人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧

 

「Divina Insidia」:銀行家の悪魔的な債務詐欺商売を暴く小説!

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手を借りたいほどである。

いやー、何事もなく、無事に今日を見ることが出来て良かった。良かったというところですナ。今のところ地球上のどこかに隕石が落下したという話はないようである。

どうやら、例の「エレニン彗星」の”残骸”どもは、地球最接近日の昨日無事に通り過ぎて行ったものと思われる。もし先週末アメリカの「地下都市」に待避して、なりを潜めていた政治家どもがいたとすれば、連中はひょこひょこ顔を出して来るにちがいない。


さて、最近「さてはてメモ帳」に出ていた、ユダヤ人ヘンリー・メイコー博士(この人は良いユダヤ人)の記事は興味深い。以下のものである。
銀行家の小説中で暴露された悪魔的な債務詐欺商売 by Henry Makow Ph.D.
「Divina Insidia」:銀行家の悪魔的な債務詐欺商売を暴く小説!_e0171614_11375137.jpg

長いので、興味のある人は、そちらを呼んでもらい、ここでは、この小説「Divina Insidia」の著者のインタビューをYouTubeで見つけたので、それをここにメモしておこう。以下のものである。

Divina Insidia - Pascal Roussel - English subtitles

これは、英語字幕を日本語に変換可能。

フランス語の堪能の人はこれ。
Pascal Roussel sur l'affaire DSK


この小説は、ヘンリー・メイコー博士の話にあるように、インサイダーであるロスチャイルドの男が、何も知らない女性を世界中のさまざまな「秘密結社」などのインサイドを一緒に旅して紹介しつつ、この現実の西洋世界の「裏社会」を暴露して行くというものらしい。

そこで出て来るものは、すでに俗にいう「陰謀論」や「陰謀暴露論」の世界ではかなり周知となったものである。ビルダーバーグ会議、フリーメーソン、寡占ファミリー、悪魔主義カルト組織などなど。ジョン・コールマン博士やデービッド・アイク、太田龍、アレックス・ジョーンズ、ジョン・ノーリーなどなどによって1990年代後半からこの20年の間にやっと日の目を見るようになった内容である。

そこで、1つの素朴な疑問は、ひと昔前、と言っても、ちょっと前までは、こういう話、すなわち、インサイダーを暴露する話を話題にしたり、本に書いたりした場合には、その著者はあまり長生きできなかった。つまり、ジャッカルに命を狙われたのである。しかし、それが最近ではあまりそういう話を聞かなくなったが、それはなぜか? という疑問である。

真偽のほどは分からないが、やはり「ホワイトドラゴンソサエティー(WDS、白龍会)」のような大掛かりな世界的反ロスチャイルド/ロックフェラー組織の活躍があるのだろうか? その辺り、私のような個人にはまったく分からない。

しかしながら、最近の白龍会の活躍には目覚ましいものがある。最近では、ベンジャミン・フルフォード氏のサイトにあるように、ロスチャイルド家が白龍会に莫大なお金をやるから手を引けと言ったという話があるようである。
Rothschild family offers White Dragon Society $25 trillion to “go away.”

The high level banksters known as the Rothschild family offered the White Dragon Society $25 trillion to “go away.” When the WDS representative said “can you make it $50 trillion?,” they answered, without hesitation, “sure whatever you want.” The problem is the WDS cannot accept either stolen money or money that was fraudulently created. In any case, the Rothschilds and the Bush crime syndicate are just playing for time because they are both still trying to start WW3. Israel has been given the green light by Obama gang boss Rahm Emmanuel to attack Iran. Bush/Rothschild agent Ahmadinejad will then be given the green light to destroy most of Israel, according to high level Pentagon sources. They hope this tragic course of events would then set off their Gog/Magog fake end times scenario. The Israeli people need to prevent this insanity ASAP by removing the gangster Benjamin Netanyahu from power.

まあ、「お前に金をやる」と言っても、「パソコンから口座に数字を書き込むだけ」のことだから、こんなことはどこのだれにもできる。要は、そういう「「アクセス権」を所有する立場にあるかないかだけの違い」である。それゆえ、不正にハッキングされたら、お金は動いてしまうが、それは単なる何桁かの数字情報にすぎない。だから実際には、「この地球上、この宇宙では何も生産されていない」のである。むしろ、エネルギー消費した分だけ、この宇宙からエントロピー増大しただけのことである。これが「金融」というものの秘密である。

我々がしたいことはこれまでこの世界になかった知識や物事、そしてこの世界をより良くするものなどの真に新しいものを生み出すことである。しかし、「金融」という概念は、元来「死んだもの」、「物」の取引を前提にしているために、物や自然の破壊をどうしても必要とする。それゆえ、金融が発展すればするほど、世界は破壊されてしまうという宿命を持っている。共産主義であろうが資本主義であろうが同じことである。

おそらく、金という概念を「無機物」である金銀財宝などに求めた瞬間から、この宿命からは逃れられなかったのだろう。しかし、古代の日本のように、米を通貨にしていれば、農産物には消費期限があるように、その通貨にもまた消費期限、すなわち寿命があることになり、それを独占するという意味がなくなるのである。

電子通貨はパソコン内の記憶素子の中にストアされる情報でしかないが、それがほぼ100%未来永劫に残るとすれば、それはそれは金融を制したものが金融界で勝つのが当たり前だろう。

  by kikidoblog | 2011-10-18 12:49 | コンスピラシー

吹き荒れる警察国家パワー!:「自由の女神のアメリカ合衆国は終焉している」

みなさん、こんにちは。

いやはや、これを見れば「自由の国アメリカ」は存在しないことは明白である。
警官に逮捕されるNYデモの過激な映像(^_^;)


NYPD White Shirt KO's a Protester at Today's March 10/14/11

コロンブス遺伝子健在ですナ!それにしてもこの白い服の警官は凶暴だナ。


もっともそんなものは建国の最初から存在しなかったのだが、一つの政治的切り札として作り出した「神話」に過ぎなかったわけである。それが、見事に証明されている。

このYouTube番組の映像を見れば、「NY警察」や現在のアメリカの警察というものがどんなものかよくわかるだろう。「911」の時の親切で勇敢な「消防士」のアメリカ人たちとはまったく異なり、何もしていない一般市民を平気でなぎ倒し、首根っこに膝を立て(弱い人間なら首がへし折れる)、1人に数人掛かりで襲いかかる、「白人」文化の継承者である。

こんなアメリカに嫌気がさして海外に逃げてしまったアメリカ人も多い。

日本には、ビル・トッテン氏やら、ベンジャミン・フルフォード氏やら、ドナルド・キーン氏などがすでに帰化して日本人になっている。彼らはもともとはユダヤ人だから、同じユダヤ人の中でもさすがに今のNWOの「警察国家アメリカ」には嫌気がさしたようである。

そのビル・トッテン氏は最近こんなことを言っているとか。
日本は掠奪国家アメリカを棄てよ グローバリゼーションも共同幻想も必要ない ビル・トッテン
吹き荒れる警察国家パワー!:「自由の女神のアメリカ合衆国は終焉している」_e0171614_16585136.jpg


さらには、カナダで何十年も大学教授をしていた、理論物理学者の藤永茂博士もいまではこんなことを言っている。
残酷アメリカ

 実際、門外漢の私は、アメリカという国の建国以来の実に一貫した残忍性を自分に確信させるのに、これまで半世紀を要しました。ジョナサン・シェルのようなアメリカを代表するジャーナリストの一人にして、アメリカ史についてのこの認識の甘さ、これこそアメリカの悲劇です


また、同じ白人である、旧ソ連軍は終戦直後の「8月9日」に朝鮮半島でこんなことをしてくれた。
8月9日のソ連軍侵攻で起こったこと
吹き荒れる警察国家パワー!:「自由の女神のアメリカ合衆国は終焉している」_e0171614_1781142.jpg



これらを見て分かることは、いまや「NWOの本当の姿」は、アメリカがヨーロッパの白人によって見つかってしまった頃の白人たちの姿である。要するに、「先祖帰り」である。「先祖帰りの時代」がいままさにアメリカ合衆国でも、どこでもヨーロッパ人の国々で起こり始めていることなのである。

日本の武田博士は、これを「現代のコペルニクス」の中でこういった。
「白人は人間ではない」


納税者である自国民を警棒で襲い、老若男女の関係なく、右手でグーパンチをお見舞いし、道路に押さえ込む。もはや人間とは言えないだろう。しかしながら、彼らの顔を見ていると、なぜかたいへんうれしそうである。恍惚とした表情のものまでいる。いやはや、困ったものですナ。

もはや「自由の女神のアメリカ合衆国は終焉している」のである。明日は我が身か?
くわばら、くわばら。


おまけ:
ついでに付け加えておくと、最近どうして世界中で「デモ」が吹き荒れているのか?という問題があるが、そしてこの運動を裏で資金援助しているのが、ソロスとかロスチャイルドだと言われているが、おそらくその理由は、「警察国家への予行演習」だろうというのが、私の個人的見解である。民衆をデモに駆り立てる度に、それに乗じて、警察組織を大きくし、来るべき時の準備をしているのである。

これは、アメリカ軍が「311」で崩壊した福島原発の放射能飛散事故に乗じて、来るべき「第三次世界大戦(全面核戦争)」のための非常に良い訓練になったといっていたが、それと非常に似た状況であるということである。

まあ、一種の将来的シミュレーションをやっているというわけですナ。そして、時期が来たら、今度は本気で一気に警察国家を作り上げる。まあ、そんなところだろうヨ。


おまけ:
消えてゆく国家、「ユダヤアナーキズム支配」の始まり その2

私たちは、こうした計画に利用されないよう、
ささやかな抵抗と批判を続けてゆこうではないか。

それが、真の人間の生きるべき途、
真の自由であると、
私は思っている。

アナーキズムのような、
ルール無用の自由は、
サタンが目指す自由であって、
理性ある真の人間は、
他人のものを奪ったり、
殺したりしないものである。

  by kikidoblog | 2011-10-17 17:17 | コンスピラシー

「エレニン彗星最接近の日」:ついにマレー博士の「予言の日」がやって来た!

みなさん、こんにちは。

いやー、ついにマレー博士の「予言の日」が来てしまった。この情報の真偽のほどはまったく分からないが、今日の午後5時から9時頃に「小さな街」の大きさの隕石が地球に衝突するかもしれないというのである。太平洋に落ちれば、悲惨な状況になるという。しかし、もし大気をかすめるだけなら、以前アメリカのユタ州で目撃されたような状況になるだろう。以下のものである。

Meteor crossing western states, 11/18/09: Utah News Report KSL


はたして本当に世界のエリートさんたちは「秘密の地下都市」に逃げているのだろうか?
日本の天皇家がどこかに雲隠れしただろうか?


今回の「小さな街ほどの大きさ」の隕石は、どうやら例の「エレニン彗星」に随伴されて来た隕石か、そのエレニン彗星が部分的に崩壊した結果できたものであるという説もある。以下のものである。

Debris of 'Doomsday' Comet Elenin to Pass by Earth Sunday

その理由とは?

このエレニン彗星が「今日地球にもっとも接近するからだ」ということである。要するに、今日10月17日が「エレニン彗星の最接近日」なのである。
巨大地震は2011年秋やって来る!? アメリカの霊能者、エレニン彗星の位置から予測【字幕動画】

2011年10月17日
「エレニン彗星最接近の日」:ついにマレー博士の「予言の日」がやって来た!_e0171614_10121923.png


したがって、もしこの「エレニン彗星」がいくつかの隕石集団、隕石の群れの集まり

「エレニン彗星最接近の日」:ついにマレー博士の「予言の日」がやって来た!_e0171614_1015549.jpg

に変わっていたとしたら、その中のどれかが地球に向い激突する可能性があるというものである。

はたしてエレニン彗星の残骸は地球に衝突するだろうか?
この未曾有の天体現象を見ることになるのだろうか?

それにしても近年、かなり大きなサイズの隕石が地球に降り注いでいる。この理由は何なのだろうか?

私の個人的妄想、憶測では、やはり「ニビル」、すなわち「惑星X」が近づいてきていることの証明ではないのか?と見ているというわけである。

かつてゼカリア・シッチン博士が説明したように、惑星ニビルの惑星(=月)がティアマト(火星の外の小惑星帯を廻っていた)に衝突して、半分が地球になり、一部が小惑星帯となり、残りが宇宙に吹き飛ばされたという。

「エレニン彗星最接近の日」:ついにマレー博士の「予言の日」がやって来た!_e0171614_10215265.gif

この時に宇宙へ飛ばされたティアマトの残骸は、隕石や彗星の基になる物体として、ニビルとほぼ同じ気道を廻っている可能性がある。それも衝突して前方に存在するわけだから、常にニビルを先導する形で動いているわけである。

したがって、もしこのシッチン説が正しければ、惑星ニビルが接近する時にはかならず無数の隕石や彗星が近づいて来るはずである。

今まさに我々はこれを見ているのではないか?というのが、私の個人的印象というわけである。

はたして真実はどういうものか?

自分の目で確かめることの出来る観測機器か必要である。

明日が来ることを祈ろう。グッドラック!

  by kikidoblog | 2011-10-17 10:28 | エレニン彗星

「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?

カルマ(因果応報)
「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_13493253.jpg


みなさん、こんにちは。

次はこれ。そう「タイムマシン特許」である。ついにアメリカで「タイムマシン」の特許を取得した男が出て来たのである。Mabuhay氏の集めた情報にそれとなくあったので、うっかりして見逃すところだった。以下のものである。
タイムマシンの特許
元記事:U.S. Scientist Patents Time Machine

最近なぜかちょっとブログ熱が冷め気味です・・・

どうせ誰も信じないような記事ですが、タイムマシンの特許はどうやら2006年に取得されていたようです。

タイムマシンの特許は、オクラホマのマービン・B・ Pohlman 博士によって合衆国特許商標局にファイルされました。

特許の概要
「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_13371884.jpg

「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_1337217.jpg


上記博士の著書

合衆国の科学者がタイムマシンの特許を取ります
「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_1337495.jpg


記事後半では2034年にゼネラルエ・レクトリック社(GE)が米国陸軍のために作ったタイムマシン『C204』を公開し、西暦2000年に未来から現れたジョンタイターに言及。

タイターは当時まだ起きていないイラク戦争とニューヨーク(911)のような攻撃をほのめかした・・・

タイターは彼のマシンモデル C204 重力わい曲時間転置ユニット(GDTDU)、がスイスの CERN によって作られたミニブラックホールによって電力を供給されたと主張しました。

「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_1339439.jpg


タイターは、若干の写真を公表することによって、科学者らの希望通りに、ペンレーザー光線がどうブラックホールのパワー源によって発散された重力波によって曲げているかを実演して説明しました。

懐疑的ではありましたが、グループの多くがそれに感銘を受けました・・・

C204 GDTDU の米国陸軍発行のマニュアル
「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_13393281.jpg


GE C204 GDTDU マシン
「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_13393819.jpg


フロリダの家の実物写真
「タイムマシンの特許」なる!:ついにタイムマシン製作の秘密が公開された!?_e0171614_13394590.jpg


いやー、この記事は実に面白い。そこで、本当にこの「マービン・B・ Pohlman 博士」(Marvin B. Pohlman)が存在するのかと調べてみると、やはり実在の人物である。博士のことを収集したサイトを見つけたのでメモしておこう。以下のものである。

Marvin B. Pohlman TALESFROMTHELOU'S BLOG

さて、問題の特許とは何か? 以下のものである。ここから全文をダウンロードできる。これを解読すれば、密かにタイムマシンを自前で作ることが出来るヨ!

Method of gravity distortion and time displacement Marlin B. Pohlman

これを理解し、解読でき、さらには自分でタイムマシンを作ろうという強者が出て来るかどうかは分からないが、いまやタイムマシンを作り出して、「311」以前の日本に戻り、そこで「仁」の主人公のように、「歴史を変えて来る」ほか、福島原発を元に戻す方法はないだろう。

その意味では、実にタイムリーな記事である。Mabuhay氏に感謝しよう。


ところで、この記事では、例の「タイムトラベラー」の「ジョン・タイター」と、このマービン・B・ Pohlman 博士が同一人物ではないのか?という疑念が書かれているが、むしろ私はこの「マービン・B・ Pohlman 博士」と、「ウィングメーカー」のACIOのボス「フィフティーン」の方との類似に着目したい。なぜか、マービン・B・ Pohlman 博士の経歴が「フィフティーン」と似ているように感じるのである。

メンサのメンバーというが、このメンサというのは、知能指数140以上でないと入れないとかいうような天才的頭脳の持ち主の集まる秘密組織である。フィフティーン氏は、ETの知能開発テクノロジーの世界最初の被験者であり、普通の知能の500%アップを施された人物であると言う。もしそうなら、メンサにはIQ500で楽々パスできるからである。

どうやら脳のある部分に刺激を加えると、知能が一瞬にしてアップするという座(場所)があるらしい。ACIOのクリアランス12以上の人々はすべてこの知能増強を受けるというのである。この方法の結果、知能増強したメンバーには、「フラッシュメモリー」のように、物事が何でも瞬時に大量の情報を処理できるようになるのだという話である。そんな連中が総出で「タイムマシン研究」しているという組織がACIOであるという。

タイムマシンもさることながら、この知能増強テクノロジーも是非とも欲しいところですナ。さもなくば、永久に福島第一の放射能除去はできるはずがないからである。東電のバカどもをみんな天才にしないことにはらちがあかんというわけですナ。

  by kikidoblog | 2011-10-15 14:03 | タイムマシン

D・ロックフェラーが「大量虐殺の罪で指名手配」?:「ワクチンビジネスの罪」とか!?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。最近では、メモしたい話題が多すぎて、その中の特別なものしか書き込む時間がない。そんなわけで、メモしておきたいことはたくさんあるのだが、その中のいくつかしかメモできないというわけですナ。

もっとも数年前から私はこうした「風雲急を告げそうな話題」(つまり、世界中の「危ない話」や「陰謀暴露論」など)を集めてメモして来たのだが、当初は人々からは鼻から相手にされず、「あの人はおかしくなったようだ」というように感じたらしい。しかし、「311」以降、少しは状況が変わってきたようである。要するに、現実には「私が変わった」のではなく、「世界が変わった」のである。したがって、急速に悪い方に変化しつつある世界の怪しい情報をメモして来たために、一見私が変わったかのように見えたに過ぎなかったということである。

さて、まずはこれ。「ワクチン」に関する話題である。この「ワクチンビジネス」

D・ロックフェラーが「大量虐殺の罪で指名手配」?:「ワクチンビジネスの罪」とか!?_e0171614_1323534.jpg

も、「原子炉ビジネス」と全く同じ構造を持っているのである。この際、良い機会なので、ついでに、今現在の「イルミナティー・ビジネス」(まあ、ロックフェラー/ロスチャイルドビジネスというものだが)がどうなっているのかをまとめてみるのも良いだろう。

だいたい以下のように見事な対応がつくのである。

分野   技術製品    推進企業        副作用、問題点
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
エネルギー  原子力      GE, アレバ、東電   放射能汚染、奇形児、発ガン
製薬     ワクチン     グラクソ        不妊、アレルギー、発ガン
       抗鬱剤(睡眠剤) イーライリリー     自殺、他殺
       抗ウィルス剤   ロシェ         異常行動、自殺、他殺
       アレルギー剤     チバガイギー     心臓発作、ショック
農業     遺伝子改変作物    モンサント      不妊、花粉飛散、特許料
牧畜     遺伝子改変動物    モンサント      不妊、異常成長
食品     人工甘味料      シーアル       不妊、脳障害、過食
       調味料(MSG)    味の素        頭痛、嘔吐、過食
       添加物(保存料)   ソルビン酸企業    発ガン、アレルギー
容器     透明プラスティック             不妊、発ガン
歯磨き    フッ素入り化合物   シーアル       不妊、歯の障害、脳障害
飲料水    フッ素        シーアル       骨の障害、知能遅れ
ハイテク機器 携帯電話、パソコン  アップル       脳腫瘍、発ガン 


まあ、私の記憶にある、おおまかなものはこんな感じだろう。興味のある人は自分で調べてみることをお勧めする。

GEはロックフェラー;アレバ、グラクソ、ロシェ、はロスチャイルド;モンサントは英王室;イーライリリーはブッシュ;シーアルはラムズフェルト;などというように、それぞれの世界の大企業の持ち主は、よく知られた連中なのである。もちろん、これらの一部の連中(イルミナティーとかNWOとか呼ばれている連中)が所有していると考えられているのである。そして、副作用や問題点を見れば明白なように、基本的目的は「異人種の人工削減、消滅」である。彼らは「浄化」と呼ぶ。こういう連中の会社が人々に良いことをするだろうか? まあ、それは無理というものである。

とまあ、こんな世界にすることが「グローバリゼーション」神話の行き着いた先であった。日本では大前研一が必死で1980年代にこれに加担したわけである。我々はそれにうまく乗せられたというわけですナ。

さて、そんな時代背景の中、面白いものを偶然見つけたので、それをメモしておこう。以下のものである。

WANTED FOR GENOCIDE
About twenty years ago my husband and I conducted enough research on Vaccines that we made the decision not to vaccinate our five children for anything. We trained to become Childbirth Educators and the little bits of information gleaned from the various books, articles, and research papers we studied were enough to convince us that the whole field of Vaccination was Hookum, and would prove toxic and deadly to our childrens brains and bodies.

グーグル翻訳:虐殺に対する指名手配

約20年前、夫と私は十分に我々は何のための私達の5人の子供が予防接種をしない決定をしたワクチンに関する研究を行った。 私たちは、出産の教育者になるために訓練され、我々が学んだ様々な書籍、記事、研究論文から収集した情報の少しビットは、予防接種の全フィールドがHookumであったことを納得させるのに十分であり、毒性および私達の子供の脳に致命的な証明だとボディ。

この中で、「虐殺に対する指名手配」されているのは、以下の人々。
デービッド・スペンサー博士(Dr. David Spencer)
デービッド・ロックフェラー(David Rochefeller)
ロイド・ブランクファイン(Lloyd Blankfein)
ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)
英女王(Queen)
アンソニー・ファウシ(Anthony Fauci)
モーティマー・ズッカーマン(Mortimer Zuckerman)
トーマス・グロサー(Thomas Glocer)

とまあ、そんなわけで、またまた「インフルエンザ・ビジネス」の時期にはいるから、どこかのおばかなおばさん予言者のように、「ワクチンが4000円から1000円になってうれしい」などという言説に騙されないようにしてほしいものですナ。

詳細は、ワクチンコンスピラシーにまとめている。

  by kikidoblog | 2011-10-15 12:52 | ワクチンコンスピラシー

「来週月曜日17時〜21時に隕石が地球に衝突するゾ!」:マレー博士のeメール!?

2011 Illuminati Predicts 11/11 Japan Disaster in the movie Knowing!!



みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。さらなる風雲、いや、隕石がこの地球に向って来ているらしい。いやー、これは正真正銘の恐怖ニュースである。きのうのエルヒエロ火山の噴火の可能性も相当な恐怖なら、こっちは人類存亡の危機である。それゆえここにもメモしておこう。ChemBlog氏の以下のものである。ただただ外れることを祈るのみである。

重要になる可能性のあるEメール

本日は、YouTube動画から信憑性がかなり怪しまれる内容の記事をご紹介します。
こういうのは殆どが当たりませんので、今回も恐らくはオオカミ少年で終わってしまうと思いますが、念のため注意して下さい。

ま、実際にこれが起きたなら注意しても何ともなりませんけどね。

Possible Important E mail

(これは即効で削除されたようだが、以下のものを見つけた。)



Possible Important E mail

重要になる可能性のあるEメール

私たちは、幾分意味ありげなある情報を含んだ、1通のEメールを受信した。

現時点では、この情報の裏付けは取れていないが、この人物の業績に照らし合わせてみると、彼のEメールにあるこの危険が迫っているというのも、根拠があると言えよう。

ブルース・C・マレー(Bruce C Murray)から送信された事をEメールは示している。

しかしこれもまた確認が出来ていない。

彼は、宇宙科学の名誉教授であり、ジェット推進研究所の所長を1976年4月1日から1982年6月30日まで務めている。

このEメールには、小さな街ほどの大きさの隕石の衝突に関する内容が記されている。

これは私たちが送信したEメールではなく、私たちはただ危険が迫っていることを知らせたいのだ。そしてこの転写は正真正銘の本物だ。

Eメールを読むには動画を一時停止してほしい。

「こんにちは、私がこれから話すのは極めて重要であるが故に、私の信頼性の確認から始めることが必要不可欠だ。

私の名は、ブルース・C・マレーだ。

私についてはここ
「来週月曜日17時〜21時に隕石が地球に衝突するゾ!」:マレー博士のeメール!?_e0171614_17283850.jpg

[Bruce C. Murray]

や、ここでも

[Bruce Murray]

確認可能だ。

小さな街ほどの大きさがある巨大な隕石が、非常に速い速度で地球に近付いている。SOHOのSTEREOマップに携わる人々は、それをはっきりと見ており、崩壊したその一部がちょうど先週、太陽に衝突したというのが事実だ。ここには、それに関して論じていた人々がおり、そのスレッドが立っていたのを私は憶えている。

これに関して、主要メディアは何も述べていない。人々はこの事を黙っているように言われているのだ!

私は、これがカテゴリ1に相当する絶滅規模の事象であることを確認している。これが太平洋を襲ったなら、巨大な津波が発生し、地球上の全ての呼吸する人間や哺乳類、そして植物の絶滅を引き起こす事象の引き金となるだろう。

米国時間の月曜日早朝から午前8時の時間帯のいつでも、それが衝突する可能性がある事から、当局者やエリート達は、今週末に地下(基地)へと向かうだろう。
そこで我々が警戒しているのは、米国時間午前4時〜午前8時の間の時間帯だ。(日本時間17時〜21時)

これは、信じようとする誰もが、信じる神が異なろうとも祈るための時間なのだ。祈る他に道はない。

来るべき物が来たのだ」。


どうやら、以前NASAの長官がNASAの職員に緊急メール:
Family/Personal Preparedness
を送ったという一大事があったが、その内容がこれなのだろう。

マレー博士が言うように、もはや「祈る他はない!」

もし隕石が来ているのなら、外れて欲しい。祈るのみ。願うのみですナ。

  by kikidoblog | 2011-10-14 17:41 | ミステリー

もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。あまりにいろいろのことが起こりすぎて、ETの手も借りたいほどである。そんな中、「東日本大震災」に匹敵するか、あるいはそれ以上かも知れない「大災害」の危険というものがあるらしい。それがアフリカ西海岸にある「カナリア諸島のエルヒエロ島」の火山爆発らしい。

まずは、カナリア諸島とはどこか? というと、アフリカの沿岸の西沖合いに位置する。

もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_12231286.jpg

もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_9505114.jpg

この諸島の最西端に位置するのが、エルヒエロ(el hierro)島である。
もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_9505556.jpg

もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_9505720.jpg

一説では、どうやらこの島が爆発して崩壊、その時に生まれた巨大津波が大西洋を横断して、アメリカ東海岸を襲う(ことになっている?)らしい。

なぜ(ことになっている?)のかというと、イルミナティーの邪悪の総本山と目されている、「セント・ジョン大聖堂」の柱に東海岸が大津波で滅ぶことが彫刻されているからである。
邪悪な場所−セント・ジョン大聖堂
もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_9561575.jpg

これはまさに「イルミナティーカード」の聖堂版のようなものである。

そんなわけだから、この筋の「陰謀暴露論者」たちは、カナリア諸島の不遜な動きに注目して来ているというわけである。そして、ついに「謎の胎動」が始まった。

この夏にそれまでまったく何の音沙汰も兆候もなかった、このカナリア諸島でついに「群発地震」が起こり始めたのである。
カナリア諸島での群発地震
More Than 720 Earthquakes Recorded On El Hierro In One Week
もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_1035838.jpg

1週間で700以上の群発地震が起こったのである。

そして、ついに「今後10日以内に噴火が起こるだろう」という予言めいたことをいう人まで現われた。そう、ビル・ディーグル博士である(ビル・ディーグル博士のサイト)。キャメロット・インタビューにもたびたび登場した有名な人である。

もうすぐ「米東海岸」に巨大津波の恐怖!?:カナリア諸島エルヒエロ火山が噴火??_e0171614_10105965.jpg

このインタビューの中では、ビル・ディーグル博士はこんなことも言っていた。
What’s the storm?

BD: Well, the best way to think is the Emory War College. And if you talk to people that work in the Marine-Army War College and other places, what they do is, they war-game it out. They have people that sit around big boardroom tables, and then what they do is, they put it into simulation computers.

They use Simula PL/1 and other languages that were actually developed for the military, and then they put it on their own super-computers and then they run through a number of simulations. So every war, every conflict, every national emergency, has already been scenarioed out.

People don't realize just how much computing power has been put into these things -- for everything from ET invasions, to a tsunami hitting the west coast, to Cumbre Viejo [Ed. Note: an island in the Canaries that could collapse and cause a tsunami on the East coast of the US], to a civil disruption because of an earthquake in the New Madrid fault in the Midwest. So basically everything's been simulated. There's a number of items.
(人々はいったいどれだけコンピュータパワーが使われて来たのか知らない−−宇宙人侵略から西海岸の津波、カンブレ・ヴィエホ(編集者注:カナリア諸島の島で、崩壊してアメリカ東海岸に津波を引き起こすと考えられている)や、中西部のニューマドリッド断層の地震のための市民破壊に至るまで。そんなふうにあらゆることがシミュレートされている。たくさんの研究課題があるのですな。)


このビル・ディーグル博士が、「10日以内に島が爆発するかもしれない」と言ったということらしい。それが以下のもの。
WATCH OUT EAST COASTERS! Dr Deagle guest says within one week canary Island to blow!


はたしてアメリカ東海岸に巨大津波が押し寄せるのはいつのことか? 
本当にエルヒエロ火山は噴火するのか?

そんなわけで、東部エスタブリッシュメントは密かに逃げ場所と食料を備蓄しているらしい、とこのYouTube番組では言っているようですナ。

もしこれが再びイルミナティーNWOの連中の計画で行われるとすれば、やはり「911」、「311」、「322」とか「117」とかの数字の組み合わせの日、それも「エレニン彗星」の直列とか、実に好都合な日が選ばれるということだろう。

例えば、こんなものがある。
巨大地震は2011年秋やって来る!? アメリカの霊能者、エレニン彗星の位置から予測【字幕動画】
ここで警告された日付とは、
2011年9月11日
2011年9月26日
2011年11月23日
2012年12月28日
2014年1月2日

である。

いずれにせよ、備えあれば憂い無し。しかし、いくら備えても、30mの巨大津波には勝てないだろうナア。くわばら、くわばら。

  by kikidoblog | 2011-10-13 10:40 | 地震・地震予知・噴火

「TPPで日韓を潰せるゾ!」シンクレア:「TPP」の真の目的をウィキリークス暴露!?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。あまりにいろいろのことが起こりすぎてETの手も借りたいほどである。そんな中、「どじょうの野田」首相になった途端、待ってましたとばかりに「TPP」包囲網が敷かれつつあるようである。

いやはや、以下のニュースは興味深い。

まずは一般のニュース。
米大統領:TPP参加を野田首相に迫る 首脳会談で
「TPPで日韓を潰せるゾ!」シンクレア:「TPP」の真の目的をウィキリークス暴露!?_e0171614_1738507.jpg

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡り、オバマ米大統領が9月21日にニューヨークで行われた日米首脳会談で、野田佳彦首相に対し早期の交渉参加を要請していたことが12日、分かった。大統領は会談で、「日中韓、欧州連合(EU)との関係でTPP交渉の余裕がないのか。よく考えてほしい」との考えを表明。首相も「しっかり議論し、できるだけ早期に結論を得たい」と応じた。【横田愛】

 首相は首脳会談後、TPP参加について、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)までの決着を視野に、政府・民主党に議論を始めるよう指示している。結論を急ぐ背景に、米大統領の強い意向があったことが明らかになった。

 日本政府は5月、日中韓首脳会談で日中韓自由貿易協定(FTA)に関する検討の前倒しで合意したほか、EUとも経済連携協定(EPA)交渉に向けた予備交渉の早期開始で一致。一方、TPPについては3月の東日本大震災を境に議論が中断していた。

 米側にはTPPに日本を巻き込むことで、新たな貿易枠組みをつくり、中国をけん制する狙いがある。TPP以外の経済連携を先行させる日本の姿勢に危機感を強め、首脳会談での参加要請となった。

 日米両政府は日米同盟深化の柱として▽安全保障▽経済▽文化・人材交流--の三つを掲げており、TPPは経済分野の柱の一つと目される。APECでは日米首脳会談も予定されており、日本側の対応が焦点となる。

 政府・民主党は首相の指示を受け、11日に経済連携に関する関係閣僚会合と、民主党プロジェクトチーム(PT)を相次いで再始動させた。しかし、農業分野への影響などを理由に党内の反発が根強く、調整は難航している。

ところが、これに対して、こんな記事も見つけた。

TPP観戦記(オークランド発)
ニューデリー支局 高野 弦

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加をめぐって、日本国内が揺れているが、交渉の実態はあまりよく知られていない。先月上旬、ニュージーランド北部のオークランドで5日間にわたって開かれた交渉会合を取材した。見えてきたのは、難航する気配と、NGOなどによる積極的な関与だった。

前回の第3回交渉が行われた2010年10月のブルネイ会合では、政府に場所などを問い合わせても何の音沙汰もなかったが、今回はニュージーランドのマーク・シンクレア首席交渉官が連日、記者会見を開いた。ただし、参加者は毎回7~8人。そのうちニュージーランドのメディアが半分で、残りは日本の記者。TPPは加盟9カ国内でもまだ知名度が低いらしい。

会見するシンクレア氏。強面だが、時折、日本語で話しかけてきた=オークランド、高野写す
「TPPで日韓を潰せるゾ!」シンクレア:「TPP」の真の目的をウィキリークス暴露!?_e0171614_1742130.jpg


私の関心は、例外のない関税撤廃を目指すTPPで、各国の話し合いがどの程度まで進んでいるのか、という点にあった。いま参加しなければ、日本がどの程度、不利になるのかを知るためだ。だが、初日の記者会見でいきなり肩すかしを食った。シンクレア氏が「難しい物品貿易の分野はさておき、交渉担当者がいま注目しているのが『規制の一貫性』だ」と切り出したからだ。

規制の一貫性とは、税関手続きで各国が擦り合わせを行うことなどを指す。どちらかと言うと、各国の意見に相違がなく、交渉を進めやすい分野だ。一方、関税の引き下げについては、まだその前提となる、「原産地」の定義や知的財産権の扱いなど法的な枠組み(テキスト)づくりすら終わっていないのだという。

シンクレア氏が物品貿易をめぐる交渉を「難しい」と表現したのは、自由化の「除外品目」をめぐって各国の主張がぶつかり合うからだ。とりわけ、焦点は、米国が、国内で反発の強い砂糖や酪農品の自由化を認めるかどうかだ。

すでに発効した米国とオーストラリアの二国間FTA(自由貿易協定)では、砂糖が除外され、酪農品の自由化も限定的なものにとどまった。この条件を持ち込まれたら、TPPはニュージーランドやオーストラリアにとって、あまり意味のあるものではなくなってしまう。地元記者たちの関心もそこに集中していた。

その思惑の違いが、どれだけテキスト作りを難しくしているのかは分からなかったが、5日間を通して、結局、その作業は終わらなかった。従って、会見の多くは「規制」の話に費やされたのだった。

業を煮やしたのは地元ニュージーランドの記者たちだ。質問は連日、酪農品の扱いや米国の対応に集中した。しかし、シンクレア氏は「まだ報告を受けていない」「米国の主張は、公にされている米国内のパブリック・コメントを見れば察しがつくでしょう」などとそっけなかった。交渉は9カ国が一堂に集まる方法と、米国を中心とした2国間会合が並行する形で行われたが、まだ関税をめぐる実質的な議論に入れないでいるのは、明らかだった。

こんな調子で11月までに本当に合意できるのか…。そんな思いを口にした記者は、私だけではなかった。

今回の会合には、ニュージーランド、オーストラリアを中心に100以上の圧力団体、NGOなどが招かれていた。彼らは、記者会見のあと、小グループに分かれて毎日にように交渉官らに会い、情報を共有していた。環境への影響や企業の民営化に反対する立場から、TPP自体に異を唱える団体も多かったが、各国の交渉官らが積極的に応じていたのが印象的だった。

会見する圧力団体やNGOの代表。その主張はさまざまだ=オークランド、高野写す
「TPPで日韓を潰せるゾ!」シンクレア:「TPP」の真の目的をウィキリークス暴露!?_e0171614_17422745.jpg


会場外でのデモをするNGOの姿は皆無で、数年前までの国際会議の様相とはずいぶんと違っていた。「過去に比べると、要望のレベルも高くなっており、彼らの声を政策に反映させていくのがTPPの特徴」(シンクレア氏)なのだそうだ。日本が参加を決めた場合、官僚も関係団体も、場外での「外交力」が問われそうだ。


とまあ、一見すると、まっとうそうな議論の場のようだったが、このシンクレア氏の秘密のメールのやり取りが、ウィキリークスによって暴露されたようである。以下のものである。

ウィキリークス 米国公電「TPPで日本と韓国を潰せる」

#1 ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は「TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。
もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ
」と語った。(米国大使館公電から)
環太平洋経済連携協定(TPP)交渉でニュージーランドと米国は、農地への投資制度や食品の安全性などの規制や基準を統一した「絶対標準」を定め、受け入れ国を広げることで経済自由化を進めようとしている――。
TPP交渉を主導する両国のこうした狙いが、在ニュージーランド米国大使館の秘密公電に記載されていた両国政府の交渉当局者の会話から浮かび上がった。ニュージーランドの交渉当局者は「絶対標準」を受け入れさせる国として日本と韓国を名指ししている。
これは国内の規制や基準の緩和・撤廃につながり農業だけでなく国民生活の多くに影響を与える可能性がある。公電は、内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公表。
ニュージーランドの当局者らへの取材と合わせて分析した結果を報告する。
<記事全文>


要するに、「日韓潰し」が目標だったというわけですナ。こんな未だにいる「白人至上主義者」の残党が取り仕切っているような「TPP」はまともに請け合う必要はないでしょうナア。

まあ、まさに「イルミナティー劇場」ですナ。俺には関係ないけどナ。

  by kikidoblog | 2011-10-12 17:49 | コンスピラシー

「両班」と「ビンタ」、南北を分けたもの!?:「朝鮮戦争」の光と陰

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。中でもますます緊張が高まるアジア世界にあっては、なおさらである。

最近、私がつくづく思うのは、アジアの平和と安定のためには、「朝鮮研究」がどうやら一番の決めてとなりそうだ、ということである。

「いったい朝鮮人とは何ものか?」、
「朝鮮の歴史とはどのようなものだったのか?」、
「韓国と北朝鮮の人間はどこから来たのか?」、
「朝鮮人とはどんな人種だったのか?」、
「はたして朝鮮戦争とはどんなものだったのか?」

こうしたことを理解しない限り、朝鮮半島の安全と平和、当然、多くの在日を抱える日本の平和と安全もあり得ないからである。

日本政府は、「朝鮮研究」の場を作り、本格的に「朝鮮人問題」を研究してもっと踏み込むべきだろうと思うのである。

そんな折、実に興味深い記事を見つけたので、ここにメモしておこう。”個人的に”「朝鮮研究」を重ねている、「ねずきち」氏のブログの「朝鮮戦争」である。実にすばらしい記事である。これを読めば、「朝鮮戦争とは何だったのか?」というものが、実によく理解できるだろう。記事はかなり長いので、ほんの一部だけここにメモし、あとはリンクのみにしておこう。

李承晩と朝鮮半島の歴史
「両班」と「ビンタ」、南北を分けたもの!?:「朝鮮戦争」の光と陰_e0171614_953436.jpg


実はこの否認にはこれにはもうひとつの理由があります。
それが、後に韓国の初代大統領となる李承晩(イ・スンマン)です。

李承晩は明治8(1875)年生まれの朝鮮の独立運動家です。
生家は、李氏朝鮮の初代王である太宗の長男で世宗の兄である譲寧大君の末裔とされていますから、要するに両班(りゃんばん、朝鮮の貴族)の家にあたります。

李氏朝鮮の時代というのは、人口でいったらほんの一握りしかいない朝鮮貴族の両班が、民衆に対して絶対的権勢を振るった時代ですから、彼らにしてみれば日本によって民衆に力を与えられるのは憎くて仕方がない。

日韓併合によって朝鮮半島が日本統治になると、李承晩は上海に渡り、そこで「大韓民国臨時政府」を樹立して、勝手に初代大統領を名乗っています。
これが大正8(1919)年のことです。

さすがにことのときは、日本も怒り、憲兵隊が李承晩を逮捕した。
日本はアジアの独立、アジアの欧米による植民地支配からの脱却、そして人種平等を目指して戦っていたのです。
人種の平等というのは、人間の平等の精神でもあります。
どんな人でも、努力をすれば、相応の地位も名誉も与えられる。
単に権威の上にあぐらをかくような存在は、否定される精神でもあります。

これに対し、李承晩が抱いていた思想は、あくまで朝鮮半島は両班のものであるという思想です。
朝鮮半島の人も富も、すべては朝鮮人の両班のものでなければならない。

これは、日本の大東亜共栄の思想とは全く異なるものです。
日本の憲兵は、李承晩に対し、理を諭し、情をもって接するのだけれど、李承晩は火病を起こして翻意しない。
あまりのことに腹を立てた憲兵が、その李承晩に平手打ちをしたのだそうです。
このたった一回の平手打ちが、実はその後の韓国と日本の関係を決定づけた。

李承晩は、実は太宗の長男の系譜とはいっても、16代目にすぎません。
家は簡単に言ったら、没落貴族でしかない。
けれど彼にとっての誇りというのは、自分が両班である、というその一点に集約されている。
だから、人から平手打ちなんてもらったことのない李承晩は、生涯にわたって、その平手打ちを逆恨みし続けたのです。

当時は、日本人の間では、平手打ちなんてのはあたりまえの習慣です。
平手で相手のホッペタを、ピシャリと叩くのだけれど、平手打ちというのは、打たれた側は痛みはあっても怪我はしません。そして打った側も、手のひらが痛い。
打つ側の手の平の痛みは、打つ人の心の痛みでもあります。
その心を素直に感じることで、打たれた側も反省をする。
日本ではあたりまえの、そうした習慣が、朝鮮人の李承晩にはまったく通じなかったどころか、彼は生涯それを個人的怨恨として逆恨みし続けたのです。


この記事にある、後に韓国初代大統領となった「李承晩(イ・スンマン)

「両班」と「ビンタ」、南北を分けたもの!?:「朝鮮戦争」の光と陰_e0171614_051914.jpg

という「両班(りゃんばん)」がいる。この「両班」
「両班」と「ビンタ」、南北を分けたもの!?:「朝鮮戦争」の光と陰_e0171614_100076.jpg

というのは、最近の韓流ドラマの時代劇に出て来る、こんな姿
「両班」と「ビンタ」、南北を分けたもの!?:「朝鮮戦争」の光と陰_e0171614_1014252.jpg

(ちなみに、この時代は
なるほど李氏朝鮮の時代、朝鮮貴族の両班たちにとっては、まさに半島は天国だったかもしれません。なにせ一般国民には私有財産すら認めず、女性には名も与えず、両方の乳をすぐに露出させれる服を着ることを強制し、女は犯し放題、財産やカネも奪い放題の特権階級を作っていたのですから。
だったという。)
の朝鮮貴族のことである。その末裔であるということだけを誇りにして、「目先の損得にこだわり、将来の大損をこく」ということをしでかしたのが、李承晩(イ・スンマン)であった。

この記事によれば、南の李承晩(イ・スンマン)と北の金日成(キム・イルヨン)の非常に似た気質の2人が現われたことが、韓国と北朝鮮に分断する歴史の直接の不幸な原因であったことが分かる。日韓併合が日本の敗戦で終わっても、曲がりなりにも、まだ「統一朝鮮」がそこに残ったのだが、それがこの2人の支配欲と猜疑心や小心のために、祖国統一は叶わぬ夢物語へと変化してしまったわけである。

しかしながら、その一番のきっかけ、決めてのとなったものが、日本軍の兵士から食らった、たった一発の「ビンタ(平手打ち)」だったとすれば、これこそまさに「文化の差」、あるいは「文化摩擦」というものだろう。

一説では、日本陸軍に「ビンタ」が伝来したのは、「坂の上の雲」で描かれている、秋山好古の時代にフランス陸軍が、植民地支配の際に現地人の兵隊を支配するために「ビンタ」を食らわしていたのを日本陸軍が真似て(パクって)日本へ伝来したというらしい。しかしむち打ちや「グー」のパンチよりはけがもなく、教訓的である。

その「フランス陸軍」の習慣が、戦後の日韓関係の原因になったかもしれないのである。実に興味深い歴史である。同時に、ローカルな文化というものの恐ろしさというものをかいま見ることが出来る。今現在の、朝鮮人の日本人蔑視や「反日」教育の一端が、この「ビンタ」から来たかもしれないからである。なにせ、初代韓国大統領になってしまったのである。

一方、日本陸軍では、「ビンタ」など「愛の鞭」でしかなかった(日本人はとても素敵だった)。ビンタを食らったら、「ありがとうございました」と逆にお礼までいうという文化である。この名残が、アントニオ猪木の「ビンタ」である。アントニオ猪木が一般人のほっぺたを「だー」といってビンタすると、その人は「ありがとうございました」と言って大喜びするのである。「喝〜〜!」の一種に過ぎないのである。

ところが、朝鮮でわがままし放題の独裁的文化で育った「両班」貴族は、他人様から殴られるどころか、ビンタされたこともなく、過保護に育てられたわけである。そういう人物が上につくとどうなるか? 日本でもまさに万葉時代のお公家さんとはまさにそのような連中だった。これが日本を大混乱に陥らせたのがまさに日本史だった。これとまったく同じことが世界史でも起きたということである。それが「朝鮮戦争」であったのである。

なぜ「朝鮮研究」が大事か? という意味がここから少し彷彿されるだろう。

  by kikidoblog | 2011-10-11 10:21 | 韓国・ウリナラ・法則

Hey, NWO, "Do you hear the people sing?":「民衆の歌声が聞こえるか?」

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。いよいよ世界中が励起状態に入って来たようである。

大分前にここでメモしておいたのは、これ。バグズライフの1シーン。
「ピューニー・リトル・アンツ」!?:世界はいよいよこれからが本番、佳境に入る?
Hopper explains the world (A Bug's Life)

まさにこれがニューワールドオーダーの世界観

これに対して、「民衆の蜂起」を描いたものが、
A Bug's Life (1998) Part 6/7

と「レ・ミゼラブル」のこのシーンである。
DO YOU HEAR THE PEOPLE SING?


これはフランス革命の時代を描いたものである。

今やこれとまったく同じような状況が、アメリカ、イギリス、カナダの「英連邦」で起こりつつある。フランス革命は、これを機に「フリーメーソン」が「王政」を打破し、ユダヤ人銀行家がフランスを乗っ取るために行ったことが今では周知の事実であるが、今欧米で起こりつつあるのは、まさにその逆である。ユダヤ人が乗っとった世界の銀行資本家や政治家の「フリーメーソン政権」打破のために一般人が蜂起してきたのである。

カナダ:「ディック・チェイニーを刑務所へ!」と叫ぶ。
Hundreds in Vancouver Protest and Demand Arrest of Dick Cheney !! : Parental Advisory


アメリカ:

Occupy Wall Street Protester End the Fed - Best Rant!


Cops Beating People Up At Occupy Wall Street


イギリス:
British National Party Demo. Shrewsbury Crown Court


日本:
フジテレビ抗議デモin大阪(9月18日)



おまけ:
les miserables--do you hear the people sing


Do you hear the people sing?


しばらく前までYouTubeに日本語の「レ・ミゼラブル」もあったのだが、すぐにクレームをつけて消滅させた馬鹿者がいた。おそらく業界関係者だろうが、目先の著作権侵害にこだわり、ピアレビューを消せば、結局本業の本当のCDも売れなくなるのだ。結局それで一生の損をこくことにつながる。YouTubeに残しておいても所詮はYouTubeまだ画像は悪い。だから、いつか本物を買おうという気になるものだが、消せばそれもなくなり、だれも見ず、だれも買わないことになる。芸術は見るためにある。見られないものはもはや芸術の価値はない。そんなわけで、YouTube上に一見すると違法にコピーしたように見えるものがあったとしても、そこそこ残しておいた方がいいのである。まあ、そういうことが電通支配のマスゴミには理解不能のようですナ。

おまけ2:
Do You Hear the People Sing?
ENJOLRAS
Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

COMBEFERRE
Will you join in our crusade?
Who will be strong and stand with me?
Beyond the barricade
Is there a world you long to see?
Courfeyrac:
Then join in the fight
That will give you the right to be free!

ALL
Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

FEUILLY
Will you give all you can give
So that our banner may advance
Some will fall and some will live
Will you stand up and take your chance?
The blood of the martyrs
Will water the meadows of France!

ALL
Do you hear the people sing?
Singing a song of angry men?
It is the music of a people
Who will not be slaves again!
When the beating of your heart
Echoes the beating of the drums
There is a life about to start
When tomorrow comes!

  by kikidoblog | 2011-10-07 12:45 | コンスピラシー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE