人気ブログランキング |

カテゴリ:原子炉被災( 138 )

 

夜の福島第一原発またシュール!:何やら黒い物体が飛んでいたが?

みなさん、こんにちは。

昨夜の福島第一原発のふくいちライブカメラの映像もまた非常にシュールであった。

2012.07.03 20:00-21:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)

この映像の、15秒目に右から左へ、20秒目に右下から右上に何か黒いものが通過する。いったいこれは何か? 虫か鳥だろうか?

また、2号機建屋の屋根の上の方に、丸くこんもりした水蒸気の塊のようなものが見える。これは何だろうか? 他の場所では、雲や水蒸気が風に乗って動いているにも関わらず、一カ所に留まっている。実に興味深い現象である。何らかの熱源がその部分にあるということかもしれないですナ。

  by Kikidoblog | 2012-07-04 15:50 | 原子炉被災

福一原発が霧に包まれた!?:シュール・ニュークレアリズムな世界再び!

みなさん、こんにちは。

いやー、これはいったいどうしたことか? ふくいちライブカメラの1〜4号機が、晴れているのに異様な煙のような、霧のような、水蒸気のようなものに取り囲まれてまったく見えないのである。風向きからすると、5、6号機の方向からのものに見える。

ふくいちライブカメラアーカイブ

2012.07.02 17:00-18:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)

今現在は、少しましになったように見えるが、いったいあれは何だったのか?

  by Kikidoblog | 2012-07-02 20:18 | 原子炉被災

「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性

すべての日本人に

「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性_e0171614_14195497.jpg

私は、あなたがた日本人に悪意を持っているわけではありません。あなたがた日本人はアジア人のアジアという崇高な希望を持っていました。しかし、今では、それも帝国主義の野望にすぎません。そして、その野望を実現できずにアジアを解体する張本人となってしまうかも知れません。世界の列強と肩を並べたいというのが、あなたがた日本人の野望でした。しかし、中国を侵略したり、ドイツやイタリアと同盟を結ぶことによって実現するものではないはずです。あなたがたは、いかなる訴えにも耳を傾けようとはなさらない。ただ、剣にのみ耳を貸す民族と聞いています。それが大きな誤解でありますように。 あなたがたの友 ガンディーより。1942年7月26日


みなさん、こんにちは。

俗に「一枚の写真」という言い方がある。その一枚の写真にその現場の真実がすべて入っているような写真のことである。大東亜戦争の広島長崎の原爆の写真、ベトナム戦争の裸で逃げ惑う子供たちの写真、そして、福島第一原発の大爆発の写真。こういったものは、それを見るもの全てに無言で真実を語る。

今回、629の官邸前の原発反対15万人デモ
「原発反対」629デモ炸裂、15万人超!:これでもテレビマスゴミはシカト!
の写真もそういうものの1つである。そして、今回の大飯原発前の民衆によるバリケードの写真
「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性_e0171614_13382134.jpg

「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性_e0171614_13364482.jpg

【福井発】 大飯原発が再起動した日、機動隊が攻め込んできたより

もそういう「一枚の写真」の1つである。この中にすべての真実が語られているからである。これが、一般人の声なのである。彼らは、過激派でもなければ、朝鮮工作員でもなければ、特別なグループでもなければ、カルト信者でもない。そのデモに参加したのは、ただの主婦や普通の市民の人々である。


さて、問題は、国民と政府が対立した時、日本の警察や機動隊や軍隊が、いったいどちらの味方につくのか?ということであろう。

結論から言えば、「中立の立場」でいるべきなのである。原子力発電所側と市民側の両サイドに中立な位置で見守るというのが正解だろう。

しかしながら、今回の大飯原発では、機動隊と警察は「権威の犬」と成り下がり、権力側、すなわち、政府の側についたようである。おそらく、そういう時に警察や機動隊の人間たちが、自分たちを納得させる理由として考えられるものは、「自分たちは、公僕だから」とか、「警察や機動隊は、国家の組織だから」というふうな理由で自己欺瞞しているはずである。

ところが、その権力側である政府にだれが金を恵んでやっているかといえば、もちろん言うまでもなく国民1人1人であって、企業ではない。これは、多くの企業やその資本家たちが、赤字経営の形で税金逃れをできる法律の恩恵を被っていることからもわかるはずである。

一般に、景気を良くすれば、企業が潤って税収が上がるなどと経済学者は考えているのかもしれないが、それは間違いである。

実際には、景気を良くすれば、企業は増収増益になるだろうが、その分、わざと赤字を作って法人税の控除を受けるだけのことなのである。だから、いくら企業が利益を上げ、株価を上げ、企業や経営者や株主は儲かったとしても、こういう連中から国家税収につながることはないのである。むしろ、経営者の給料や株主の配当金だけが異常に上がって、うはうは状態になるだけのことなのである。

では、どうやって税収をあげるかといえば、企業や国で必死に働かされている一般職員、すなわち、サラリーマンの給与から天引く場合だけなのである。

企業や在日朝鮮人には、さまざまな控除規定や例外規定など我々があまり知らないような法律が網の目のように張り巡らされていると言われる。だから、こういうところから税金をとることはほとんど不可能なのである。したがって、消費税、所得税、貸与税、資産税などなど、という形で一番弱い人々から税金を搾取するわけである。

警察や機動隊や自衛隊などの「権力の犬」になりそうな人間は、まず真っ先にこういう現実を自分で調べて事実だと確認することをお勧めしたい。そうすれば、そういう場合には、本当はどういう立場でいるべきかということの答えが自ずと分かるからである。

さて、国が他の人種に乗っ取られて200年も植民地であったインドがどうやって独立できたのか? ガンジーの歴史はそのことに対する素晴らしいヒントを与えてくれるはずである。

ガンジーは「非服従運動」というものを行った。不買運動である。
第一次世界大戦後は、独立運動をするインド国民会議に加わり、不服従運動で世界的に知られるようになる。またイギリス製品の綿製品を着用せず、伝統的な手法によるインドの綿製品を着用することを呼びかけるなど、不買運動を行った。「インドの糸車を廻すガンディー」の写真はこの歴史的背景による[5]。

「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性_e0171614_13594496.jpg

ガンジーは、英国製の服を買わなくて済むように、自分で糸から紡ぐことを始めた。我々の場合、大企業から電力を買わなくても済むように、自分で発電することがこれにあたるかもしれない。

ガンジーの「非暴力運動」については、なかなか微妙なところがある。ガンジー自身はもちろん非暴力であったが、同じ民族による暴力があったからこそ、ガンジーの言葉が生きたという可能性も捨てきれないからである。

そこで、ガンジーの言葉とされているものをここにもメモしておこう。

1940年にドイツ軍がいよいよイギリス本土に侵入しようとしたときのガンディーのイギリス国民への言葉。

持っている武器を下に置いてほしい。武器はあなた方を、ないしは人類を、救う役には立たないのだから。あなた方はヘル・ヒトラーとシニョール・ムッソリーニを招きいれることになるだろう。あなた方の国、あなた方が自分たちのものと称している国から、かれらは欲しいものを持っていってしまうだろう。もしこの紳士たちがあなた方の故郷を占領したなら、あなた方は立ち退くことになる。もし、かれらが脱出を許さなかったなら、あなた方は男も女も子どもも、虐殺されることになる。しかしあなた方は、かれらに忠誠を尽くすことは拒むだろう
1946年6月、伝記作者ルイ・フィッシャーへのガンジーの言葉。

ヒトラーは500万人のユダヤ人を殺した。これは我々の時代において最大の犯罪だ。しかしユダヤ人は、自らを屠殺人のナイフの下に差しだしたのだ。かれらは崖から海に身投げすべきだった。英雄的な行為となっただろうに。
わたしの信念によると、もし、臆病と暴力のうちどちらかを選ばなければならないとすれば、わたしはむしろ暴力をすすめるだろう。インドがいくじなしで、はずかしめに甘んじて、その名誉ある伝統を捨てるよりも、わたしはインドが武器をとってでも自分の名誉を守ることを望んでいる。しかし、わたしは非暴力は暴力よりもすぐれており、許しは罰よりも、さらに雄雄しい勇気と力がいることを知っている。しかし、許しはすべてにまさるとはいえ、罰をさしひかえ、許しを与えることは、罰する力がある人だけに許されたことではないだろうか。

ガンジーの独立運動の姿勢は、いまの日本人にとっても非常に役に立つヒントになるだろう。


おまけ:
かなまら祭り並みの御神輿登場。
「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性_e0171614_2035501.jpg

大飯原発前にはいよいよ水着(下着?)の女性を乗せた神輿まで出ちゃたゾ~ (民間人です)


おまけ2:
非暴力に徹するデモの新しいかたち。
「一枚の写真」:バリケードに鎖で結んだ女性_e0171614_20415017.jpg


  by Kikidoblog | 2012-07-02 14:24 | 原子炉被災

福島第一4号機は、米独立記念日の花火となるか?:目下、温度急上昇中!?

Era - Divano


みなさん、こんにちは。

昨年の今日は、EraのAmenoをメモしていた。
Era Ameno:「ドリメ、イタリノ アダパレ ラチレ」

風雲急を告げてしまった時には最適な音楽だからである。

さて、先日の福島第一原発の工事
【速報】福島第一原発3号機で噴煙か?:いまクローズアップ映像中! 追記:4号機だった!

2012.06.26_11.59--12.59(TBS_JNN)

(どうみても自殺行為だったナ。)

のせいで、どうやら4号機の使用ずみ核燃料プールの冷却装置が死んでしまったらしい。おかげで、温度がどんどん上昇中でいまや100度の熱湯状態まで達する見込みだという。何と米国の独立記念日の7月4日(日本時間7月5日)頃だという。

緊急情報4 福島4号機冷却できず 100℃を超える日

武田邦彦
福島第一4号機は、米独立記念日の花火となるか?:目下、温度急上昇中!?_e0171614_15225711.jpg

福島4号機の工事が杜撰で、冷却配管を損傷したと考えられます。

このため、6月30日の午前6時から冷却ができなくなり、温度が少しずつ上昇しています。そのうち正式な報道がされると思いますが、私が計算したところ、このまま冷却配管が損傷した場合、4号機のプールが100℃を超えるのは7月5日夕刻と考えられます。

私はその後も急激な放射性物質の飛散はないと思いますが、専門家によっては飛散があるとしている人もいますので、一応、温度の状態だけ計算しました。おそらく、このままいって使用済み核燃料プールの温度が100℃を超えて、水が沸騰し始めるのは7月5日の夕刻と考えられます。

その後も余裕があると思いますので、福島の人はすぐ逃げる必要はないでしょう。風向きには一応、注意をしておいてください。(平成24年7月1日)

アメリカの独立記念日と言えば、全米中で夜空に花火をあげる。日本で言えば、隅田川の花火大会のようなものである。
福島第一4号機は、米独立記念日の花火となるか?:目下、温度急上昇中!?_e0171614_15254292.jpg
福島第一4号機は、米独立記念日の花火となるか?:目下、温度急上昇中!?_e0171614_15262174.jpg

福島第一4号機は、米独立記念日の花火となるか?:目下、温度急上昇中!?_e0171614_1526244.jpg

私自身もユタ時代にも何度か独立記念日の花火を見たし、ハワイでも運良くアラモアナで独立記念日の花火を2度ほど見たことがある。

はてさて、アメリカの独立記念日を記念して、福島第一原発から再び放射性花火が舞い上がるのだろうか?

さすがに、メンテナンス会社がイスラエルの会社だけあって、なかなかおつな日程を組むものである。日本人にはない発想のようですナ。


追記:
福島4号機プール冷却再開 一時42・9度まで上昇

東京電力福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が故障、停止した問題で、東電は1日、応急的な復旧作業を行い、午後3時すぎに冷却を再開したと発表した。冷却再開時点で、水温は42・9度まで上がった。
 冷却装置は6月30日午前6時25分ごろに自動停止。停止時の水温は33・3度で、10度近く上昇したことになる。4号機プールでは6月4~6日にも循環水ポンプの故障で冷却が停止、水温が42度まで上がるトラブルがあったばかり。
 東電は、非常用電源装置の一部に不具合があったのが原因とみて、近く、故障した装置を交換する。
(共同)

何とか冷却再開できたようである。これが本当であれば、放射能花火の危機は一旦は回避されたことになる。めでたし、めでたし。だが、本質的に危機的状況は何も変わっていないのである。

  by Kikidoblog | 2012-07-01 15:30 | 原子炉被災

「原発反対」629デモ炸裂、15万人超!:これでもテレビマスゴミはシカト!

みなさん、こんにちは。

昨日は、金曜日。「首相官邸前原発反対デモ」の日。官邸前には、先週は4万5千人がデモ。そして、ついに昨日は15万人もの人々がデモしたようである。以下のものである。

全国各地で原発抗議 官邸前「15万人」で騒然

「原発反対」629デモ炸裂、15万人超!:これでもテレビマスゴミはシカト!_e0171614_9463473.jpg

 関西電力大飯原発(福井県)の再起動を7月1日に控え、反対する市民らの抗議行動が29日夜、首相官邸前であった。毎週金曜日夜を中心に実施されてきたが、主催者はこれまで最高だった前回の約4万5千人を大きく上回る15万〜18万人が集まったとしており、官邸周辺は騒然となった(警視庁調べで約1万7千人)。同じ時間帯に全国各地でも抗議行動があり、反対の声は広がりを見せた。

 官邸前では参加者がマイクで「名誉ある撤回を」「国民の声を聴け」などと次々と声を張り上げた。車道にまであふれた参加者は中高年から子連れまで年齢層もさまざま。

「原発反対」629デモ炸裂、15万人超!:これでもテレビマスゴミはシカト!_e0171614_946359.jpg

 東京都足立区の主婦(36)は、長男(7)とベビーカーの次男(3)を連れ初めて参加。「政府は私たちの生活を全く考えていない。これまで黙ってみていたが、我慢の限界に達した」と話した。「私たちは、選挙かデモでしか訴えられない。自分たちの気持ちを伝えていくうえで、結局、数にまさるものはない」と力を込めた。

「原発反対」629デモ炸裂、15万人超!:これでもテレビマスゴミはシカト!_e0171614_946031.jpg

「原発いらない」民の声を聞け!~官邸前を埋め尽くした巨万の人々(レイバーネット日本)
6.29 「再稼働反対」官邸前を埋め尽くした巨万の人々

そもそもどうしてこのようなデモが起こるのか?

といえば、いまの元全共闘や革マル派のヘルメット世代の残党で構成されている民主党執行部は、非常にへそ曲がりで、常に人々とは正反対のことに恍惚となるという、奇妙な気質を持った人々であるからである。菅直人もひどかったが、いまの野田佳彦もまた同じくひどいからである。それゆえ、民衆の声、国民の声がまったく届かないからである。

原発の犯罪者(もちろん、その中には、東電執行部から民主党執行部、そして保安院執行部などを含む)の責任をちゃらにすると宣言したことからも分かる。
野田首相、原発事故の責任を取らないと閣議決定
 関西電力大飯原発3号炉(福井県おおい町)が7月1日夜にも起動すると報道されるなか、野田佳彦首相の無責任ぶりがあらためて浮かび上がった。6月29日夕方からの首相官邸前抗議行動の参加者をはじめ、全国各地・世界からさらなる怒りの声が上がりそうだ。
 大飯原発3、4号炉の運転再開について、野田佳彦首相は「最終的には総理大臣である私の責任で判断を行いたいと思います」と5月30日の記者会見で述べた。インターネット上などでは即時に「福島をみてるのか!事故の責任を取れるわけがない」「どうやって責任を取るんだよ」などの批判が出た。
 この「責任の範囲と内容」について、きっちりと問いただしたのが、福島みずほ参議院議員(社民)だ。6月21日に提出した質問主意書で次のように質問している。
〈「私の責任で再稼働を判断した」原発が事故を起こした場合、「事故を起こした責任を野田首相が負う」と理解してよいか。その場合、東京電力福島原発事故で明らかなように、国家社会に与える被害は莫大になることも想定すべきだが、首相としてどのように責任を取るのかをその賠償方法を含め、具体的に説明されたい〉
 この質問に対し、政府は6月29日、「政治的判断を必要とする国政上の重要な問題であり、内閣の首長である野田内閣総理大臣がこれに関与し責任を持って判断を行うという趣旨で述べた」との答弁を閣議決定したのだ。その一方で、事故発生時の賠償については「原子力事業者がその損害を賠償する責めを負う」などと従来の枠組みの説明にとどまっている。
 つまり、「首相の任務として再稼働を決めた」が、「自分のした事の結果、事故が起きてもその被害について責めを負う気はない」ということだ。しかも野田首相の”二枚舌”はここにとどまらない。
 野田首相は5月30日の記者会見で「あのような事故を防止できる対策と体制は整っております」と断言したが、同政府答弁では事故原因は「津波」であるとし、「地震動」による主要機器の破損については認めなかった。国会事故調では「地震動」による主要機器破損の可能性について重大な関心を持っているほか、そもそも大飯原発の防潮堤はまだ完成していないのだ。不誠実きわまりない。
 さらに6月8日の記者会見で、野田首相は「豊かで人間らしい暮らしを送るために、安価で安定した電気の存在は欠かせません」としたが、同政府答弁では「コストの試算においては、電源ごとの発電単価ではなく、火力及び原子力の燃料費のみにより計算した単価を用いている」とした。燃料費のみの比較で原発が安価だというのでは、野田首相は大ウソつき、との批判を免れないだろう。
(伊田浩之・編集部)

まあ、一言で言えば、菅直人やこの野田佳彦の精神状態こそ、俗に「チョン公精神」と揶揄される、朝鮮人特有のメンタリティーの発露なのである。「自分は棚に上げて、他人を非難するが、自分は良いとこ取りする精神」というものである。いまの民主党執行部の無策とお馬鹿さ加減から、福島第一原発は崩壊したのであり、東電執行部同様、民主党執行部全員には「業務上過失致死罪」で死刑に値するほどの責任がある。かつての東京裁判で言えば「A級戦犯」である。

それを「私は責任を問わない」という。まあ、それは同じ朝鮮系のお仲間、同じ穴のムジナなのだから仲間の責任は問わない、問いたくはない、問うたら何されるかたまったもんじゃない、ということなのだろうが、こういう悪魔的な人物が野田佳彦という人物である。

これでは、デモが拡大するのは当然であろう。

私が言っているように、在日朝鮮人は日本人になったつもりでこの日本の政治家になるというのではなく、さっさと北朝鮮を買い取り、そこで自分の足で独立すべきである。金正恩の指示通りに動きまわって、何とか北朝鮮に金や物資を調達するなどという回りくどいやり方をするのではなく、直接在日系の会社を根こそぎ北朝鮮に持って行って、そこでビジネスを始めるべきなのである。

はっきり言って、民主党在日勢力は、十二分に政治とはどういうものか分かったはずである。そこで学んだことを北朝鮮や韓国に戻って実行して欲しいものである。これ以上、他民族の国で悪さをするな、と私は言いたい。さもなくば、このまま居座れば、日本はおろか、自分の本国の韓国や北朝鮮もろとも滅ぼされることは目に見えているからである。

もう少し、世界の流れの中から物事を見ることができる、知性が必要である。まあ、在日朝鮮人にはそれは期待できないだろうがナ。


おまけ:
朝鮮総連本部差し押さえ手続きへ 北を追い詰める動き

  by Kikidoblog | 2012-06-30 10:16 | 原子炉被災

【速報】福島第一原発3号機で噴煙か?:いまクローズアップ映像中! 追記:4号機だった!

みなさん、こんにちは。

今先ほど福島第一原発のJNN映像を見たところ、珍しくクローズアップ映像であった。そこには驚くべき光景が待っていた。おそらく3号機から噴煙が出ているもよう。

JNN福島第一原発情報カメラ(LIVE)

原子炉建て屋の外壁も屋根もなく、原子炉上部の黄色い蓋は雨ざらし。そういう状態が実によくわかる。問題の噴煙は、10時55分頃であった。

11時15分頃から、クレーン車から何か白い粉をまいているように見える。

要注目。要注意である。


追記:
いやはや、屋根も壁もない建て屋になっていたからてっきり3号機かと思っていたら、それは4号機だったようである。3号機並みかそれ以上に破壊してしまったようである。いったい格納プールはどうなっているのだろうか? すでに録画映像があるようなので、それをメモしておこう。以下のものである。

2012.06.26_11.59--12.59(TBS_JNN)

  by Kikidoblog | 2012-06-26 11:02 | 原子炉被災

615官邸前の1万1千人大飯原発再稼働抗議デモ炸裂!:人は石垣、人は城!

武田節


みなさん、こんにちは。

昨日、都内の首相官邸前で、「大飯原発再稼働反対」の抗議デモがあったようである。以下のものである。
原発再稼働反対デモ:記者クラブメディアが一斉に自主規制した首相官邸前に集まった1万1千人の声

2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人!!!@首相官邸前


2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人もの一般市民の方々が首相官邸前に集まり、抗議をしました!抗議行動の中央から最後尾までを撮影しました。(中­央から前の方に延びる列もあったので全てではないですが、おおよその雰囲気は伝わると思います。)あまりの感動に号泣してしまい、私の泣き声が入っています、すみません! 撮影@emi_mumemo

ここ最近の真夏のような状況下でも電力は何一つ問題は無かったのではないだろうか? すなわち、停電の危機はなかったということになる。

一説によれば、橋下市長、京都府知事など、地方の政治家たちがこれまで強行に再稼働反対を主張していたのに、突然の180度の転換をして、再稼働に賛成する立場に出たのは、政府と東電から、「もし停電になったら、その責任を負えるのか?」という、脅しに屈したからだという。

しかし、おそらくそうではないだろう。きっと裏金をもらったに違いない。いったいいくらもらったのだろうか? 「札束で頬を叩かれた」ということだろうヨ。

はたしてもうすぐデフォルトによってほとんど紙切れ同然に陥ると予想されている札束と、人々の命とどちらが大事なのだろうか? 当然、後者であろう。

かつて我が郷里の英雄、武田信玄公は、「人は石垣、人は城。情けは味方、仇は敵」だと考えた。正しい考え方は、死後も永遠に語り継がれるものなのである。逆に言えば、誤ったことをしたということもまた、末代まで永遠に語り継がれ、その子孫にまで災いが及ぶものなのである。

はたして今の日本の政治家たちは、そういうことが分かっているのだろうか? 実に心もとないところですナ。

  by Kikidoblog | 2012-06-16 19:46 | 原子炉被災

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?

みなさん、こんにちは。

久々に福島第一原子力発電所の話題を1つ。JNN/TBSライブカメラは、最近までずっと不調でまともな映像を見ることができなくなっていた。しかし、ごく最近また復活したようである。私の観察では、だいたい8時から9時の早朝にだれかが操作して、いろいろと映像のアングルや倍率を変えていた。うまくその時間帯に合うと、普段見ることが出来ない固定映像以外の映像も見ることができる。このときだけは非常に興味深い映像を見ることになる。

最近の5月26日の午後7時頃、私はその場面に偶然出くわしたのだが、どうやら私と同じ時間帯に同じ物を観た人がいて、その時の映像をYouTubeに流していた。そこで、それをここにもメモしておこう。以下のものである。
JNN遠隔操作 2012-05-26(19:16)(TBS/JNN/福島第一原発ライブカメラ)

この操作が起こって以後、JNNライブカメラ映像はかなり明瞭になったのである。夜でもよく見えるようになった。

さて、この映像の中で場所を確認するために、最近、細野モナ男氏が、福一原発4号基を視察したというニュースがあった。その時の映像と比較すると、おおよそ格納プールがどの辺りに存在するのかよくわかる。そこで、これもメモしておこう。

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_211745100.jpg

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_21154030.jpg

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_211549100.jpg

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_21162557.jpg

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_21163425.jpg

JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_21165665.jpg

真の状況は一目瞭然である。格納プールは、露天風呂状態の最上階の右側にある。したがって、我々がJNNライブカメラで観た時には、映像の一番右の光っている部分ということになる。お隣の3号機はすでにひっちゃかめっちゃかである。関西で言う、わや、になっている。神のみぞ知る状態である。2号機はカバーで隠蔽されているため、内部は全く分からない。1号機も同様である。

我々の目は可視光しか見ることが出来ない。だからUFOは赤外線モードで飛ぶと言われているように、赤外線、紫外線、γ線、X線モニターカメラで観れば、これらの原子炉の活動状況は一発で分かるのである。なぜそれをしないのか? 日本物理学会や日本応用物理学会や工学会などの御用学会の怠慢ということができるだろう。政府にどんどん良い意味で圧力をかけるべきである。

私はγ線と赤外線で観てみたい。

ついでに付け加えておくと、マスゴミの人たちがよくこんな絵
JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_21341773.jpg


を出して、さも専門家のような振りをして小生意気に語っていたのは記憶に新しい。この図の格納容器の一番上が実は黄色い蓋であり、こんなものである。
JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_2136283.jpg

そこで、4号機の写真を見れば分かる通り、その黄色い蓋は部屋の中心ではなく、あっちの方にある。つまり、格納容器は蓋が開いたままだということである。その状態で1年以上経過したわけである。格納プールはプールだから、水が入っている。水がかなりの放射線を吸収するから、まだましである。格納容器内にも水があれば、まだましな状態と言うことができるだろうが、その辺の情報がない。

欧米の専門家や、最近ではついに米軍の大佐までもが、福島第一の4号機の崩壊を危惧するようになった。
U.S. Army General: The Whole Northern Hemisphere is at Risk of Becoming Largely Uninhabitable
JNN/TBSライブカメラ復活!:4号機の格納プールはいずこに?_e0171614_21422188.jpg

崩壊の場合には、この図が示すように、北半球の大半の国々は住むことが出来なくなるという数値計算予測である。これほどまでに米軍中枢部も危惧しているのである。

世も末ですナ。

  by Kikidoblog | 2012-05-28 21:28 | 原子炉被災

ケタ違いの線量の『黒い粉』:神のみぞ知る、未知の領域に生きる!?

Era - Ameno


みなさん、こんにちは。

まずは、昨夜の福一第一原発の映像から。昨夜は、雨が降っていたのか、かなりの水蒸気が立ちこめていたようである。原子炉からの水蒸気か、単に雨が熱せられて水蒸気となったのかは分からない。以下のものである。
2012.05.15 19:00-20:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)

私は一応確認のために、毎日福一原発映像は眺めているが、このところずっとJNN/TBSカメラの方は見ることができない状態である。

さて、これに対して、ガンダーセン博士のものもメモしておこう。以下のものである。
動画:鎌倉でウラン検出! #放射性 廃棄物並み東京の土:字幕 Tokyo Soil as #Nuclear Waste
鎌倉でウラン検出! #放射性 廃棄物並み東京の土:字幕 Tokyo Soil as #Nuclear Waste

24万Bq/kgという高濃度の「黒い粉」が東京でも見つかった!!
都内でも24万Bq/kgという超高線量の“黒い粉”が見つかったと話題
都内でも24万Bq/kgという超高線量の“黒い粉”が見つかったと話題 (日々雑感)

 福島県南相馬市内で発見された「超強力な放射能を持つ謎の“黒い粉”が話題になったのは今年2月のこと。
ケタ違いの線量の『黒い粉』:神のみぞ知る、未知の領域に生きる!?_e0171614_13535276.jpg

子供たちが遊ぶ運動場のフェンス際にある黒いシミのようなものが「黒い粉」だ

「1kgあたり108万ベクレル」というケタ違いの線量は衝撃的なものの、「南相馬での特殊な事例」として受け止められていた。ところが、その「黒い粉」は東京都内の至るところに存在しているという。

「放射線検知器を近づけてみると、明らかに反応があるので、汚染度が高いのかなとは思っていたのですが、まさかここまでとは……」「黒い粉」を都内で発見した、市民団体「NO!放射能 江東こども守る会」の石川あや子代表は驚きを隠せない。「江戸川区のJR平井駅周辺で『黒い粉』らしきものを見つけ、採取したサンプルを神戸大学の山内知也教授に検査してもらったところ、最大で1kgあたり24万3000Bqという数値が出たんです」。

 これは原子炉等規制法で定められた「安全基準(クリアランスレベル)」の約2430倍という、途方もない数値だ。

「注意して見ると、『黒い粉』は都内の至るところにあります」と石川さんは言う。そんなにあちこちに高汚染の物質が転がっているのだろうか? という疑問を抱えつつ、「黒い粉」の調査に本誌記者も同行した。

 まずは、JR平井駅から徒歩10分ほど。公営団地そばの運動場で「黒い粉」を発見した。フェンス近くで何か所にもわたって吹き溜まっていた「黒い粉」は、一見すると黒い土のように見える。近づいてよく見てみると、乾燥して干からびたコケやカビのようなものであるとわかる。

「この前来たときと微妙に場所が変わっていますね。風雨で移動したのかもしれません」と石川さん。ガイガーカウンターよりも信頼性の高い、国産のシンチレーション式放射線検知器を「黒い粉」に近づけてみた。すると数値が急上昇し、毎時2μSvを超えた。東京都の平均的な空間線量(地上1m)の約20倍だ。山内教授は「一般的に携帯式の放射線検知器は周囲の放射線量の平均値を表示します。つまり、少量の物質に検知器を向けて数値が急上昇するならば、その物質が極めて強い放射線を出している可能性があります」という。

「子供は外で、土や埃にまみれて遊びます。その危険性を知らずに『黒い粉』に触れてしまうことを恐れています」(石川さん)

 調査時も、この運動場や道路の向かいにある公園で、子供たちが遊んでいた。

「直接触れること以外にも危険はあります。『黒い粉』が乾燥したものは脆くて、足で踏んだりすれば非常に細かくなります。風で舞い上がった粉を吸引してしまう可能性があります」(同)

 さらに歩いていくと、団地の道端や、国道沿いの歩道でも「黒い粉」を発見した。「学校の正門や通学路などでも見つかりました。雨水がたまった後に乾いた場所や、風の吹き溜まるところなどで、よく見かけます」(同)

 果たして、「黒い粉」の正体とは何なのか? そして、「黒い粉」の性質を利用した効率良い除染方法とは? 5月15日発売の週刊SPA!「首都圏を襲う[放射能の黒い粉]」では、「黒い粉」の元になる物質の怖さのみならず有用性もまた報じている。

取材・文・撮影/志葉玲(フリーランスジャーナリスト)http://reishiva.jp/


かつて広島長崎の原爆の後、空から「黒い雨」が降って来たと言われている。これと似て、福島第一原発の爆発では、その後「黒い粉」が降って来たようである。これが関東一円に降り注いだものである。おそらく、ガンダ−セン博士やこの記事で問題にしている、黒い物質、はこれのことである。

この黒い粉の物質が、すなわちウラニウム(とプルトニウム)を含んだ物質ということである。これは、昨年3月14日の爆発の時に飛んだものだろうと思う。それが、風雨によって、吹きだまりに蓄積された状態のままだということだろう。
3月15日 プルトニウム大量の3号機爆発の風は東京、神奈川にも到達していた、と2ヶ月後霞ヶ関発表

ちなみに、ウランの半減期は、数億年〜数十億年プルトニウムの半減期は、2万4千年である。

こんなわけで、東京など関東には、地球誕生の歴史に匹敵する長い時間、ウランが存在し続けるというわけである。近づかないこと、吸い込まないこと、除染。これ以外に道はないだろうが、あまりに膨大な量だから、処理はなかなか難しいだろう。今のところ、私には名案はない。

  by Kikidoblog | 2012-05-16 14:19 | 原子炉被災

「福島第一原発4号機使用済み燃料プールの安定確保に関する緊急要請書」

みなさん、こんにちは。

2012年4月30日に以下のような要望書が内閣総理大臣野田佳彦宛に提出されたという。国際的な要望書である。今のところ、私が知る限りでは、野田首相からこの要望書へ答えたというニュースはない。無視するとすればもはやこの人物に未来はないだろう。同時に、我々日本にも将来はないと言えるだろう。今後を注目したい案件の1つである。

福島第一原発4号機使用済み燃料プールの安定確保に関する緊急要請書
福島第一原発4号機使用済み燃料プールの安定確保に関する緊急要請書

2012年4月30日

福島第一原発4号機使用済み燃料プールの安定確保に関する緊急要請書  

内閣総理大臣 野田佳彦 様

4月12日、福島第一原発4号基の冷却装置が停止し、翌13日には冷却が再開されたものの、その2時間後には、また地震に見舞われています。日本気象協会によれば、1月10日から4月19日までの100日間の間に日本全国を襲った地震の総数は、1030回、震度3度以上の地震は108回、最大規模は3月14日のマグニチュード6.8の地震となっています。[1] 気象庁のデータからは、福島県を含む東北から関東地域一帯に地震が多発していることがわかります。[2]

現在、日本の国内外で、元外交官や専門家の方たちが、4号機の使用済み燃料プール危険性を指摘し、外国のメディアでも大きく報道されております。[3] 使用済燃料に関する第一人者である米政策研究所のロバート・アルバレス氏は、4号機の使用済み燃料プールには、チェルノブイリ事故により放出されたものの10倍にも上るセシウム137(Cs-137)が含まれている、もし地震等により、プールの底が抜け、または4号機の原子炉建屋が倒壊した場合、プールの冷却水が全て流出し、高濃度の核廃棄物が短時間のうちに発火しうることを指摘しています。4号機の使用済み燃料プールは遮蔽されていないため、こうしたことが起きれば、火災と煙で揮発性のCs―137は直接大気中に放出されることとなります。アルバレツ氏は、福島第一原発の資料済み燃料プールには、全部で10,893本の燃料棒が保管されており、もし大きな地震が起きれば、チェルノブイリの85倍にも上る放射能が放出されることになると警告しています。[4]
アメリカのアーニー・ガンダーセン氏、日本の小出裕章氏、後藤政志氏ら原子力の専門家の方たち、元国連職員の松村昭雄氏も、一貫して4号機使用済燃料プールの危険性について警告を発信されてきました。[5] 元在スイス、セネガル大使の村田光平氏は、2012年3月22日の参議院予算委員会の公聴会に招聘され、福島原発事故について以下のように述べられました。

「いかに現在、日本、そして世界が危機的状況に直面しているかということであります。人間社会が受容できない、この原発のもたらしうる惨禍のリスク、これをゼロにしなければならないと、私は、福島事故は全世界に想起させつつあると信じております。そして、このような事故を体験しながら、なお脱原発に躊躇するというのは倫理の欠如という誹りを免れないと、私は考えております。4号機の対策として考えられている燃料棒取り出し作業の開始が来年末以降というのは断じて理解できませんし、放置してはならないと考えております。著名な核科学者は中立の評価委員会の設置の提唱を始めました。そして上下両院の軍事委員会に、米軍の命の安全のための公聴会を開くように働きかけ出した、ということでございます。」[6] 

村田氏は、3月25日付けでバン・ギムン国連事務総長に宛てて、書面を提出されています。この書面の中で、村田氏は、元国連職員の方が、福島第一原発4号機の危機的問題に関する原子力安全サミットの開催と、独立したアセスメントチームの設置に向けてすでに働きかけを始めている事実を伝え、「人類の英知を結集して、福島第一原発4号機の問題に取り組みましょう」と呼びかけておられます。[7] 村田氏は同日、野田総理に対しても、同様の書面を提出されていると理解しております。[8]
また、米上院議員として初めて、4月6日に福島第一原発の視察に訪れたロイ・ワイデン氏は、同原発の状況が、予想を遥かに越える危機的なものであるとし、それを回避するために日本が国際的な支援を要請すべきだとする書簡を藤崎一郎・駐米大使に4月16日付けで送付し、同日付けで、同様の書簡がスティーブン・チュー・米エネルギー庁長官やヒラリー・クリントン国務長官、米原子力規制委員会のグレゴリー・ヤツコ委員長にも送られています。[9]  
私たち脱原発をめざす市民団体は、今、日本が国際社会の一員として果たすべき役割は、あらゆる知恵と手段を駆使して、この危機を乗り切ることであると考えます。そのためには、最も危機的な状況にある福島4号機の使用済み燃料プールの安定化のために、国内外に協力を仰ぐことが緊急課題であると考えます。よって、以下の要請を行います。

1. 福島第一原発4号機の使用済み燃料プールに関する詳細且つ正確な情報を、緊急 に国民と世界に開示すること
2. 4号機の使用済み燃料プールの安定確保のために、緊急に、国内外の専門家と米原子力規制委員会、米エネルギー省、国連を含む国際機関の支援協力を求めること

私たちは、福島4号機の使用済み燃料プール安定確保のための協力を、世界の市民団体、各国政府及び国連に対して広く呼びかけていくつもりです。日本政府の速やかなる対応に期待いたします。

2012年4月30日

連絡先
 Shut泊
  札幌市白石区東札幌6条4丁目1-2 TEL 090-2695-1937 FAX 011-826-3796
 グリーン・アクション
京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952

賛同者
小出裕章 京都大学原子炉研究所
村田光平 元駐スイス、セネガル大使、地球システム・倫理学会常任理事
松村昭雄 元国連職員
後藤政志 元原子力プラント技術者
ロバート・アルバレツ 政策研究所 (ワシントン、アメリカ)
賛同団体  (2012年4月30日付現在)
1. Shut泊、北海道
2. グリーン・アクション、京都
3. 原子力共同資料室、東京 
4. 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、大阪
5. 福島老朽原発を考える会、東京
6. FoE Japan (Friends of the Earth Japan)、東京  
7. Stop!浜岡、静岡 
8. 女たちの広場、北海道  
9. 「プルサーマルを知ろう」後志住民ネットワーク、北海道
10. ハイロアクション福島原発40年実行委員会、福島及び全国の避難地 
11. STOPプルサーマル!ふくしま、福島 
12. ふくしま月あかりの会、福島
13. 八幡浜原発から子供を守る女の会、愛媛 
14. MOX反対伊方の会、愛媛 
15. プルトニウムなんていらないよ!東京 
16. 玄海原発プルサーマル裁判の会、佐賀
17. 玄海原発プルサーマル裁判を支える会、佐賀
18. プルサーマルと佐賀県の100年を考える会、佐賀
19. 原発いらん!山口ネットワーク、山口
20. 食政策センター・ビジョン21
21. 原発八女ん会、福岡
22. 日本環境法律家連盟(JELF)
23. 非暴力アクションネット(HANET)
24. ストップ原発&再処理・意見広告の会、東京 
25. グリーン市民ネットワーク高知、高知
26. 核のごみキャンペーン・中部
27. アローハfromハワイ
28. 東北アジア情報センター、広島
29. 脱原発市民ネットワーク徳島、徳島
30. 脱原発ネット釧路、北海道 
31. ふくしまWAWAWA-環・話・和ーの会、福島   
32. 幌延問題を考える旭川市民の会、北海道 
33. チーム今から、旭川、北海道     
34. 脱原発!子どもたちを放射能から守ろう!!江別実行委員会、北海道 
35. 子どもの人権と教科書の問題を考える越智・今治の会、愛媛
36. 三陸の海を放射能から守る岩手の会、岩手
37. 岩手有機農業研究会、岩手
38. たんぽぽ舎、東京 
39. すべての原発を廃炉に! 刈羽村生命を守る女性の会、新潟
40. さっぽろ食まちネット、北海道 
41. 「平和への結集」をめざす市民の風、東京
42. NPO地球とともに、大阪
43. 川内つゆくさ会、鹿児島
44. 川内原発建設反対連絡協議会、鹿児島
45. 伊方原発反対八西連絡協議会、愛媛
46. 市民自治を創る会、北海道
47. 脱原発をめざす女たちの会・北海道、北海道
48. ほっかいどうピースネット、北海道
49. 福島の子どもたちを守る会・北海道、北海道 
50. さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、新潟
51. 未来をつむぐ母の会、京都 
52. あおぞらメーメー会、京都
53. おかんとおとんの原発いらん宣言2011
54. 放射能からイノチを守る南大阪ネットワーク、大阪
55. 子どもを放射能から守る関西ネットワーク、関西
56. ジャーニー・トゥ・ザ・フューチャー、大阪
57. 森のこや、大阪
58. かぶら屋、栃木
59. 西屋敷、栃木
60. たんぽぽとりで、福岡
61. 怒髪天を衝く会,福岡 
62. 地球倫理協会
63. 仏法山禅源寺 
64. 原発震災を防ぐ全国署名連絡会 
65. 原発震災を防ぐ風下の会
66. 六ヶ所村・花とハーブの里、青森 
67. 東京電力と共に脱原発をめざす会、東京
68. みやず・ミツバチ プロジェクト、京都 
69. 市民のひろば、大阪
70. さよなら原発箕面市民の会、大阪 
71. 核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡、福岡 
72. 日米安保条約終了通告を求める会、東京 


[1]http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/seismicity_map/?area_type=japan_detail&recent_type=100days
[2]http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJP2011040401000586
[3]http://www.beyondnuclear.org/home/2012/4/16/japanese-diplomat-matsumura-warns-of-fukushima-daiichi-unit.html
[4] http://www.huffingtonpost.com/robert-alvarez/the-fukushima-nuclear-dis_b_1444146.html
[5]http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/04/corrected-Mitsuhei-Murata-Fukushima-Dai-Ichi-Cesium-137-04-03-2012.pdf
[6]http://www.youtube.com/watch?v=9bq81boQL_Y
[7]http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/04/corrected-Mitsuhei-Murata-Fukushima-Dai-Ichi-Cesium-137-04-03-2012.pdf
[8]http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/04/Letter-to-Prime-Minister-Noda-by-Amb-Murata.pdf
[9]http://www.wyden.senate.gov/news/press-releases/after-tour-of-fukushima-nuclear-power-station-wyden-says-situation-worse-than-reported

  by Kikidoblog | 2012-05-06 21:46 | 原子炉被災

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE