人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!

みなさん、こんにちは。

いやはや実に興味深い記事が、ChemBlog氏のブログに翻訳されていたので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_11133296.jpg

# その通り、彼らは本当に人口削減を望んでいる - あなたの食欲を失せさせるようなグローバルエリートの人口抑制に関するショッキングな22の引用
元記事:Yes, They Really Do Want To Reduce The Population ? 22 Shocking Population Control Quotes From The Global Elite That Will Make You Want To Lose Your Lunch

殆どのアメリカ人は思ってもいないが、非常に卑劣な考えがグローバルエリートの間に野火の如く広がっている。この考えとは、人間が地球を破壊する癌になったというような異常なまでの信条なのである。現在、爆発的に増加している世界人口の様子はウィルス、或いは伝染病の様相を呈しており、それと戦わなければならないと確信している、多数のグローバルリーダーの存在がある。現実に、グローバルエリートの中でどれ程多くが人口抑制という考えに取り憑かれているのかを、控えめに言うのは非常に困難な事である。国連は、それに関する方針説明書を発行し、大学はそれに専念するための全体的な過程を有しており、過激な人口抑制支持者は、最高位の政策ポジションの幾つかに任命されており、また地球上の富裕層に当たるある人々は、それを論じるために会合している。この考えを信じている人々は堕胎、避妊やその他「家族計画」サービスに対する「権利の拡大」の必要性に関して絶えず話している。しかし、彼らの全ての尽力にも関わらず、世界の人口は未だ膨張し続けており、この人口抑制という考えの信奉者達の神経を高ぶらせている。

そこで、グローバルエリートの中にあってそれ程までに熱烈に人口抑制を信じているのは、一体何者なのだろうか?以下であなたが読むことになる名前の幾つかは、あなたに衝撃を与えるかもしれない。その多くが、世界の重要人物なのだから。例えば、チャールズ皇太子(Prince Charles)は、つい先日世界人口の急激な膨張を嘆いているといった内容の、際立ったスピーチを行っている:
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_10505618.jpg

私はムンバイ(Mumbai)、カイロ(Cairo)或いはメキシコシティ(Mexico City)などの都市を選んだかもしれないが、あなた方がどこを見ても世界の人口は急速に増加しているのに変わりはない。英国の全人口と同じ数が毎年増加しているのだ。可哀想な我々の惑星は、68億人もの人々を支えるのに既にもがき苦しんでおり、50年以内に90億人以上を何とかして支えなければならなくなるのだ」。

グローバルエリートのうちの多くが、増大する世界人口は世界が直面している問題の第一位であると考えている。人口過剰が「気候変動」の主な原因であると無条件に納得している者達の多くが、我々を取り巻く環境を管理しており、また地球全体を1つの巨大な第三世界のスラムに様変わりさせると脅迫している。

もちろんその全ては戯言だが、彼らはこれを実際に信じており、また恐ろしいことに、彼らの殆どが周到に計画された狡猾な政策の相当数を実行できる、政権や権力の座に就いているのだ。

以下は、あなたの食欲を失せさせるようなグローバルエリートの人口抑制に関するショッキングな22の引用だ....

(要するに、「人口削減」という大義名分を唱えて、その旗の下で非白人やゴイム(非ユダヤ人)を減らして奴隷化したい(家畜化したい)ということですナ。)

#1) 2009年3月の国連人口部会の方針報告
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_10542427.jpg

後発発展途上国において出生率低下を加速するのに必要な事は何か?

(もはや国連は国民を助けるための組織ではなく、国民を殺戮するための組織となったのである。いまや本当に「地球防衛軍」が必要になってきたようである。)

#2) マイクロソフト社のビル・ゲイツ
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_22342254.jpg

現在の世界人口は68億人だ。その数は90億に向かって上がり続けている。もし今我々が新型ワクチン、医療、性や生殖に関する健康サービスに関して真に偉大な義務を果たすなら、恐らく10ないし15パーセントの抑制が可能となるだろう」。

米富豪たち中国富豪からボイコット:あっちの水はあまくないゾ。中国人の皆さん、円借款は日本に返してナ!

#3) バラク・オバマ政権のトップ科学アドバイザー、ジョン・P・ホールドレン博士
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_2374559.jpg

第二子、或いは第三子誕生後の女性不妊プログラムは、精管切除と比較すると相対的に施術の困難度が増大するが、男性に不妊を施すよりも扱いやすいかもしれない。上皮下に移植し、妊娠を望む時に取り除くような長期不妊カプセルの開発は、強制的出生抑制に関する追加的な可能性を開くだろう。カプセルの移植は思春期に行われ、当局の許可の下、出生数の限定を条件として除去可能になる」。

(この人は有名な、札付きの優生主義学者。この人から今のスクワレン不妊ワクチンの発想やプロジェクトが生まれたのである。)

#4) ジョージ・W・ブッシュ政権の科学アドバイザー、ポール・エーリッヒ(Paul R. Ehrlich)博士
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_1112279.gif

現在増加している人それぞれが、不釣り合いに地球の環境と生命維持系に影響を及ぼしている」。

(この人も有名な優生主義学者。ジョン・P・ホールドレンのボス。生粋のジェーソン・スカラー(=イルミナティー秘密結社の科学者)。)

#5) 米最高裁判所、ルース・バーダー・ギンズバーグ
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_1163142.jpg

正直なところ、ローとウェイド裁判が結審した時、人口増加に関する懸念が存在しており、とりわけ我々が望まぬ数の人口が増加していると私は考えた」。

(頑固一徹観のある典型的なユダヤ女性という感じ。この人に何を言っても無駄だろう。)

#6) 「直面する世界変動:女性、人口と気候」と題された国連人口基金の報告
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_10542427.jpg

とりわけ、温室効果ガスの全てが方程式に折り込まれる時、純粋に『カーボン・ニュートラル』な人間は存在しない」。

(貧乏人は呼吸をするなということですナ。)

#7) ディビッド・ロックフェラー
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_1022076.jpg

人口膨張が与える地球全体の生態系に対する負の衝撃は、ゾッとするほど明白だ」。

(言わずと知れたアメリカ帝国の王様。顔は日本人に似ているのになぜか大のアジア人有色人種嫌い。)

#8) ジャック・クストー
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_1118843.jpg

世界の人口を固定するためには、毎日35万人を除去する必要がある」。

(アクアラングの発明者にしてスキンダイビングの父のクストーさんのことですナ。)

#9) CNN創立者、テッド・ターナー
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_1411947.jpg

現在の全人口レベルから95%減少した、2億5,000万から3億が理想的だろう」。

ビル・ゲイツ君、お前もか?:彼が人口削減計画の主犯格だったとは!

#10) アース・ファースト共同創立者、デーブ・フォアマン
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_11261485.jpg

私が目指す3つの主要なゴールは、全世界で約1億人規模までの人口削減と、産業基盤の破壊、そして種の完全定員を見据えた自然が世界中に回帰することだ」。

(新顔の登場ですナ。The agenda-are they really trying to create a new world order?

#11) エジンバラ公フィリップ王子(別名マウントバッテン卿)
世界のエリート「人口削減」を語る!1:これがお金持ちエリートたちの地球観だ!_e0171614_11275950.jpg

もし私が生まれ変われるのなら、人口母集団レベルを低下させる殺人ウィルスとして地球に戻りたい」。

(オーマイガッド! あんたはインフルエンザウィルスになりたいのか?)


つづく

  by Kikidoblog | 2010-11-12 12:11 | バイオコンスピラシー

HAARPに地震波か?

みなさん、こんにちは。

ここしばらくHAARPのモニター群の磁気計には特に地磁気変化はなかった。今日HAARPモニターを見ると、かなり大きな地震電磁波をとらえていた。

宇宙天気ニュース
によれば、
2010/11/10 09:46 太陽のフレア活動は引き続き穏やかです。太陽風は平均的な状態です。

とあり、今の時期は太陽風は特に問題ないようである。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。今回のものは、かなり大きな振幅で揺れている。
HAARPに地震波か?_e0171614_20241270.jpg

HAARPに地震波か?_e0171614_21151359.jpg



Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
HAARPに地震波か?_e0171614_202544.gif

HAARPに地震波か?_e0171614_20251472.gif

HAARPに地震波か?_e0171614_20252026.gif

HAARPに地震波か?_e0171614_21152852.gif

HAARPに地震波か?_e0171614_21153525.gif

HAARPに地震波か?_e0171614_21154374.gif

今回のスペクトルデータには、かなり大きな地震電磁波が捉えられている。


Spectrum Monitor Waterfall Chart
HAARPに地震波か?_e0171614_20253349.gif

HAARPに地震波か?_e0171614_2116132.gif



VHF Riometer
HAARPに地震波か?_e0171614_20304329.jpg

Electron density
Digisonde

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。

さて、ここからは以下のような警告が出されている。要注意である。備えあれば憂いなし。
父島圏内にM4~M6クラス程度の地震発生合図が出ました。
父島近辺も含めマリアナ・パプアニューギニア・フィリッピン・台湾・南西諸島・九州・四国・中国・近畿・
中部・関東・東北・北海道・千島列島の環太平洋岸は、遠方・近辺・直下を含め地震発生に、
一週間程要注意です。特に、本土で発生した場合大型地震の可能性大です。(11/11 20:29発信)

  by Kikidoblog | 2010-11-11 21:17 | HAARPモニター観察

これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件

みなさん、こんにちは。

いやはや、尖閣諸島問題は風雲急を告げて来た。しかし、これこそが、「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものである。我々「B層」の日本人は西洋人の歴史をよく知らないから分からないかもしれないが、「ティーパーティー事件」、「盧溝橋事件」、「真珠湾攻撃」、「911」などなど、これから戦争が起こるという時の、一見突発的な事件というのは、みな計画的に引き起こされたものなのである。このことはベンジャミン・フルフォード氏がずっと熱弁を振るって来ている(ベンジャミン・フルフォード 熊本講演:これは非常に興味深い)。

このときの手法というものは、有名な古典的方法「ショック・ドクトリン」(ナオミ・キャンベルの定義)というものである。古くはヘーゲルの「弁証法」、グリフィンの「上下からの圧力」、デービッド・アイクの「問題・反応・解決の手法」などと呼ばれて来たもののことである。日本で言えば、柔道の体落としの手法である。いったん投げたい方向と逆へぐっと力を入れて大きく振り、相手がそれに抵抗した所で望む方向へ投げ飛ばす。「柔よく剛を制す」の手法である。西洋で言えば「羊飼いの手法」と言えるだろう。

この手法によって、欧米イルミナティーNWOの政治家たちは、日本社会をこれまでの対共産主義ソ連路線から対中国路線へと導きたいのである。これが、ジョセフ・ナイ博士、マイケル・グリーン博士の「日中核戦争」のシナリオへの「序章」だと考えられている。
アジア人は馬鹿か?:もっといろいろ読み学べ!

その証拠はいくつかある。

(1)まず、今回の尖閣諸島沖の漁船衝突事件に関して言えば、この作戦がずっと前から計画されてきたものであるという指摘がある。というのは、日米の合同海上演習で自衛隊が米海軍とともに、今回のようなサンドウィッチ作戦を周到に練習したといわれているからである。そのプログラム通りにターゲットになった中国漁船を追いつめたと考えられているからである。まだ流出していない映像にそれが写っているのではないかとささやかれているようである。
尖閣問題続報

(2)次に、中国側にとってこの事件が契機となり、現在の胡錦濤主席
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_19384639.jpg

の次の主席は習近平
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_19452781.jpg

と決まったということらしい。李克強
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_1948013.jpg

でも温家宝
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_19485567.jpg

でもなくなったというのである。要するに、中国にとっても、今度の「尖閣諸島紛争」は実にありがたい事件であったのである。次の国家主席は軍事強硬派が占める事になったからである。

10.11.6_01/15 リチャード・コシミズ「日本らしい日本を取り戻そう!..」

(ここから15まで見る事が出来る。)

(3)そして、今回のビデオ流出問題は、日本の民主党政権(もちろん前原イルミナティー路線)にとっても実に好都合となった。菅/仙石政権がビデオ公開を渋ったために、隠し爆弾を握られてしまったからである。これでこのビデオをいつ公開するかにより、菅/仙石政権をいつでもお払い箱にできるというのである。これにより、次期首相は前原政権となるようにほぼ決まってしまったというのである。
二階堂ドットコム
■ 尖閣問題・まだ幕引きは速い! 全部のビデオはすでに民間にある

緊急情報のために箇条書きで書く。本件取材は情報関係者、閣僚以外はお断り。

・「中国船の衝突なんて序の口である。そんなものはしょっちゅうあるので、たいしたことはない。実は相手はさんざん抵抗して、とんでもないことをやってきていた。海保は公務執行妨害を使って逮捕したのは北朝鮮の船以来。それほどひどかった。

・やはり石垣海保は知っている。それどころか、海保の全員が民主党に怒っている。馬淵大臣は何をやっているんだ!

・海保は命がけでやっている。乗り込んでからひどいことをされた。そのビデオが出れば政権が倒れるのは間違いない。

・国家機密だと騒いでいるのは、政権が倒れてしまうから

・海保の鈴木長官を証人喚問した方がいい。あれ、ウラが出るから。>西田昌司議員

・これから民主党がひどいことをやれば、まだビデオは出る。たぶん、ウチで出る・・・かな?民間で全部持ってますから。船乗ってからのすべてのテープを。な、横浜の右翼団体の関係者がT君。

逮捕の瞬間のビデオをみれば、国民は怒り狂う。馬淵大臣は知っていて隠蔽しているのか!

菅政権よ、オレが石垣島に行ったら出る寸前だと思え(笑)。1月の石垣行きをとってあるんだが、早まるかもな。ふふふ。


というわけで、もし中国船に乗り込み、本当に命を落とした海上自衛隊の隊員がいたとすれば、たいへんお気の毒な事である。ご冥福を心から祈りたい。しかし、隊員たちはそれぞれ置かれた立場で必死に命がけで対処しているわけだが、そもそもの大筋の流れは、将来「日中核戦争」を起こすためのものである。だから、菅/仙石政権、あるいは将来の前原政権
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_2005756.jpg

にとっても、隊員も我々一般の日本人も「単なる駒の1つ」でしかないというわけである。それがジャパンハンドラーやNWOネオコンやイルミナティーというものであるらしいですナ。

ところで、昨日国会を見ていて驚いたが、
日本人イルミナティーの時代!?:すでに侵入済みだった!
でメモしておいた、日本の最近の若手政治家、もちろんイルミナティー政治家
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_21345097.gif

の中の公明党の遠山清彦氏の代表質問には驚かされた。ちょっとしたヤジに対して「だまれー!!」と絶叫して恫喝するは、これぞ典型的な「インテリやくざ」そのものであった。公明党の若手政治家は昔の日本の憲兵隊、ナチスドイツのSS将校のようなタイプになったようである。

まさしく亡国の一途ですナ。いずれにせよ、欧米のイルミナティーNWOの政治家は着実に布石を敷いて来ている事だけは確かなようである。

参考:
だれかがペンタゴンを狙撃?:アメリカで内戦の危機か?
アジア人は馬鹿か?:もっといろいろ読み学べ!

おまけ:
こりゃ一大事か???石垣海上保安本部での出来事!
これが「False Flag Operation(偽軍事活動)」というものだ!:尖閣諸島沖事件_e0171614_034697.jpg

どうやら喪服を着た「おくりびと」の姿と棺桶が捉えられたようである。だれかがお亡くなりになったようである。

おまけ2:
国家転覆を目論む仙谷工作員を吊るせ!

  by Kikidoblog | 2010-11-11 20:10 | コンスピラシー

「パンデミックを煽るな!静かに殺そう!」:これが今年のワクチン・ビジネス戦略とか?

みなさん、こんにちは。

また寒い季節になってきた。インフルエンザが流行しそうな、この季節になると、再び活動してくるのが「ワクチン・ビジネス」である。かなり前からワクチン・ビジネスの裏に隠された陰謀を世界中に警告して来たのは、デービッド・アイク
「パンデミックを煽るな!静かに殺そう!」:これが今年のワクチン・ビジネス戦略とか?_e0171614_15584240.jpg

であったが、アイク氏は最近もこれを警告し続けている。以下のものである。

ワクチンの再来・・・そしてそれは同じ「処置」を受けなければならない
今度の豚インフルエンザ・ワクチンは季節性インフルエンザ「注射」の中に「隠されて」いるから要注意

「パンデミックを煽るな!静かに殺そう!」:これが今年のワクチン・ビジネス戦略とか?_e0171614_15254188.jpg

それで現在、彼らは新たな前進を再開しようとしているが、今度の彼らは、私たちが注意を払わないうちに私たちの身体に接近できることを願い、単に季節性インフルエンザ「注射」に豚インフルエンザ・ワクチンを加えることで、穏やかに、やんわりと爪先立ちの取り組みを行っている。

騒ぎ立ててはいけない、さすればおそらく彼らは気づかないだろう。
「パンデミックを煽るな!静かに殺そう!」:これが今年のワクチン・ビジネス戦略とか?_e0171614_15564585.jpg

(シーーーー、豚インフル・ワクチンのことは口にするな。)

その新しい取り組みは、ロスチャイルド−ロックフェラーによる世界保健機関(WHO)の勧告に従うものだが、他の立法の事細かな詳細の間に自由を破壊する法律を隠す際に彼らが使う同じ原則に基づいている。それ自体を簡単に識別可能な豚インフルエンザ・ワクチンを分離させるのではなく、彼らは豚インフルエンザの成分が一部だけ入っているインフルエンザ・ワクチンのカクテルをつくった

このデービッド・アイクの警告を他所に、すでにこの国では以下のような感じで事が進行中である。あほな国民はもはや助ける事すら難しい。なぜなら我々が警告しているその理由、その言葉すら理解しないほどアホになったからである。ワクチンさえ打たなければこんなことにはならなかったはずである。

インフルワクチン接種後、80代女性が死亡 心臓に持病
厚生労働省は8日、心臓に持病がある80歳代の女性がインフルエンザワクチンを打った後に死亡した、と発表した。かかりつけ医が「接種と関連がある」と報告した。今季の接種は10月から始まったが初の死亡例という。
 同省によると、死因はアレルギー反応の一種「アナフィラキシーショック」と心筋梗塞(こうそく)の疑い。女性は5日にワクチン接種を受けた約1時間半後、抗生物質を飲んだところ、10分後に全身のかゆみが出て、血圧や脈が弱くなり亡くなった。同省は「接種との関連は不明」とし、専門家による検討をするという。

(ここにある、「死因はアレルギー反応の一種「アナフィラキシーショック」」と、あたかも花粉症などのアレルギー物質で起こる時のショックのように言っているのは、真っ赤な嘘である。これは、「サイトカインストーム」という別のショックである。ワクチン接種による免疫抗体反応のための過剰反応で生じた抗体が自己免疫反応を起こし全身で自分自身を攻撃して死んでしまうというものである。たとえば、「「ワクチンというものの本質を知る」:「ポリオ騒動」転載記事より 4」、「インフルエンザの流行型とシナジェティックな世界」参照)

インフル集団感染、入院高齢者6人死亡…秋田
秋田県は6日、北秋田市の病院でインフルエンザの集団感染があり、10月31日から今月5日にかけ、60~90歳代の入院患者6人が死亡した、と発表した。
 簡易検査で6人からA型の陽性反応があり、別の1人の検体から「A香港型」ウイルスが検出された。
 6日にも80歳代の男性患者が死亡したが、簡易検査は陰性だった。県は季節性インフルエンザの院内感染と見ている。
 集団感染があったのは、医療法人社団博愛会「鷹巣病院」。発表によると、死亡したのは男性4人、女性2人。10月27日に最初の発症者が確認され、計49人が発熱などの症状を訴えた。
 病院は2日、北秋田保健所に報告した。同病院では10月29日、死亡者も含め入院患者全員に「A香港型」「B型」「新型」の混合ワクチンを接種していたといい、発症者には全員に「タミフル」を投与した。5日現在、入院患者25人、職員8人が症状を訴えている。(2010年11月6日16時45分 読売新聞)

(このワクチンがまったく効かないということを証明している。うがい手洗いをし水分を取り、ビタミンDを取る(つまり日光をあびる)。これがインフルエンザ対策のベストであると考えられている。)

ちなみに、ここ阿南でもそうだが、いつの間にか、女子中高生の大半が子宮頸癌ワクチンを打ってしまったようである。なかには男子で接種したというジョークのような若者もいる。これでは不妊症にかかると日本の賢者たちがあれほど警告していたにもかかわらずである。確実に10年後20年後には今以上に人口問題は深刻になるだろう。

参考:
「ワクチンというものの本質を知る」:「ポリオ騒動」転載記事より 4
インフルエンザの流行型とシナジェティックな世界

  by Kikidoblog | 2010-11-09 15:05 | アイク

「蘇る金狼」?:テンプル騎士団が謎の財団Xと共に現代に蘇る!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、ここで言うまでもなく、いよいよこの国は亡国の一途を辿りつつあるように見える。尖閣諸島問題などの領土問題は、アメリカのNWO組の良いような流れになって来ている。「陰謀」を見破るには、その結果としてだれが得をしたかを見るというものがあるように、この問題の結果、だれが得をするのかを見守れば、おのずと背景が理解できるはずである。

さて、この尖閣諸島の問題はさておくとして、アズマヒカル氏のブログにある、テンプル騎士団に関する以下の記事は非常に興味深い。それを今回はメモしておこう。

秘密主義のテンプル騎士団は、世界を救うために驚くような試みをします by:ソルチャ・ファール
「蘇る金狼」?:テンプル騎士団が謎の財団Xと共に現代に蘇る!?_e0171614_22522982.jpg

元記事は以下のもの。
Secretive Knights Templar Make Astounding Bid To Save World

テンプル騎士団
「蘇る金狼」?:テンプル騎士団が謎の財団Xと共に現代に蘇る!?_e0171614_22583547.jpg

は、
1307年10月13日、フィリップ4世はフランス全土においてテンプル騎士団の会員を何の前触れもなく一斉に逮捕。異端的行為など100以上の不当な罪名をかぶせたうえ、罪を「自白」するまで拷問を行った。異端審問において立ち会った審問官はすべてフランス王の息のかかった高位聖職者たちで、特権を持ったテンプル騎士団に敵意を持つ人ばかりであった。騎士団は異端の汚名を着せられ、資産は聖ヨハネ騎士団へ移すこと、以後の活動を全面的に禁止することが決定された。

とあるように、1307年の10月13日金曜日に血の粛清を受け、崩壊したと考えられて来た。この事件から「13日の金曜日」が不吉な日という伝説が出来たとも言われている。そして、この危機を逃れた残党たちがスコットランドに逃げ延び、名前を「フリーメーソン」と変えて現在のメーソンリーの基礎ができたと言われているものである。

この「テンプル騎士団」が、何やら「謎の財団X」を作り、この財団Xがこれまでにテンプル騎士団が溜め込んで来た潤沢な資金を今現在の世界的な経済危機を救うために使う事を申し出た、というのである。にわかには信じがたい話だが、これが事実であるという報告がロシアのプーチン首相とメドベージェフ大統領に伝えられたようだ、というのがこの記事の趣旨である。

この事に関して、イギリス人のブラックヒースのジェームズ卿が英国会で証言したというのが、以下のYouTube番組である。

Lord James of Blackheath, Speech on Foundation X (House of Lords, 01/11/2010)


UK up for sale to Foundation X - Lord James of Blackheath speaks to Sky


1920年代から所有している、地球上全ての歴史で採掘されたものより多くの価値がある自身の金の蓄えで支援すると言った、この仰天する様な偉業を達成するために莫大な現金準備を使う用意を整えていたとこのミステリアスな『財団X』が、そのようにブラックヒース卿に更に述べたとして、先週スカイ・ニュースによるインタビューにおいて、ブラックヒース卿もまた、ミステリアスな『財団X』への調査で、彼らの主張が真実であるという全てを発見したと述べました。

いやー、実に驚きの内容である。完璧なる秘密主義のテンプル騎士団が現代に復活し、世界経済を救済してやろうというのである。はたして、このテンプル騎士団とイルミナティーNWOはどういう関係にあるのだろうか? 仲間同士なのか?それとも敵対しているのか? 今後の展開を注目したい所である。

  by Kikidoblog | 2010-11-08 23:12 | コンスピラシー

さんまの環境ビジネスを動かしているのは誰だ会議:マスゴミは「精神分裂病」か?

みなさん、こんにちは。

いやはや、これを見たら日本のマスゴミは完璧に「精神分裂病」に陥っているとしかいいようがない。今回はこれをメモしておこう。以下のものである。

さんまの環境ビジネスを動かしているのは誰だ会議1


さんまの環境ビジネスを動かしているのは誰だ会議2


まるで、明石家さんまや所ジョージのお手柄番組のようですナ。

この番組で取り上げているように、最近世界の風向きががらっと変わり、「カーボンオフセット」取引で日本が負け組に入り、世界中に金をばらまくはめに陥ってしまった。しかしこれは、この番組を作っているような大手マスゴミのせいだったはずである。これまでさんざん「地球温暖化CO2説」問題を取り上げて来て、「カーボンオフセット」取引を押し進めて来たのはマスゴミだったはずである。それが、それすらしっかり忘れて、あるいは、しらばっくれて、「今度は日本が負け組に入った」と得意げに番組にする。気が狂っていますナ。

まあ、前から私はここでさんざん書いてきたように、所ジョージやさんまやたけしやみのもんたなどの日本のマスゴミタレントたちは、番組のネタになれば何でも良いのである。自分が1時間番組に出れば、それで時給数百万円もらえばそれでいいという偽善者に過ぎないのである。こういう連中にとって、日本が損しようが日本人が死のうが自殺しようが番組ネタになれば何でも構わないのだ、ということである。さもなくば、以前はゴアをあれだけ持ち上げて来て、今度は180度正反対のことをネタにする理由が考えられないだろう。

ここでは、ずっと以前から以下のように、「CO2説は大問題だ」ということを取り上げて来たわけですナ。
阿部修治博士vs槌田敦博士:日本における知られざる地球温暖化詐欺論争
「デービッド・アイクの予言」が本当に!
寒波到来?:地球温暖化はどうなった? COP15はジョークか?
「CO2地球温暖化説詐欺」のしっぽ:アル・ゴアの陰謀?
地球温暖化詐欺…ゴアの手の者が続々ホワイトハウス入りしている…(アイクは2008年にはこれを書いていた。)

温暖化の議論は終わったって? いい加減にしてくれないか? ABCnews


クライメイト・ゲート事件(ClimateGate)/地球温暖化詐欺-グレン・ベック



もうそろそろ、大手マスメディアであろうがなかろうが、無責任なテレビ局は一旦お引き取り願って、もう一度業界全体を再構築すべきだろう。「地上デジタル化」以前にそもそも番組内容を作る業界の構造改革を行う方が先だろう。もう一度、テレビ局1つ1つを正確に分析して許認可を精査すべきだろう。一旦CIA電通の配下から追い出し、より公正なメディアにすべく再構築すべきですナ。

もはや日本社会は、まともな国の体を成していない。亡国とはまさにこういう国のことを指す言葉ですナ。


ついでに、ここからは私個人の妄想のようなものだから、適当にスルーして欲しいが、その理由は、やはり日本の芸能界や日本のマスメディアの大半が「在日朝鮮人/韓国人」が占めていることだろう。もはや日本人の芸能界でも、日本人のマスメディアでもないのである。所ジョージもみのもんたもさんまもたけしも日本人ではないのかもしれないのである。それなら上の現象も実に良く理解できる。なぜなら、番組のネタは日本人の悲惨な事件でも自分には無関係、所詮は在日朝鮮人/韓国人の番組のためのものだから、というわけである。

また面白い事に、どうやら例のマイケル・グリーンという「ジャパンハンドラー」は「韓国・日本担当」という。日本人はこの人は日本専門と思っているようだが、本家アメリカのイルミナティーNWO側では、「韓国も日本も同一だ」と見ているということである。ここに、最近の日本の政治問題を考える上での重要なヒントが隠されているように見える。

そもそもなぜあれだけ日本人がワールドカップサッカーの日本開催を願ったのに、同時に韓国人も韓国開催を願ったのに、「日韓同時開催」となったのか? どうして「ワールドカップ日韓大会」となったのか? 思いだしてみよう。 

ここに欧米のNWOやネオコン(ネオナチ)の人々の認識においては、日本人も朝鮮人も韓国人もないということである。所詮はほとんど同じ血筋のアジア人の一派としか見ていないのである。ここに、我々日本人の認識と、彼らの認識の間には温度差がある、ということだろう。我々が日本人を意識するほど、彼ら西洋人は意識していないのである。

そんな風に考えると、マイケル・グリーンやジェラルド・カーティスなどの「ジャパンハンドラー」や米軍やCIAが、日本の社会的リーダーが在日朝鮮人の孫正義であろうが、創価学会のソンテジャク(池田大作)であろうが、なかろうが、何でも良いという感じである事が理解できるのである。


おまけ:
創価学会の息のかかった企業リスト一覧
これを見ると、日本の大企業の大半、日本のビッグスターやビッグタレントの大半が在日朝鮮人であると分かる。まあ、私は調査していないから知らないが、湯川秀樹博士が在日朝鮮人であったという説があるくらいだから、日本の大学教授や科学者の大半も在日朝鮮人/韓国人であったり、創価学会信者であるというような可能性もあるだろう。どっちにせよ、この国がなくなってしまえば、だれにとっても同じ事だからですナ。まあ、俺にはどうでもいいことだがネ。

  by Kikidoblog | 2010-11-05 19:09 | マスゴミ

日本人イルミナティーの時代!?:すでに侵入済みだった!

みなさん、こんにちは。

いまや世界中が「イルミナティー劇場」の観ありの様相を呈して来た。そんな中どうやら日本の政治家にも正真正銘のイルミナティーが仕込まれて来ている事が分かった。今回はこれをメモしておこう。

まず、アメリカのイルミナティーの組織とは何か? それには 有名な「CFR(外交問題評議会)」、「ビルダーバーグ会議」、「300人委員会」などがある。最初のCFRは、「影のアメリカ政府」と呼ばれる。「ビルダーバーグ会議」は、「影の政界政府」と言われている。こういうことは今や世界中によく知れ渡っているため、ここで説明する必要はない。

同様に、日本人に関与するものとしては、「日米欧三極委員会」がイルミナティー組織として有名である。これが経団連より上の「影の日本政府」と考えられている。

さて、どうやら日本人の政治家の中にこのCFRのメンバーが存在したようである。それが民主党の長島昭久
日本人イルミナティーの時代!?:すでに侵入済みだった!_e0171614_21464233.jpg

である。正真正銘の日本人イルミナティーである。
念願の首都ワシントンDCへ。国際関係論で有名なジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で修士号取得。
とくに、カーター政権の安全保障担当大統領補佐官だったズビグニュー・ブレジンスキー教授のセミナーでAを取ったのが勲章。
論文「安全保障のビッグバン」で読売論壇新人賞の最優秀賞を受賞し、論壇デビュー。
米外交問題評議会で日本人初の上席研究員(アジア政策担当)に。97年夏から日本人初の研究員として外交問題評議会の「朝鮮半島和平構想」プロジェクトに参画。
そこで、マイケル・グリーン氏(元NSC日本・韓国部長)やリチャード・アーミテイジ氏(元国務副長官)らに知己を得ることに。
そのほか、ワシントンでの5年間に、アメリカ政・官・学界で出会った多くの友人たちは貴重な財産です。
しかし、この10年、国際社会でみるみる存在感を失う祖国日本の衰退に、やもたてもたまらなくなって…!

このことから、民主党が菅直人政権になり、急速に小泉/竹中の自民党路線に回帰し始めたのは、この人物あたりにヒントがありそうである。要注意人物である。

さて、最近このお仲間が討論を行ったようである。以下のものである。
日本人イルミナティーの時代!?:すでに侵入済みだった!_e0171614_21345097.gif

(この人たちの目つきには似た感じがあるだろう。ちょっと目が開き気味。これが何らかの洗脳を受けた人の特徴であるとデービッド・アイクは常々述べて来た。)

これは、時事通信発行である。以前紹介したように、日本に情報を提供する元締めは、電通であり、そこから時事通信と共同通信を通じて日本全国へ発信されると考えられる。両方ともイルミナティーNWOの広報と見られている。
日本のマスゴミの支配相関図:ハブはやはり電通だった!!

問題は、この討論の4人は政党がそれぞれ異なるが、経歴を見るとみな共通のものがあるという点である。英米の大学/大学院などを卒業ないしは留学し、しっかりイルミナティー教育を受けて来ているのである。
民主党の長島昭久氏は、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)とバンダービルト大学研究員。
自民党の林芳正氏は、ハーバード大学政治学大学院特別研究生。
公明党の遠山清彦氏は、英国ブラッドフォード大学大学院留学。
みんなの党の浅尾慶一郎氏は、スタンフォード大学大学院終了。世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出。

とまあ、こんな案配である。

この人たちが日本の若手政治家として今後の日本の政治を任されつつあるわけだが、これを見て明らかなように、みな同じ穴のむじな、正真正銘のイルミナティーサイドの政治家である。欧米のイルミナティーNWOの魔の手はこのようにすでに日本のすべての政党に「侵入」していたというわけである。どっちへ転んでも日本人の未来はない。

いやはや、世も末ですナ。

  by Kikidoblog | 2010-11-04 22:12 | 反日・在日の陰謀

「音楽差益」で儲ける日本の音楽界?:日本人なら恥じるだろうナア!

みなさん、こんにちは。

いやー、おまけにつけた以下のものは実に良く出来ている。あまりに面白いのでそれだけピックアップしておこう。

飯島愛 自殺+小室哲哉逮捕の真相 紅白歌合戦2008とレコード大賞2008

(真相のほうはさっぱり分からないのだが?)

その昔の日本の学者は、英語の読み書きできるものがいなかった。また、外国の研究雑誌や書籍は高すぎて買う事が出来なかった。だから、昔の日本の学者の中には、自分の頭を振り絞って考えて何か新しい事を生み出すということを行うよりは、むしろ外国の研究や本を「翻訳」してその内容を日本に紹介し、その研究や本の翻訳者や解説者となったのである。そしてその筋の専門家としてしたり顔をするものが多かったのである。

言い換えれば、金融のロスチャイルドやロックフェラーが世界の国々の金利の差や相場の差をうまく利用して「為替差益」で儲けたのと同様に、「日本と欧米の科学差益」で儲けたのである。

上のものを見ると、エイベックスのやっていることはまさしくそれである。英語の歌は日本人は聞き取れない。だから、英語の歌手のやっていることをそっくりそのまま日本人で真似て売りさばく。オリジナリティーゼロ。

その昔の学者は、そうやって「科学差益」だけで生きているものは馬鹿にされる時代に入ったのである。というのも、日本人にもそれなりに努力してそれなりにオリジナリティーの高い研究を行うものが出るようになったからである。しかしながら、いわゆる人文系や経済学系にはいまだに「学問差益」で生きているものが多い。もちろん、まだまだ科学者の中にも多々生き残っている。

日本の芸能界・音楽界は未だにオリジナリティーのない、その昔の日本の学者の世界のような時代を生きているわけである。これを恥と感じるか、そうでないか、は議論の分かれるところだろうが。日本人はふつうは恥じ入るはずである。金のためなら何でもありという発想はやはり日本人のものではないということだろう。

  by Kikidoblog | 2010-11-02 17:49 | マスゴミ

刀のない侍:故石井紘基議員刺殺事件に今の日本のすべてがある!

みなさん、こんにちは。

さて、今回は私個人の妄想のようなものである。良い子の皆さんは適当にスルーしてくださいヨ。


人という生き物は状態空間の中を生きている。それは脳の状態空間である。普通はその中の定常な比較的穏やかな世界をさまよっている。この空間のすぐ隣にはもっと野性的で肉食的な世界も存在するが、普通その2つの間に大きな障壁となる壁が存在し、隣の世界を知らずに住んでいる。

ところが、ある時、その壁を乗り越えてしまうことがある。すると、これまで全く見えて来なかった世界が突然見え出すのである。善が悪に変わり、悪が善に変わる。裏が表となり、表が裏となる。上が下となり、下が上となる。右が左となり、左が右となる。主従が逆転する。すべてが180度ひっくり返る。これが1つのアルタードステート(変成意識)である。

このアルタードステートにどうやったら行き着くか? これはまだよくわかっていないようだが、インディオのキノコやら、LSDやらの麻薬によって行き着いた人がいる。あるいは、脳梗塞や脳出血で左脳が破壊され一切が右脳だけの活動となった時にその世界を旅したという人もいる。あるいは、インドのヒンドゥの高層のように瞑想によって左脳を抑え右脳の世界に飛び立つ事を修業により会得したという人もいる。

それはともかく、われわれたいした才能もない普通人でも一種のアルタードステートに行き着く事がある。人が強烈な怒りに接する時である。強烈な怒りを覚えた時、人は意外に容易に普通の価値観を捨て去り、もう一つの世界に入る。まったく勇気のなかった若者も、一気に戦闘の勇者へと変わる。農民が侍となる。怒りは時としてそんなことを起こす力が存在するのである。

したがって、この意味の「怒り」を感じない羊のような人間には、そもそも勇気や真実のある世界は見えて来ない。それゆえ、20世紀の偉大な作家の多くも「怒りのぶどう」のように怒りを表現して来たわけである。正当なる怒りなくして真実は得られないのである。

そんな「怒り」を感じ、自ら日本社会の巨悪に挑戦した強者、侍がいた。故石井紘基議員(民主党)である。いくら侍であったとしても、日本には「銃刀法」という法律があるため、侍でも帯刀は許されていない(ちまたで、サムライジャパン、などとサムライ、サムライというが、刀を持つことを許された武士がサムライだったのだから、武器を持たない人間はいくら強くてもサムライとは呼べないはずである。サムライの定義に矛盾があるわけだ)。それゆえ、刀を持つ暴漢に襲われたら一貫の終わりである。正当防衛すら実現できないのである。石井議員も例外ではなかった。違法な奴は武器を持て、法を守るものはすでで戦わなくてはならない。 これが今の日本のすべてを表象していると私は見ている。

この意味で、故石井紘基議員の事件は実に興味深い内容を持っている。今回はこれをここにもメモしておこう。以下のものである。

石井紘基議員刺殺の真相 1/2

(この番組で取材された内容とこの事件の裁判に現在の裁判のすべての前兆が出ていますナ。途中今総理大臣になった菅直人氏も登場するが、すでにこの頃にはあっち側の人間だったような気配がみえますナ。)

石井紘基議員刺殺の真相 2/2

(この中の殺人者の言葉に、この手の人間の典型的な考え方が出ている。自分への依頼者のことが一番であり、そいつに泥を塗るとか、異様に依頼者への忠誠にこだわる。その一方で殺された人の顔に泥を塗るとか、その家族に泥を塗るとか、真相解明を待っていた国民の顔に泥を塗る。こういう発想がない。要するに、洗脳されているわけですナ。その洗脳を解かないとまた同じ事をやるだろうヨ。)

1-5 『日本病』の正体 石井紘基の見た風景

(ここから5まで見る事が出来る。)


いやはや、もはや世も末ですナ。



おまけ:
飯島愛 自殺+小室哲哉逮捕の真相 紅白歌合戦2008とレコード大賞2008

(パクリ(盗作)だらけの音楽に著作権など存在しないはずなのだがナ? 盗作音楽作品の著作権はゼロにすべきである。つけくわえると、今の理論物理学の手法をちょっと応用すれば、盗作メロディーは全部検出できるんですナ。「盗作検出器」が作れるわけですナ。もっとも基本アイデアは理論物理にあるわけだから、この「盗作検出器」もまた盗作ということになりかねないがネ。いずれにせよ、「海賊版」や「盗作版」などの定義をはっきりしないといけない時代に入ったということである。)

川田亜子 自殺の真相

(芸能界を闊歩する変態妖怪がおるらしいゾ。ゲゲゲの鬼太郎の出陣じゃ! こういう奴には、YYXとなっている可能性がある。かっこうの遺伝子研究材料なのかもしれない。)

本当のワルは政治家である
石井紘基議員刺殺事件は整理回収機構の不正解明が原因との記事

  by Kikidoblog | 2010-11-02 10:52 | 反日・在日の陰謀

メルケル首相、通貨不正操作でバーナンキとガイトナーを告訴!?:日銀も不正操作に関与か?

みなさん、こんにちは。

いやはや、アズマヒカル氏の「ロストワールド Season2.3」にある、以下の記事は実に興味深い。

手に負えない連邦準備制度理事会
この元記事は、アメリカのおそらくユダヤ人である、独立系記者Tom Heneghan氏
メルケル首相、通貨不正操作でバーナンキとガイトナーを告訴!?:日銀も不正操作に関与か?_e0171614_1442781.jpg

のものである。
Federal Reserve-Gate is Now Citibank TerrorGate

この記事の内容を簡単に言えば、ドイツのメルケル首相
メルケル首相、通貨不正操作でバーナンキとガイトナーを告訴!?:日銀も不正操作に関与か?_e0171614_1492868.jpg

(メルケル首相は、アドルフ・ヒトラーの娘ではないかと目されている。アンゲラ・メルケルはヒトラーの娘か?
メルケル首相、通貨不正操作でバーナンキとガイトナーを告訴!?:日銀も不正操作に関与か?_e0171614_14103787.jpg

が、アメリカのNWOネオコンイルミナティーグループのガイトナーとバーナンキ
メルケル首相、通貨不正操作でバーナンキとガイトナーを告訴!?:日銀も不正操作に関与か?_e0171614_14105412.jpg

を「ユーロ通貨の露骨な不正操作」で訴えた、というものである。

その記事にはこうある。
現在メルケルは、別名:有名な犯罪証券会社ゴールドマン・サックス銀行とニューヨーク・メロン銀行(ウォーレン・バフェットのバークシア・ハサウェイ社だけでなく)によって握らされた外貨デリバティブのために、ガイトナーとバーナンキをユーロ通貨の露骨な不正操作で訴えました。

メルケルはベルギーのブリュッセルでヨーロッパのインターポールによって供給された『動かぬ証拠』をG20で提示しました。それはベルギーのガイトナーとバーナンキの米国連邦準備制度理事会が使い古した秘密のオフショア・ヘッジファンドで別名:夜通し外国為替でゴールドマンサックスのシンガポール支店、オーストラリア支店、ドバイ支店に何億ものドルと日本円をつぎ込んで命令で、金と石油の先物取引価格を引き上げるのと同時に、その一方で米ドルに対するユーロ通貨の価値を人工的に上げて外国の為替相場をコントロールしました。


問題は、この記事の次の部分である。
この金融ブラック・オペレーションのタイトルは『トイレに流す』(米国通貨の価値を下げる策略)です。それは日本中央銀行によって許可されました。そして、WEBオーダー・エントリーの形式を利用したので前記の取引プラットホームを『高周波取引』と呼びました。この高度なテクノロジー(それは有名なMIS推進ソフトウェア技術でスピン・オフ(管理人注:デリバティブの副産物の意味)から高い利益を産みます。)は、犯罪の証券会社ゴールドマン・サックスとニューヨーク・メロン銀行と共に、連邦準備制度理事会がすべての電子通貨の取引注文で3~5秒のリードタイムを得るのを可能にしました。

疑わしいテロ脅迫の24時間の電撃戦によって、他の世界の国々と同調して、この金融ブラック・オペレーションにより、社会をコントロールしたファシスト、強奪者にフレンドリーな米国メディア(それは米国民を攻撃しました)も認めたのです。

ここに明確に、日本銀行がこの裏取引に同調し、不正操作を許可した、というのである。要するに、国際的裏取引の通貨操作に日本銀行が参加していた、ということである。

もしこれが事実であれば、日本銀行のだれがそれを許可したのか?、ということである。これはあきらかなる法律違反なのだから、この日本銀行の総裁を国会へ招致して、証人喚問すべきである。おそらく、白川総裁
メルケル首相、通貨不正操作でバーナンキとガイトナーを告訴!?:日銀も不正操作に関与か?_e0171614_14313662.jpg

だろう。

日本人が最悪の円高不況で困っている時に、日銀はアメリカとつるんで、ドル安作戦に協力していたということである。これは、国民への裏切り行為である。円高防止のためと称して何兆円もつぎ込んで、それで円高にしていたわけですナ。日銀もアメリカの言うなりですナ。白川総裁がこれを暴露したら、まず生きていられないのでしょうナア。

ちなみに、日本のマスゴミもこんな話題は絶対に取り上げる事はないと忠告しておこう。なぜなら、言うまでもなく、あっちサイドの味方だからである。マスゴミも、表向きには一般人のB層の前で、円高不況、円高不況で困るなどと言っているが、その裏ではしっかりNWOイルミナティー側や政府側、権力側のよいしょをしているからだ。マスゴミには円高メリットはあってもあまりデメリットはないからだろう。

  by Kikidoblog | 2010-11-01 14:24 | ホワイトナイト・一斉逮捕

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE