュ政権以来、日本の戦争犯罪、特に、従軍慰安婦問題を8年掛けて研究するという指令を受けたメンバーに入って研究した結果、「日本は100%白」だったということを証明し、衝撃を受けたという。

というのも、そもそもジョージ・ブッシュは基本反日である。だからして、共産支那系の在米中国人による日本の戦争犯罪を暴くべく、そのための証拠を探し出すことが目的だった。だから始まった「反日戦争犯罪暴露プロジェクト」であった。

にも関わらず、米国政府のまとめたあらゆる過去のレポート、手紙、14万件(未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書)を虱潰しに読んでいった結果、日本政府も日本人も、強制連行もなければ、大量殺戮も行わなかったし、ましてや「従軍慰安婦」は存在しなかった。そういう結果を証明してしまったのである。それが以下のものであった。
朗報拡散:ついにUSAが「従軍慰安婦の捏造(妄想)」を完全証明した!

従軍慰安婦の嘘を証明した超有名アメリカ人記者!慰安婦の強制連行は作り話!韓国の捏造を米国メディアが近日公開


それまで、日本人はきらいだったかもしれないマイケル・ヨンさんは、それ以後100%反転した。むしろ、中国の指示にしたがって、動いた結果がこれだったわけだから、そこには何かの隠された理由があるはず。

それが、中国による「反日プロパガンダ」である。

というわけで、幸いにも、生粋の白人の米人マイケル・ヨンさんは、テキサス親父のマラーノさんよろしく、超親日派へと様変わりしてくれたのである。

そんなマイケル・ヨンさん、海外でも至るところで、さまざまの国々のエリート層に向かって、我々日本人の真の姿や真実の歴史を語り、教え、伝えてくれているらしい。

そういうわけで、マイケル・ヨンさんのサイトと最近の話題をメモしておこう。以下のものである。
サイト:Michael Yon JP
グーグルサイト:JP Michael Yon
「青い目のサムライ」マイケル・ヨン:米国インテリも中韓反日プロバガンダにノー!_e0171614_8105668.jpg

【話題】マイケル・ヨン氏「日本について」

タイ国にてイギリス人の友人とランチをした.

今日のランチでは,中国と日本の状況と,それがどのように米国とその他に関係するのかについて話し合った.

良識有る人物と靖国や慰安婦,また中国がたくらんでいることについて話すとき,目から鱗がおちるようにすぐに理解してくれることは興味深い.

多くの場合たった5分から10分で十分だ.例えばたった数分間,いくつかの事実と常識的推論を説明するだけで多くの人々がセックス奴隷の物語についての見解を変える.まるでそれまで暗かった白熱電球が突然ともるように.

IWGリポートやReport49,その他の情報がオンラインで簡単に手に入ること,背後には中国がいて,それらは実際 に日本国憲法九条に関係していていること,なぜなら中国の謀略が進行中であるからと伝える — 人々の目に光 がともる.刃物を預けることなどできない残忍なけだものとして日本をけなしているのだ.

中国は人々が記憶している限りナチスよりも多くの人間を殺害している.ホロコーストと並ぶ,あるいはそれ以上 の大量殺戮は人類史上無い.中国はそれをやってのけた.日本は大量殺戮には一切関与していない.

それらのことを説明すると人々は本質を見るようになる.私は,よく,私の言葉を真に受けるなと言う.ただ注意 深くしていてくれと,そうすればいずれ自分の考えにたどり着くのだ.

どうして靖国が中国人や韓国人を立腹させるかについての話になると会話は興味深くなる.

実のところ中国のプロパガンダは,日本が死者を呼び起こし戦争に熱狂しようとしていると多くの人に信じさせるほどうまくいっている.

しかし私が神道と神道の神官や他の人々から学んだこと,および靖国は数万ある神社のうちの一つに過ぎないこと, また最も有名な神社というわけでもないことなどを説明すると,次第に人々の目は開かれ,それがあるままの現実を見るようになる.だれも戦争犯罪者を崇拝などしていない.

それからアメリカのために戦った第442部隊について話を進める,彼らは米国軍の歴史上,最も勲章を得た日本人から構成される部隊である.ロサンゼルスにある彼らの聖廟を訪れたこと,そこに祭られた日本人の名前の横には何の階級も書かれていないことについて話す.

神道の精神から全ての死は同等なので階級など必要が無いのだ.死者には犯罪歴や将軍などの上下関係が無い.そこでは単に魂が祭られる.

靖国も同じだ.我々は戦没者を祭る権利がある.日本人にも同じ権利がある.

米憲法修正第1条が信仰の自由を保障していることや,どのように参拝すべきかについて平和な日本人に教えてやる権利は我々にはないと言うことを説明してやると,皆,はっと気がついて納得してくれる.
我々には信仰の自由がある.日本の文化と心の平安のために信仰している平和な日本人に干渉することはない.

たとえ毎日いろいろな国のムスリムたちが互いに虐殺し合っていても,我々の政府はムスリムにモスクに行くななどと言っていない.

私自身は多くのムスリムは平和的であると強く信じている.いろんな国で多くの時間をムスリム達とすごしてきたが 何の問題もなかった.数日前にムスリムとランチをしたくらいだ.実際は一握りの過激なイスラムによって数万の人々が死んでいるのだ.これは否定できない.しかし神道の聖戦や神道ジハードに直面したからと言ってだれも死なない. 我々はムスリムやヒンズー,ユダヤ教徒,その他に対して信仰を捨てろと言うべきではない.それは彼らの自由だ.
彼らの人生だ.

我々の政府は靖国に対してこれ以上なにも言うべきでは無い.

今日,私がイギリスの友達にこう言った.米国大統領がアーリントン墓地に敬意を表すことに対して米国駐在の日本人大使が不満を述べること想像してみろと.

そのような抗議をしたらすぐに数百万のアメリカ人が怒り狂うだろう.我々は日本人の大使に対して自分のことだけを 考えろと言うはずだ.

日本駐在のアメリカ人大使は,実際,そのようなことを言ったのだ.これは大勢の日本人を怒らせた.今,私はなぜ 多くの日本人の友人たちが怒ったのかわかる.それは実際,我々の関与する話ではない.

しかしちょっと離れて見ると,中国は,まるで日本がトラブルメーカーであるかのように見せつけることにに対して素晴 らしい仕事をやってのけている.よくよく見ると日本はトラブルメーカーではないことは明らかだ.

もしも我々がタイの首相に仏教徒が戦争犯罪に関わったので寺院を訪れるべきで無いなどと言えば,世界中のタイ人 が怒るだろう.多くの国籍の仏教徒が怒るだろう.(もっともよく訓練された仏教徒は怒ることもしないだろう.知識が 無いと,かわいそうに思うかもしれないが)

イギリスの友人にこれらのことを説明すると,彼は現状をもっと良く理解してくれた.

一般にアメリカ人や西洋人にそれらについて説明するときのカギとなる点は,背景となる文化について解説することだ. 人々の心を開くのに数時間もかからない.みんな常識的なことを聞く準備もちゃんとできているし,実際,ちゃんと聞いてわかってくれる.

http://michaelyonjp.blogspot.jp/2015/03/blog-post.html


もうひとりの青い目のサムライ、マイケル・ヨンさんの今後の活躍を期待したい。



「青い目のサムライ」マイケル・ヨン:米国インテリも中韓反日プロバガンダにノー!_e0171614_11282166.gif

  by Kikidoblog | 2015-03-18 08:21 | 人物

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE