人気ブログランキング |

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

アポロ20号の「モナリザ」:アジア人型宇宙人「かぐや姫」

みなさん、こんにちは。

今日は「アポロ20号の秘密」について紹介しよう。「月面探査」のアポロ計画は一般的にはアポロ17号で打ち切られたとされている。しかし、実際にはアポロ20号まで行われたと言われる。それはなぜかと言えば、アポロ15号が月の裏側(地球から見えない月面)で何か知的生命体の作った「遺構」や「遺物」のようなものを発見し、それを秘密裏に探査するためであった、と考えられているからである。



そのアポロ20号が月面で発見した宇宙船(UFO)の残骸や、まるでエジプトピラミッドの中の棺のような地形から発見されたという「宇宙人のミイラ」の映像が最近YouTube上にあったのでそれを紹介しよう。以下のものである。







通称「モナリザ」と呼ばれるこの宇宙人は、髪の毛は黒で皮膚が褐色で我々東洋人に非常に似ている。実にかわいらしい女性である(「モナリザ」と呼ぶよりは「かぐや姫」と呼んだほうが我々にはピンと来る)。いますぐにも目を開いてハローと言いそうなほどにリアルである。アメリカのインディアンやインディオ、中国や日本などアジアの国ならどこにでもいそうな女の子のように見える。違いがあるとすれば、俗にいう「第三の目」という、額の中央部に何かの突出があり、ひょっとすればそこに目があるのかもしれないというところだろう。

ビリー・マイアーがプレアデス人から聞いたという宇宙の歴史書によれば、地球にはかつて3種類の地球人型宇宙人が来訪し、そのそれぞれがその時代の地球の現地地球人と混血して現在の3つの人種が形成されたのだという話である。プレアデス人やウンモ星人は「金髪碧眼色白の北欧人型」であるが、この「モナリザ」は「黒髪で褐色の東洋人型」、「アジア人型」である。そして中国人と日本人はこのタイプのETの直系の子孫であるというのがビリー・マイアーの話である。

この話は、ビリー・マイアーの著書「プレアデスとのコンタクト」の「地球外知的生命が地球人について語ったこと」にある。しかし、あまりに複雑なためにここに簡単に記述できるものではない。これについてはまたいつかにしよう。

  by Kikidoblog | 2009-06-10 13:08 |

デービッド・アイクの「プロジェクト・キャメロット」インタビュー

みなさん、こんにちは。

ここでも何度か紹介してきたように、ジョン・ノーリーの「Coast to coast AM(海岸から海岸へAM)」は、エニグマティックな(不可解で謎の)テーマをトークするので有名である。これと並んでインターネット上で有名なものは、YouTube上にある、ビル・ブライアン氏(Bill Ryan)とケリー・キャシデイ氏( Kerry Cassidy)の「Project Camelot(プロジェクト・キャメロット)」である。

デービッド・アイクの「プロジェクト・キャメロット」インタビュー_e0171614_10191035.jpg


今日は、私はこのProject Camelotにおけるデービッド・アイクのインタビューを紹介しよう。以下のものである。残念ながら全部英語だが、アイクの英語はかなり聞き取りやすい。これは今年2月に行われた2時間を超えるロングトークである。



ケリー・キャシデイ氏が番組の最初の方で、アイクに「あなたの情報源は何かの諜報機関に接触して得ているのですか?」と質問したが、それに対してアイクは「ノー、ある種の超能力(サイキック)だ」と言っている。アイク自身は、1990年代初期(1991年)にペルーに行った時、謎の不可思議な体験をした。その時、どこかから頭を貫くようなエネルギーが入り、何人かが自分に話しかけてきたという。それ以来、どこかから「若い女性の声で自分にいろいろ質問してきたり、その女性がいろんなことを教えてくれる」というのである。この部分は、ジャン・ピエール・プチ博士やビリー・マイアーの場合にも非常に良く似ている。

この中のかなり最後の方で、ビル・ブライアン氏が、ここでも何度か紹介した「陰の世界政府」が持つ科学テクノロジーについて、すなわち「ブラック・プロジェクト」についてデービッド・アイクに質問している。ビル・ブライアン氏が「イルミナティーの科学技術は一般世界の標準科学より1000年先を行っている」とリチャード・ホーグランド博士がその中のインサイダーから聞いたと話している部分である。実に興味深い。

この番組の関連動画には非常に興味深いものがあるので、参考にするといいだろう。

いずれにせよ、ここ日本と違って、欧米には「エニグマティックな」物事を”真摯に”追求していくジャーナリストや科学者が少なからずいるようである。方や、日本では狂信主義者として有名なマーチン・ガードナー(自称数学者)の「偽科学バッシング」や「超能力バッシング」の片棒を担ぐものばかりでまじめに研究したり自分の頭で考えたりするジャーナリストや科学者が非常に少ない。この差がどこから来るのか分からないが(コンノケンイチ氏によれば受験教育、文部省の教育のせいだということだが)、何事も「自分の頭で考えること」が大事である。

  by Kikidoblog | 2009-06-09 10:23 | アイク

本当の「イルミナティ」とは?

みなさん、こんにちは。

最近、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の「天使と悪魔」が公開されたが、この映画の中で「イルミナティ」(本来の英語の発音はイルミナーティに近い)という謎の組織が出てくる。この謎の組織は「謎の科学技術者集団」で、欧州のCERN(セルン)という、非常にアカデミックな研究を行っている高エネルギー加速器研究所のような科学技術者組織である。この映画では、それがあたかも「イルミナティ」であるかのように”装っている”。

本当の「イルミナティ」とは?_e0171614_1037105.jpg


これは明らかに真実をねじ曲げるための1つの工作と言えるだろう。なぜなら、実際の「イルミナティ」とは、こういう科学組織というような社会組織のパーツのことではないからだ。むしろそれは、かつて「軍産複合体」と呼ばれたり、「陰の世界政府」と呼ばれたりしたもののことで、最近では「オリンピアンズ」、「T−Rex」、「300人委員会」、「ビルダーバーグ」などの言葉で語られるような(組織ではなく)人々のこと、秘密集団のことである。

この意味では、ダン・ブラウンという小説家、ロン・ハワード監督、トム・ハンクスなども立派に「イルミナティの手先」の役割を果たしているのである。このように、ハリウッドはすでにイルミナティの陣営にどっぷり浸っていて、イルミナティの広報活動の一環と言えるのである。だから、相変わらずナチのドイツ人や旧日本軍の日本人やロシア人やアラブ人や中国人が敵役となってユダヤ白人にやっつけられるという映画ばかりが作られ続けるのである。

ところで、英国人のブリティッシュ(British)や英国ブリテイン(Britain)や聡明のBrightの"BR"、血液のブラッド(Blood)や金髪ブロンド(Blonde)や青のブルー(Blue)の"BL"などはすべて同じ語源から来ていると考えられている。つまり、ユダヤ人という意味のヘブリュー(Hebrew)のブリューの部分や「ヘブル」のブルの部分がなまったものなのである。つまり、古代ユダヤの人種は金髪碧眼、長身白人で、俗にいう「アーリア(優秀という意味)人」であり、このルーツからフェニキア人を通じてサカ人、スキタイ人となり、それが近代のアングロサクソン人とつながり、現在の英米人となった。それゆえ、イスラエルのユダヤ人も英米のWASP(白人・アングロサクソン・プロテスタント)もルーツは同じなのである。

この人たちが古代のソロモン王時代のような賢人王による統治国家として地球を統一国家にしようともくろんでいるのが本当の「イルミナティ」なのである。ユダヤ人のヘンリー・キッシンジャー博士はまじめにそう考えているのである。したがって、ワンワールド政府になれば、日本は消滅し、日本人はユダヤ人以外の無数の部族の1つという待遇になる。今のアメリカのインディアンや南米のインディオの置かれた立場のようなものになると考えられる。正直、ニビルの神々はこの地球に余計なまねをしてくれたものである。

そんなわけで、「イルミナティ」というものを間違って欲しくはないので、今回は、以前別のブログ(最近謎の消滅をしたdoblog)に2009/02/06に書いたものをもう一度ここに紹介しておこう。以下のものである。YouTube番組はオーストラリアのもので、残念ながら全部英語である。

----------------------------------------
みなさん、こんばんは。

今回は、俗にいう「ホラー映画」など吹っ飛ぶほど”世にも恐ろしい”お話を紹介しよう。しかし、これは全部”リアルな”この現実世界のお話である。「お話」というのは英語では"Theory"(論や理論)にあたるが、ここでいう「お話」は現実の「物語」(ストーリー)のことである。「現実を言葉で表現したもの」がストーリーであり、「だれかが作った論」が「理論」である。

どういうわけか、日本人には「○○論」というと、この「理論」のことと「ストーリー」のことを一緒くたにする輩が多い。そのため、「陰謀」と「陰謀論」、「陰謀暴露論」なども一緒くたにしてしまうものがほとんどである。

「陰謀」とはConspiracyのことで、「だれかが人に知らせずだまって悪さを働くこと」を意味する。これが「陰謀」の定義である。だから、ブッシュが国民に嘘をついてイラクを爆撃すれば、これはまぎれもない「陰謀」となる。また、「陰謀論」とは、「だれかが陰謀を練ること」ないしは「だれかが陰謀を計画し書き残したもの」である。

方や「陰謀暴露論」とは、revelationのことである。これは、だれかが計画している「陰謀」を暴くことである。そしてそういう陰謀を暴くための論説や言論を意味する。

このように、「陰謀」と「陰謀論」と「陰謀暴露論」はまったく異なる意味を持っている。まずはこのことを理解し、肝に銘じなくてはならない。

さて、今日、偶然見つけたのだが、YouTubeにデービッド・アイクやその他の「陰謀暴露論者」たち、あるいは西洋史の歴史学者たちが今世紀になってやっと理解するようになり、今現在のこの世の政治世界を動かす動力学の根源と考えられているものを実に見事に表現した番組を見つけたので、ここに「日本初」で紹介しておこう。もちろん、デービッド・アイクも登場する。すべて英語なので、だれかが翻訳すれば実にいい番組となるだろうと思う。

これは、日本の「世界史」(これは、あまりに古く、また現代の題材は避けられているので)にはまったく記載される事のない西洋史、すなわちジャック・オットーのいう「忘れ去られた歴史」に相当する。

ここ最近の西洋、欧米の社会風潮では、今や「イルミナーティ」は人々の常識となってきたようである。そして何とかして「イルミナーティ」と戦わなくてはならないという人々が蜂起しつつある。

この番組もそういうものの1つであるように見える。オーストラリアで作成されたテレビ番組のようである。世はテレビの時代ではなく(テレビは当然「イルミナーティ」の手によってメディア支配されきっているのだから)、インターネットの時代となったのである。

毎日の日本国内のニュースで出ているように、日本の主要産業が軒並み「大赤字」に陥っている。この原因は何か? 

人の腹にナイフを突き刺せば、出血する。もし全体の2割も出血すればショックとなり、全体の3割ともなれば出血多量で死に絶える。血が体全体を回らず体が酸欠状態となり脳死やら臓器が壊死するからである。

これと全く同じで、世界経済の中でそこに出回っている金のうち2割も引き出せば、世界経済は瀕死の状態に陥る。そして3割も引き出せば、金は世界を駆け巡らず、世界経済は死ぬ。

要するに、世界経済という人間の腹にナイフが突き刺され、世界経済は出血多量で死にかけているというわけである。もちろん、これを行っているのが「イルミナーティ」の創始者ロスチャイルドである。

こういう人々の歴史や意図や目的や考え方を番組にしたものが、以下のものである。

では、堪能していただきたい。



Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 2
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 3
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 4
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 5
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 6
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 7
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 8
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 9
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 10
Enigmatv -- Illuminati Vol I: All Conspiracy, No Theory 11



Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 2
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 3
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 4
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 5
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 6
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 7
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 8
Enigmatv - Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 9
Enigmatv -- Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 10
Enigmatv -- Illuminati Vol II: The AntiChrist Conspiracy 11

(2009/02/06 Doblog投稿、「”ザ・イルミナーティ”:すべて陰謀、決して陰謀論ではない&反キリストの陰謀」)

  by Kikidoblog | 2009-06-02 10:40 | コンスピラシー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE