人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!

みなさん、こんにちは。

さらに「宇宙人の柩」の続編。

(6あ) Q6も非常に面白い。
Q6-異星人の宇宙船が何故墜落するのでしょうか?
「1947年の墜落(ロズウェル事件)では4体の内2体が丸焦げになり、
1体が途中で死亡し、1体は冷凍保存されたわけです。
それ以外では数え切れないほどの宇宙船が地球に墜落しています。
宇宙船の推進原理の一つは2極間磁力によって制御されているシステム
いわばアダムスキ-型だと思います。
ご存じのようにアダムスキ-型円盤には下の所に3個の球のような
コンデンサ-があります。
そこに巻かれているコイルは重力場の歪みのエネルギ-と相互作用して、
重力電磁気誘導を起こすわけなのです。
そして電気はチタン酸バリウム製の球体コンデンサ-3個に
フィ-ドバックされるのです。球体コンデンサ-の中心部には
核電気共鳴という現象が起きて、回転電導磁場が生じるという原理なのです。
これはあくまでも相対論の延長線上での僕の考えでお話ししているのですが、
その装置が地球上の磁場によって無茶苦茶にされてしまう。
重力を安定させる基盤が崩れ、墜落に至ると考えられます。
僕は医師の立場で墜落原因と死亡原因との因果関係を明確に
しなくてはならないのですが、重力場の歪みにより宇宙船の窓が破損し、
減圧して墜落した宇宙船内での全身打撲が一般的な原因の説明に
なるだろうと思います。
地球人が戦前戦後アメリカやドイツで開発していたようなシステム、
例えばジェ-ムス・F・キング・ジュニアの「磁気流体力学推進装置」
「電気的推力発生装置」「電気運動装置」とかは異星人の推進システムとは
全く異なるものであることを先に述べておきたい。
推進装置にはいろいろあり、超光速粒子(タキオン)利用の原子力システムもあります。
マイア-のプレアデスの円盤もタキオン粒子を使った推進システムだと思います。
タキオンは光速を超えますから、最初に結果が見えて後で原因が起こるわけなのです。
この宇宙船に乗れば、事故が予めわかってしまうのです」

まず次の部分。
1947年の墜落(ロズウェル事件)では4体の内2体が丸焦げになり、
1体が途中で死亡し、1体は冷凍保存されたわけです。
それ以外では数え切れないほどの宇宙船が地球に墜落しています。

これは、すでにビル・クーパーが詳細にまとめていた。(クーパーでブログ内検索)
そこで
UFO墜落事件はいくつあったのか?:クーパーが省略したこと

1947年1月から1952年12月までに、少なくとも16基の円盤の破損事故あるいは墜落事故があった。66体のエリアンの内、1体は生存、他65体は死亡。16基中13基はアメリカとメキシコの国境付近で起こり、アリゾナ1、ニューメキシコ11、ネバダ1。残りの3基は、ノルウェー1、メキシコ2。この中には空中爆発したものは含まれていない。UFO目撃事件は無数。

この中で、特に、ニューメキシコ州アズテック(Aztec)で起こったものが2つ。1948年2月13日のアズテックと1948年3月25日のアズテック近郊のハートキャニオン(Hart Canyon)。円盤は直径100フィート(約30m)。17体のエイリアン。そして、問題は、それに混じって「人間の身体のバラバラ死体の数々」。

1949年生存のエイリアンは「EBE(イービー)」と命名。1952年まで生存。

そして翌年の1953年。少なくとも10機以上の円盤の破損事件があった。10機回収。26体の死んだ宇宙人と4体の生きた宇宙人を回収。4体中1体は破損円盤回収中の1時間内に死亡。他は2、3日後死亡。10基中、アリゾナ4、テキサス2、ニューメキシコ1、ルイジアナ1、モンタナ1、南アフリカ1。100ほどの目撃があった。

というわけで、1948年から1953年の6年間に少なくとも26基の円盤墜落事件があり、93体のエイリアンが回収されたということになる。
米国内22:ニューメキシコ12、アリゾナ5、テキサス2、ネバダ1、モンタナ1、ルイジアナ1
海外4:メキシコ2、ノルウェー1、南アフリカ1
この種族は、多くはいわゆる「グレイ」タイプのエイリアンであり、中には「インセクトタイプ(昆虫型)グレイ」もいた。「ロング・ノーズ・グレイ」タイプではなかった。(詳細は不明)

1953年頃、「人間型(human-looking)」エイリアンが米政府に面会。米政府に核兵器破棄を提案。
とメモしたように、1940年代50年代当時で100を超えるUFO墜落事故や撃墜事件が存在したのである。これらはすべて公式文書(表の政府関係の文書という意味)からは削除されている。すべてはいわゆるマジェスティック12(MJ12)の管轄下にある。これは実在の「現実の歴史」である。単なるお伽話ではない!

2013年の現在では、2000年代に入ってから、スティーブン・グリア博士の主催する「UFOエイリアン暴露プロジェクト」が進行しはじめ、2005年と昨年の2012年、そして今年の「シリウス暴露プロジェクト」などで、かつて現実にエリア51のエイリアンと直に接した人々が次々に証言し始めたのである。その数は数十人。しかし、その数は増える一方であり、かつての米軍関係者がどんどん勇気を振り絞って最後の力を出し切っている。

例えば、そういうものの一つがつい最近、キャメロット・インタビューにも掲載されている。このリック・ドーラン氏は、まさにロズウェル事件の生き証人の一人であり、自分はすでに不治の病のために死にゆく前のハチの一刺しとして、アイゼンハワー大統領時代の事実をその時代に米軍兵士として見た事実を証言したのである。以下のものである。
Quote: "Eisenhower was going to invade Area 51"...

http://citizenhearing.org/

このドーランさんのいうには、アイゼンハワー大統領は「エリア51」に軍隊を送り、中を調査させたという新証言が出てくる。アイゼンハワー大統領はエリア51の内部がどうなっているかを調査しようとしたのである。そこでついに本物の宇宙人の姿を見た。ひょっとしたらこれがいわゆる「ドロシー事件」というものだったのかもしれないが、その当時のなまなましい作戦の姿がかいま見られる。必見の証言である。

このように、1970年代から1980年代にかけて矢追純一氏が追い詰めたものは、当時は日本はバブル全盛期であり、興味本位だったり、怖いもの見たさだったり、勢い余っていたり、世界を知ろうだったのかもしれないが、それはまったくの真実だったのである。

いわゆる「と学会」の「とんでも」というのは、常軌を逸した捏造工作そのものであり、嘘を出版した詐欺師の集団に等しいのである。彼らはまったく現場に取材しないで、人の書いたものの写真や文章だけにいちゃもんつけているにすぎない。よほどのバカ集団か朝鮮人だろうヨ。おっと在日の話はここではどうでもいいのだが、本当にこいつらのやったことを見ると心底怒りがこみ上げてくる。単なるSFオタクがそのノリでUFOに首を突っ込んでもらっては困る。欧米なら即座にどざえもんだろうヨ。

グリア博士の「UFO暴露プロジェクト」でもすでに現在までには、数百を超えるUFOの墜落事件があったという証言が出ている。これが現実なのである。

(6い)次に、その次の部分も実に興味深い。ここに初めてUFOの推進技術の話がでる。
宇宙船の推進原理の一つは2極間磁力によって制御されているシステム
いわばアダムスキ-型だ
と思います。
ご存じのようにアダムスキ-型円盤には下の所に3個の球のような
コンデンサ-があります。
そこに巻かれているコイルは重力場の歪みのエネルギ-と相互作用して、
重力電磁気誘導を起こす
わけなのです。
そして電気はチタン酸バリウム製の球体コンデンサ-3個に
フィ-ドバックされる
のです。球体コンデンサ-の中心部には
核電気共鳴という現象が起きて、回転電導磁場が生じるという原理
なのです。
これはあくまでも相対論の延長線上での僕の考えでお話ししているのですが、
その装置が地球上の磁場によって無茶苦茶にされてしまう。
重力を安定させる基盤が崩れ、墜落に至ると考えられます。
僕は医師の立場で墜落原因と死亡原因との因果関係を明確に
しなくてはならないのですが、重力場の歪みにより宇宙船の窓が破損し、
減圧して墜落した宇宙船内での全身打撲が一般的な原因の説明に
なるだろうと思います。
地球人が戦前戦後アメリカやドイツで開発していたようなシステム、
例えばジェ-ムス・F・キング・ジュニアの「磁気流体力学推進装置」
「電気的推力発生装置」「電気運動装置」とかは異星人の推進システムとは
全く異なるものであることを先に述べておきたい。
推進装置にはいろいろあり、超光速粒子(タキオン)利用の原子力システムもあります。
マイア-のプレアデスの円盤もタキオン粒子を使った推進システムだと思います。
タキオンは光速を超えますから、最初に結果が見えて後で原因が起こるわけなのです。
この宇宙船に乗れば、事故が予めわかってしまうのです」

ここには、曲がりなりにも初めて「アダムスキー型UFO」の推進原理が簡潔に説明されている。

これから分かることは、NASA(裏NASAまたは闇NASA)は、アダムスキー型をしっかり研究していたということを意味しているということである。つまり、欧米の闇科学者は、アダムスキー型UFOを現実の実在のものだと言っているということである。偽ではなかったのである。

さて、このアダムスキー事件については、以下のものが実に詳しい。しかし、長年の闇NASAの工作によりすっかり風化させられてしまったようである。
GAsite
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!_e0171614_23394985.gif

鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!_e0171614_19455970.jpg
ジョージ・アダムスキーは1891年に生まれたポーランド人で、幼時に父親につれられてアメリカへ移住した。本来は宇宙哲学の指導者であったが、戦時中よりUFO目撃を体験してUFO研究に専念し、戦後は別な惑星からきた異星人とのコンタクトや異星のスカウトシップ(いわゆる空飛ぶ円盤といわれる飛行物体)や大母船に乗せられて、想像を絶する体験をし、名高いコンタクティーとして数種類の体験記を発表する。1959年に「最大多数の人が現代の真実を発見して、来るべき時代に眼を転じること、人間はすべて”コズミック・パワー”の子であり、そのパワーの諸法則が宇宙に遍満している事実を確信をもってしること」という願いのもと、世界中の人々がUFOの真相にてついて”知る”機会を与えられるべきであるという見地に基づき、GAP「知らせる運動」という意味の世界的グループ活動を創始しました。
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!_e0171614_19454661.jpg
久保田八郎 1924年生。島根県出身。慶応大学文学部卒。ジョージ・アダムスキーを中心とするUFO問題と宇宙哲学の研究家。1954年よりアダムスキーと文通をつづけて彼に師事し、1961年よりアダムスキーの要請により、彼が主宰し指導していた世界GAPネットワークの一部として日本GAPを設立。以来UFO問題と宇宙哲学の啓蒙活動に専念。デンマークやアメリカでアダムスキー問題に関する講演を行い、世界UFO研究界でも国際的研究家として知られる。1999年10月20日、満75歳心不全にて他界。同年12月末日、日本GAP解散。

この久保田八郎氏は、アダムスキーの
第2惑星からの地球訪問者
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!_e0171614_19475450.jpg
という本を翻訳した人である。ジョージ・アダムスキーは後に「GAP(知らせる運動)」というものを興したが、これがのちのちに我々が衣料品の「GAP」という言葉につながっていくのである。いわば、宇宙文明を知らせる運動としてのGAPが、商業化して商品としてのGAPに退化したのであった。知らねーヨナア、こんな話は。自分の無知を恥なさい!

さて、そのアダムスキー型円盤の原理を解明しようと勇気を振り絞り、現代の平賀源内になろうと人生を捧げた人、それが清家新一さんである。
実験円盤浮上せり
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!_e0171614_19484057.jpg

超相対性理論入門
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!_e0171614_19484637.jpg
など多数。

我々日本人は、こういう勇者、猛者を讃えないといけない。大学教授としてわかりきったことをガキどもに教えて年収1000万ももらって満足しきっているという、とろい学者を本物だと思ってはならない。未知のことに人生を捧げる覚悟を持ったものが本物の科学者なのである。みかけに騙されてはならない。

日本の大学の学者というのは、「オレが日本で一番の物理学者。オレが世界の超一流。だから、オレに研究費を振り込め」、一種の「オレオレ詐欺」だナ。オレは「オレオレ詐欺」名で十分だと思うが。何事も事後で変えることはならない。一番最初の名前を使うべきなのだ。(ちなみに、物事を後から蒸し返すという精神構造は朝鮮人の得意技と考えられているヨ。事後法というものだ。)

このテーマは、すでにスタン・デヨ博士が闇NASAで解明している。(デヨでブログ内検索)
「スタン・デヨ」インタビュー:アインシュタインは完璧に間違った!!
エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?

(ここから次々と見ることができる。)

私自身もこれを解明テーマの一つにしているが、簡単にいえば、アインシュタインの相対性理論は、特殊、一般ともに完璧に間違っていたということである。光速度不変の原理、光速度以上の速度がないというのは、ギリシャ・ローマ時代の「天動説」のようなものにすぎなくなったのである。

いまだに素粒子物理学者は現実世界のマクロな実験とはまったく無関係に微視世界の妄想の世界に迷い込んでしまい、超ヒモ理論などをやっているが(何度もいうが、私は超ヒモ理論の数学が分からないのではない)、あくまでそれは一種の「ピグマリオン病」(主人公が自分が作った彫像の美女に恋をする話)にすぎないのだ。いくらアインシュタイン理論が美しくとも、それが現実ではない、そうではなかったことがすでに実験的に示されてきたという時代に入ったのである。だいぶ前からネ。

まあ、日本の物理学会には、軍事研究と一切関わりを持ってはならないという規定がある。何事も一長一短。このせいで、日本の物理学者には欧米のジェーソンスカラーとの付き合いがない。ゆえに、闇NASAや闇学者の最先端軍事科学の情報が一切入ってこない。触れることもできない。

こうして、NWOの作った囲いのなかで科学のお遊びをするのである。(実際、いまの日本の学者がやっていることは、科学の理論というしろものではなく、単なる「科学ゲーム」である。基本数式いじってパラメータいじって、はい、シミュレーション。こっちの定理あっちの定理使って、はい、証明完了。これって科学じゃねーよナア。)内は外、外は内なのである。自分は世界の中心だと思っていると、実は世界の内部のごく一部のゲットーの中だった。そんな感じなのである。この意味分かるよネ?

(つづく)

  by kikidoblog | 2013-05-15 10:23 | 鈴木竜成・宇宙人の柩

鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!2

(つづき)

さて、もう一つQ5で興味深いのは、鈴木竜成氏の感覚の鋭さである。すばらしい嗅覚をしている。私にはない能力だ。その中でこう言っている。
僕の見た感じでは、そこは全て退化してしまっているのではないかということです。
肉体的には非常にもろく、人間でいえば病弱あるいは衰弱した状態といえます。
ですが、極端に頭部がどしっとしており、知能指数の問題か、
その部分が発達している
のです。
僕の見た限り、頭脳及び精神性が高まったために肉体的なものが
退化しているという印象を受けました。
付け加えるならば、人間の何百年、何千年、何万年後の人間の姿の
ようにも思う
のです。
単にこれはあくまでも推測なのですけれども、異星人は遠い星から
きたものばかりでなく、僕たちの未来人が何かを警告しにきている
のではないか
と思うのです。

実はこの問題は、ここでもだいぶ前にメモした、ダン・ブリッシュ博士のインタビューが関連してくる。(ダン・ブリッシュでブログ内検索)

ダン・ブリッシュ博士は、この鈴木竜成博士と同じように、裏NASA、いわゆるメーソンの科学研究所で研究した科学者である。こういうような科学者は、ジェーソンスカラーと呼ばれている(ウィリアム・クーパー講演パート7:「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」)。特別の能力の持ち主のみがスカウトされる。あとは治外法権で何でも自由自在。科学貴族である。(俺もそんな待遇になってみたいものですナ。大学すらなったことねーからナア。)

さて、ダン・ブリッシュの話とはこれだ。
Dan Burisch
「未来を見る科学研究」の最前線:その名も「ルッキング・グラス」
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!2_e0171614_1055270.jpg

「2012年にタイムラインの大変化があり得る」:ダン・ブリッシュ博士の未来予測

まあ、この話を簡単にいうと、はじめはロズウェルの宇宙人は、外宇宙からきたエイリアン(ET)だと思っていたのだが、実は詳しく研究していくとそうではなかった。確かに宇宙の何処かからやってきたという意味では宇宙人なのだが、遠い我々の未来からやってきた地球人だった。それも、何種類かの異なる時代からそれぞれ別々にやってきていた。24000年後から来たもの(24s)、45000年後からやってきたもの(P−45s)などがいた。24sは我々アジア系の人種の未来人、P−45sは、イルミナティー西洋人の末裔の地球人。そして、上の映像は、このP−45sだったというのである。彼らは、この地球のタイムラインが変化し、このままでは自分たちが存在できなくなる。それで、そのことを知らせに地球にやってきた。その最中に地球で事故にあったというものである。(確かもう一つ、54000年後からきたものP−54sもいたはず。これは、後々プレアデス人に進化するという西洋人金髪碧眼タイプの未来人。この人達がスピリチュアル。いまのスピリチュアルな西洋人だけが生き残る。)

こういう内容を確かめるべく、そのエイリアンとの長年の共同研究で創りだした未来を見る装置「ルッキング・グラス・テクノロジー」で見たところ、地球のタイムラインには2種類あり、タイムライン1が我々現代人が将来的に進む道なのだが、タイムライン2の方向にシフトしつつある。最初は40%:60%の確率だったが、それが20%:80%の確率というように、そして最近ではほぼ0%:100%の確率でタイムライン2に至るというものである。

タイムライン2というのは、世界が第三次世界大戦を起こし、地球上の人類は滅びる。しかし、西洋人はすでに火星や月にエリートの一部が進出しているために、生き残り、結局、西洋人型のコケイジアンだけが生き残る。そして、惑星に進出した地球人は金髪碧眼タイプのより進化した地球人型エイリアンに進化するというものであるらしい。

いまの現実から見れば、どっちもどっちのタイムライン。タイムラインXを作り出したいところですナ。

(つづく)

  by kikidoblog | 2013-05-14 10:58 | 鈴木竜成・宇宙人の柩

鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!

みなさん、こんにちは。

さて、今日は昨日のつづき。鈴木竜成氏(仮名らしい)の「宇宙人の柩」の話をメモしておこう。若干私なりの「色えんぴつ」で色をつけてみよう。ちなみに、以下の話は、このブログには膨大な量の関連記事がすでにあるから、ぜひこのブログの右のカレンダーの下についている検索エンジンをフル出動することをお勧めする。

(あ)まず、
宇宙人の柩
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_14532185.jpg
の共著者(なのかインタビュアーなのか知らないが)の竹本良とはこんな人。
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_9334440.jpg
すでにマスゴミ世界にも登場のかなり著名なお方のようである。

対談も、
vs大槻教授
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_935494.jpg

「UFOと宇宙人を語る!」 大槻教授 vs 竹本良 対談 宇宙開国論Part1【動画】
vs中丸薫
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_935689.jpg

UFO五次元東京会議〜中丸薫×竹本良
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_937354.jpg
と存在する。

いずれにせよ、未だに「肯定vs否定」の二元論でやっているのだから、面白い。もはやそんな時代はとうに通り越しているのだ。

(い)一方、鈴木竜成博士についてはほとんど分からない。東大医学部出身で、裏NASA時代にランボルギーニを乗り回し、今では世界でたったの7台しかないベンツ
きっとこんなやつか?
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_9405221.jpg
あるいは、こんなやつか?
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_1525232.jpg
を乗り回しているということぐらいの情報しかない。

(う)さて、問題のインタビューに入る。14の質問があるが、その中で「宇宙人」と「ETV(E・Tビークル)」に関連するものを中心にメモしておこう。

(1)Q1、(2)Q2はスキップ。

(3)まず、
Q3-NASAはどういうところでしたか?警備体制は如何でしたか?
「一番の印象は表と裏の部分が極端に違うということです。
どうでも良いというところが緊迫感あふれた警備体制になっています。
NASAは世界各国の民間企業が優秀な技術者を送り込んでいる
西側の宇宙開発の完全組織といえます。
ソ連が崩壊した今では唯一の宇宙機関といえるでしょう。
NASAには40年間収集した膨大な資料・写真がありますが、
一般に公開したのはホンの一部でしかありません。
月面着陸のデ-タですら1%にも満たない
と思います。
秘密の部分がないとするなら、全て公表しても良いと思うのです。
カ-タ-元大統領が州知事だった頃、UFOに遭遇しました。
NASAに問い合わせると、<NASAはUFOの調査にあたる機関ではない>
という回答がホワイトハウスに届いたのです。
またNASAはUFOに関する調査計画は一切ないという返事もしております。
でも誰に聞いても何かがあることはわかると思います。
僕がどうして異星人の組織まで入り込めたか、それは表面上はドクタ-
だからというのですが、それよりも僕の物理の理論に関わるのではないか
と思うのです。その理論がUFOの推進システムと深い関係があるのでは
ないか
と考えています」

NASAは、公開映像はすべて隠蔽工作をしていること、ほんのごく一部しか公開していなかったこと、公開映像の大半が現物ではなく、スタジオ作成だったものであったことなどは、すでに周知の事実である。飛鳥昭雄氏のエクストリームサイエンスでもよくそんな話が出てくるが、まったく飛鳥氏も同じ事を主張してきている。

例えば、「月の色」、「火星の色」、「金星の色」など、惑星や衛星の色はすべて加工されたものである。月には実際には色ついている(月でブログ内検索)、火星の空はピンクではなく、淡いブルー(火星でブログ内検索)、金星表面の色はネガポジ変換されている(金星でブログ内検索)。こんなものは、よく知っている人たちの間ではすでにイロハのイ、イグチのイである。

この部分で興味深いのは、鈴木竜成さんが独自の物理理論を持っているらしいという部分である。これは私も知りたいところである。

ところで、「どうでも良いというところが緊迫感あふれた警備体制になっています。」というのは面白い。人々の目をそちらに向かわせるように、例えば「エリア51」などを厳戒体制にしておき、研究者の目をそちらに向けさせる。ところが実際には、まったく違う場所でもっと機密性の高いことをやっているというようなものだろう。AREA51UFO神話を作り、カモフラージュするのである。

しかしながら、クリアランスレベルでは、マイケル・シュラットさんが研究したように、非常に高度にかつ多重構造の機密性
cosmic MJ(宇宙的マジェスティック)-10レベル
MJ-10
:
MJ-1
最高機密秘密同調者(top secret crypto)-20レベル
20
:
17 大統領レベル(核兵器レベル)
:
1
USEP(unacknowledged special access program=無視された特別アクセス行動計画)
SCI(special compartmentedl infomation=特別に区分された情報)
最高機密(top secret)
機密(secret)
秘密(confidential)
制限(Restricted)
があると考えられている(シュラットでブログ内検索)。

(4)Q4は、スキップ。

(5)Q5、ここが一番おもしろいところですナ。
Q5-異星人は何種類いましたか?どのように保管されていましたか?
生きている異星人は何処にいたのですか?
異星人と地球人の身体の構造はどう違いますか?
何故異星人がNASAにいたのですか?
「知っている限りでは4種類いますが、別の種類が何種かいると思います。
人間に似たタイプ、小人タイプ、巨人タイプ、獣タイプ、他にも奇妙な形の
タイプや異臭を放つタイプもいます。

僕の見たのは1947年のUFO墜落事件、ロズウェル事件の異星人です。
墜落したUFOの中から4体の小人タイプの異星人が発見されました。
2体は丸焦げで、顔はボ-リングの玉のような感じに焼け焦げていました。
他の2体は発見当時生きていました。
運んでいる最中にその内の1体は死にました。
もう1体は生きたまま、冷凍保存によって現在も生命維持されているということです。
顔は一般に紹介されているものよりも醜く神秘的で、眼が立体感のある、
ちょっと言葉で言い表せないような神秘的なものでした。
それらの異星人が何処から来たかは、UFOの推進原理がわからない以上
まだ不明の状態です。
異星人と地球人の身体の構造の違いについては、解剖された一体の
異星人しか把握はできないのですけれども、1947年に墜落した当時の
フィルム、レントゲンやCTの撮影フィルム等からわかる範囲で答えさせていただきます。
一体のものに関しては、身長は1m20-30cm程度で、前頭葉が非常に
発達
しています。指は6本水掻きのようなものがついています。
皮膚は人間の皮膚とは異なり、爬虫類のタイプと思います。
視力は約2.0から3.0程度で、人間より視野が広いと思います。
口はありますが、それが消化器官に繋がっているかどうかは不明です。
耳は人間よりもとがった感じです。聴力は人間の約20-30倍で、
犬のように細かい音も聞き分けられるのです。消化器官は人間と同じで、
肋骨その他骨格に関しても相違はなかったと思います。
ただ気になったところでは性器の部分です。男女の区別がわからないというか、
僕の見た感じでは、そこは全て退化してしまっているのではないかということです。
肉体的には非常にもろく、人間でいえば病弱あるいは衰弱した状態といえます。
ですが、極端に頭部がどしっとしており、知能指数の問題か、
その部分が発達している
のです。
僕の見た限り、頭脳及び精神性が高まったために肉体的なものが
退化しているという印象を受けました。
付け加えるならば、人間の何百年、何千年、何万年後の人間の姿の
ようにも思う
のです。
単にこれはあくまでも推測なのですけれども、異星人は遠い星から
きたものばかりでなく、僕たちの未来人が何かを警告しにきている
のではないか
と思うのです。
マ-マン博士の話では、彼らはケイ素化合物からなり、寿命が
1000-2000歳ということです。
ケイ素化合物には細胞の劣化はなく、あるのは新化のみで、
前生の記憶が残されており、更に死ぬまでの行動(任務)が
DNAに組み込まれているというのです。
どうしてNASAに異星人がいるのかは、世界で唯一宇宙開発・対策を
把握している最高機関だからではないでしょうか」

さて、まずこの部分の記述。これはほぼ100%正確で正しいように見える。というのは、この1997年のインタビューの10年ほど前の1989年のビル・ミルトン・クーパーの「宇宙人UFO暴露講演」で論文にされたものとまったく一致しているからである(クーパーでブログ内検索)。クーパーも内部情報を現物を見てからまとめて講演したのである。(ちなみに、この講演はYouTube時代になってからリークされたから2000年過ぎてからのものである。それゆえ、鈴木氏がこれを見た可能性はゼロ。)

さて、そこでこの宇宙人。鈴木氏が見たというエイリアンとは? これだね。ここでもすでにメモした映像である。
ロズウェルの円盤墜落事件は事実だった!:FBIが証拠を暴露した!?
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:その宇宙人はロズウェル事件のエイリアンだった!_e0171614_19232216.jpg


(これは作りものではなく本物。下の別の古い映像と100%一致しているからだ。これが偽物だったかのように、いろんな偽ものを作りカモフラージュしたわけだ。だから、この映像はすでに何度も何度も削除されてきた。)
ロズウェルの宇宙人死体:未来地球人のものか?
実際のフィルム映像

特徴について
(1)まず3秒目、14秒目、21秒目の映像から、頭が異常に大きい。色は白い。両手はそれぞれ手の平が上を向いている。
(2)14秒目、21秒目の映像から、胸の中央と右膝から下に損傷のような黒い影が見える。
(3)24秒目の映像から、手の指の数が6本(親指も含む)であることが見える。
(4)27秒目の映像から、両足は足の裏が向き合うように並んでいることがわかる。
(5)28秒目の映像から、右膝下に大きな損傷があることがわかる。
(6)29秒目の映像から、右手にも損傷があることがわかる。右膝下の損傷もわかる。
(7)30秒目、31秒目の映像から、足の形は地球人型であることがわかる。非常に我々地球人のものに似ている。
(8)31秒目の映像から、左足の内側くるぶしの下にV字状の黒い模様が見える。
(9)33秒目の映像から、手の指は6本であることがわかる。
(10)33秒目後半の映像から、足の指が6本であることがわかる。
(11)34秒目の映像から、裸であるにもかかわらず、股間に性器(ペニスかヴァギナ)が存在しないことがわかる。
(12)35秒目の映像から、左膝下に黒い線の帯のような印が見える。


(つづき)

  by kikidoblog | 2013-05-14 10:24 | 鈴木竜成・宇宙人の柩

「エリア51」S4に入った日本人がいた!?:鈴木竜成氏の「宇宙人の柩(ひつぎ)」

ぬりえ
「エリア51」S4に入った日本人がいた!?:鈴木竜成氏の「宇宙人の柩(ひつぎ)」_e0171614_14331498.jpg


みなさん、こんにちは。

今回は久しぶりに「宇宙人問題」の話題をメモしておこう。というのも、最近非常に興味深い内容を見たからである。

さて、我々人間の認識にはある種の癖、というか、傾向が見て取れる。それは、何か自分でもよくわからないものを徐々に理解していく場合に、最終的には「それはこれだ」と自分の解釈をつけるのだが、その時に往々にして、失敗してしまうということがある。言い換えれば、最後の最後で台無しにするのである。

わかり易い例がぬりえである。ぬりえのように、自分で図柄に色を付ける。その場合に色の付け方には無限のやりかたがありえる。だから、色をつけた時にオリジナルとはまったく似ても似つかぬものになる。こういう問題がある。

つまり、「問題を理解すること」は、「形を見つけること」に対応し、「その意味を理解すること=自分なりの解釈をつけること」は、「色をつけること」に対応しているといえるかもしれない。こんな案配だろうか?
問題(理解) → 形
解釈(意味) → 色


さて、我々が未知の問題、例えば、エイリアンの問題を考えるというような場合でも似たようなことがしばしば見受けられるのである。

これまで私が調べた範囲では、かつて1970年代80年代に矢追純一さんの番組で取り上げられたテーマや問題、そして、それをさまざまな目撃者や当事者たちが証言したことは、非常に正確であったのである。ほぼ100%事実であった。ここでも随分とメモしてきた。

つまり、矢追純一さんは当時において、すでに問題の骨格や形についてはほぼ正確に突き止めていたといえるのである。正しい絵を書いていたのである。

ところが、矢追純一さんはかならず番組のオチのような形で、最終的に自分なりの解釈を付け加えた。これが「矢追純一の色」をつけたことに対応する。この「色」がとんでもないものだったために、結局矢追純一さんの番組は「眉唾もの」扱いされてしまったわけである。

このように、自分の色をつける。自分なりの解釈を付け加えるということは本来非常に難しいことなのである。

したがって、もし本当には自分はまだそれを完全には理解できていないかもしれないという場合には、むしろ色をつけずにそのまま置いておく。
「エリア51」S4に入った日本人がいた!?:鈴木竜成氏の「宇宙人の柩(ひつぎ)」_e0171614_14345057.jpg
(あなたにはこれに色がついて見えるはずである。)
そのほうが、正しく認識できる人には正しい認識が行い易いのである。むやみに自己流の色をつけるべきではないだろう。勝手な解釈はむしろ邪魔になる。結果として、真実から遠ざかる。

こんなことを念頭に置きながら、私が最近知ったエイリアンの話をメモしておこう。以下のものである。
鈴木龍成博士

鈴木 龍成 1960~ 東京大学医学部 医学博士 国立病院長 NASA医務官 Area51の軍事施設群等で宇宙人たちと共同研究<1992>したと公務証言。
 現在も親しい宇宙人と交流中です。

この人がいまどこで何をしているのか?については、こういう文章から断片的に知ることができるだけで、あまり良くわからない。私はつい最近に初めてその名を知ったのでこれまでノーマークであった。

そこで、調べたところ、こんなものがあった。
鈴木龍成博士の不思議な体験

鈴木龍成さんと

「宇宙人の柩」の共著者である鈴木龍成さんと何年かぶりにあった。かつてはランボルギーニを乗り回していたそうだが、現在はベンツで、世界に7台しかないとか・・・見たらオープンカーにはなるは、こじんまりした感じだが、やっぱり普通ではない!鈴木氏はボブ・ラザーと過去に20回ほどあっている。ボブの研究所にまで行き、彼の不思議な研究(レーザー銃ほか)をつぶさに観察してきたというのだ。同じエリア51仲間だが、仕事の部署はかたや健康診査でもう一方は物理研究!ボブの研究所の場所は****だが、いわないでくれということなので、伏せておこう。「宇宙人の柩」が1997年の本なので、それ以降のUFO&ET問題の進展はめざましいもので、その進展について解説しておいたが、ボブ・ラザーはまだ怯えて暮らしているという。羽振りが良いところを見ると、ボブにはスポンサーがついているようである。こういった研究者もいるというのが世界の不思議なのだろう。異端と正統の問題の核心に触れているようでもあるのだ。
ちなみにランボルギーニとはこんなやつ。
「エリア51」S4に入った日本人がいた!?:鈴木竜成氏の「宇宙人の柩(ひつぎ)」_e0171614_158335.jpg
(エリア51の研究スタッフになるとこんなものが乗りまわせるのかいナ? 羨ましい限りですナ。もっともブラック・プロジェクトの資金源は麻薬で儲けた金だからネ。)

そこで、宇宙人の棺とはどんな本かと調べると、次のものだった。
宇宙人の柩
「エリア51」S4に入った日本人がいた!?:鈴木竜成氏の「宇宙人の柩(ひつぎ)」_e0171614_14532185.jpg

どうやらこの本の中には14ほどの質問がある。これは、共著者の竹本良という人のインタビューのようである。以下のようなものらしい。
“宇宙人の柩(ひつぎ)”

宇宙人の柩-Q&A 14問
名古屋に住む鈴木龍成氏に質問状を送りつけた。
鈴木氏の貴重な体験をより理解したいがためだ。
ぶしつけながら、とりあえず最初の14問から始めることにしよう。
1997年4月初めに収録されたものである。

Q1-プロフィ-ルを教えて下さい。
「私は鈴木龍成(仮名)で、両親の都合で名古屋で生活しています。
母は大阪で商売をしております。
高校まで名古屋におり、東京の某国立医科大に進みました。
専攻は外科、脳神経外科、航空宇宙医学です。NASAでは宇宙ステ-ション内での
宇宙飛行士の生理活動と健康管理を研究しました。
小・中学校の頃から物理・化学にすごく興味がありまして、宇宙論に関しては
物理を特に勉強しました。
中学1年の時、物理の先生に相対論の説明をした記憶があります。
ガリ勉タイプではなかったけれど、興味のあることにはずば抜けていたと思います。
今の趣味はゴルフとドライブで、いたって普通の人間です」

Q2-NASAに行かれたそのきっかけは何ですか?
「小学6年の時、アポロ11号が月面着陸をしたのですが、
宇宙飛行士と管制との会話に何かおかしいと思ったのがきっかけといえます。
その頃には僕は同時通訳を勉強していましたので、西山千氏の訳し方や
宇宙飛行士の言葉にひっかかるものを感じたのです。
一般の方は何も気がつかれなかったと思うのですが、僕はその時から
何かこれは作られたものだなと気づいておりました。
NASAにはその頃から行きたいと思っていましたが、NASAに行くように
なったのは別の文脈といえます。
学生時代は航空宇宙医学、宇宙ステ-ション内の人体活性度、
生体機能変化等を勉強していました。
卒業してインタ-ンを終えると、ニュ-ヨ-クのベルビュウ病院に2年間、
ドイツミュンヘントロマド国立病院に6ヶ月間アシスタント・レジデントとして働き、
また米国のミュルスタ-シュ-リッツ国立病院でも勉強したのです。
知り合ったNASAの航空物理学者ハドソン氏からNASAで勉強しないかと
いわれましたが、日本にとりあえず戻ったのです。
でも招待状が届きまして、学部長に相談したのです。
<こんな機会は滅多にないので、勉強してきたらどうか>と勧められ、
行ったのです。
滞在中のホテルや食事は全て最高の待遇でした。
日本で勉強した航空宇宙医学の延長線を立体的に研究する毎日でした。
本題の中心となるところですけれども、NASAの表の部分、裏の部分、
その辺の歴史もはっきりと教えられまして、<極秘>ということで、
裏の部分も見せていただきました」

Q3-NASAはどういうところでしたか?警備体制は如何でしたか?
「一番の印象は表と裏の部分が極端に違うということです。
どうでも良いというところが緊迫感あふれた警備体制になっています。
NASAは世界各国の民間企業が優秀な技術者を送り込んでいる
西側の宇宙開発の完全組織といえます。
ソ連が崩壊した今では唯一の宇宙機関といえるでしょう。
NASAには40年間収集した膨大な資料・写真がありますが、
一般に公開したのはホンの一部でしかありません。
月面着陸のデ-タですら1%にも満たないと思います。
秘密の部分がないとするなら、全て公表しても良いと思うのです。
カ-タ-元大統領が州知事だった頃、UFOに遭遇しました。
NASAに問い合わせると、<NASAはUFOの調査にあたる機関ではない>
という回答がホワイトハウスに届いたのです。
またNASAはUFOに関する調査計画は一切ないという返事もしております。
でも誰に聞いても何かがあることはわかると思います。
僕がどうして異星人の組織まで入り込めたか、それは表面上はドクタ-
だからというのですが、それよりも僕の物理の理論に関わるのではないか
と思うのです。その理論がUFOの推進システムと深い関係があるのでは
ないかと考えています」

Q4-異星人を見る前に何か説明を受けましたか?やはり口止めされたのですか?
「説明は特に何も受けません。口止めについても<あうんの呼吸>の
ような、全てわかっているだろうといった感じでした。
今考えますと、異星人の方から連れてこいという話だったようにも思えてきます」

Q5-異星人は何種類いましたか?どのように保管されていましたか?
生きている異星人は何処にいたのですか?
異星人と地球人の身体の構造はどう違いますか?
何故異星人がNASAにいたのですか?
「知っている限りでは4種類いますが、別の種類が何種かいると思います。
人間に似たタイプ、小人タイプ、巨人タイプ、獣タイプ、他にも奇妙な形の
タイプや異臭を放つタイプもいます。
僕の見たのは1947年のUFO墜落事件、ロズウェル事件の異星人です。
墜落したUFOの中から4体の小人タイプの異星人が発見されました。
2体は丸焦げで、顔はボ-リングの玉のような感じに焼け焦げていました。
他の2体は発見当時生きていました。
運んでいる最中にその内の1体は死にました。
もう1体は生きたまま、冷凍保存によって現在も生命維持されているということです。
顔は一般に紹介されているものよりも醜く神秘的で、眼が立体感のある、
ちょっと言葉で言い表せないような神秘的なものでした。
それらの異星人が何処から来たかは、UFOの推進原理がわからない以上
まだ不明の状態です。
異星人と地球人の身体の構造の違いについては、解剖された一体の
異星人しか把握はできないのですけれども、1947年に墜落した当時の
フィルム、レントゲンやCTの撮影フィルム等からわかる範囲で答えさせていただきます。
一体のものに関しては、身長は1m20-30cm程度で、前頭葉が非常に
発達しています。指は6本で水掻きのようなものがついています。
皮膚は人間の皮膚とは異なり、爬虫類のタイプと思います。
視力は約2.0から3.0程度で、人間より視野が広いと思います。
口はありますが、それが消化器官に繋がっているかどうかは不明です。
耳は人間よりもとがった感じです。聴力は人間の約20-30倍で、
犬のように細かい音も聞き分けられるのです。消化器官は人間と同じで、
肋骨その他骨格に関しても相違はなかったと思います。
ただ気になったところでは性器の部分です。男女の区別がわからないというか、
僕の見た感じでは、そこは全て退化してしまっているのではないかということです。
肉体的には非常にもろく、人間でいえば病弱あるいは衰弱した状態といえます。
ですが、極端に頭部がどしっとしており、知能指数の問題か、
その部分が発達しているのです。
僕の見た限り、頭脳及び精神性が高まったために肉体的なものが
退化しているという印象を受けました。
付け加えるならば、人間の何百年、何千年、何万年後の人間の姿の
ようにも思うのです。
単にこれはあくまでも推測なのですけれども、異星人は遠い星から
きたものばかりでなく、僕たちの未来人が何かを警告しにきている
のではないかと思うのです。
マ-マン博士の話では、彼らはケイ素化合物からなり、寿命が
1000-2000歳ということです。
ケイ素化合物には細胞の劣化はなく、あるのは新化のみで、
前生の記憶が残されており、更に死ぬまでの行動(任務)が
DNAに組み込まれているというのです。
どうしてNASAに異星人がいるのかは、世界で唯一宇宙開発・対策を
把握している最高機関だからではないでしょうか」

Q6-異星人の宇宙船が何故墜落するのでしょうか?
「1947年の墜落(ロズウェル事件)では4体の内2体が丸焦げになり、
1体が途中で死亡し、1体は冷凍保存されたわけです。
それ以外では数え切れないほどの宇宙船が地球に墜落しています。
宇宙船の推進原理の一つは2極間磁力によって制御されているシステム
いわばアダムスキ-型だと思います。
ご存じのようにアダムスキ-型円盤には下の所に3個の球のような
コンデンサ-があります。
そこに巻かれているコイルは重力場の歪みのエネルギ-と相互作用して、
重力電磁気誘導を起こすわけなのです。
そして電気はチタン酸バリウム製の球体コンデンサ-3個に
フィ-ドバックされるのです。球体コンデンサ-の中心部には
核電気共鳴という現象が起きて、回転電導磁場が生じるという原理なのです。
これはあくまでも相対論の延長線上での僕の考えでお話ししているのですが、
その装置が地球上の磁場によって無茶苦茶にされてしまう。
重力を安定させる基盤が崩れ、墜落に至ると考えられます。
僕は医師の立場で墜落原因と死亡原因との因果関係を明確に
しなくてはならないのですが、重力場の歪みにより宇宙船の窓が破損し、
減圧して墜落した宇宙船内での全身打撲が一般的な原因の説明に
なるだろうと思います。
地球人が戦前戦後アメリカやドイツで開発していたようなシステム、
例えばジェ-ムス・F・キング・ジュニアの「磁気流体力学推進装置」
「電気的推力発生装置」「電気運動装置」とかは異星人の推進システムとは
全く異なるものであることを先に述べておきたい。
推進装置にはいろいろあり、超光速粒子(タキオン)利用の原子力システムもあります。
マイア-のプレアデスの円盤もタキオン粒子を使った推進システムだと思います。
タキオンは光速を超えますから、最初に結果が見えて後で原因が起こるわけなのです。
この宇宙船に乗れば、事故が予めわかってしまうのです」

Q7-異星人は何処から来ているのですか?
「アダムスキ-の話では金星とかの太陽系の惑星からの訪問者と
なっていますが、僕は白鳥座61番星、X-1の異星人と話し合いました。
地球人より圧倒的に発達した知的生命体は太陽系よりも他の恒星系では
ないでしょうか?
宇宙船に誘拐された夫妻が異星人から見せられた天体図によると、
地球から32光年離れたレティキュル座ゼ-タ1から来たのだという話です」

Q8-宇宙船の推進メカニズムはどこまで解明されましたか?
「タキオン推進システムは今の地球上の科学では全く解明できません。
1947年の墜落円盤は技術面では70%は解明されていますが、
中心となる反物質反応炉の技術面が未だに解明されていないのです。
その理由はまだ地球の科学学者、物理学者は宇宙のエネルギ-の
研究が手薄になっているのが原因ではないかと思うのです。
地球の科学者・物理学者が宇宙のエネルギ-についてもっと解明
してゆけば、重力場のことは容易に解明できると思います」

Q9-何故あなただけが異星人を見せてもらえたのでしょうか?
「僕に科学的・医学的才能が特別あるからというわけではなく、
地球に来ている異星人が僕の宇宙観、思考、センス、医学的概念に
共鳴したからではないだろうか?どうもそう思えてしまうのです。
異星人を見せてもらったというより、異星人、UFO機種、科学知識、
彼らの生活等々、それら全てが一体共鳴して、僕が呼ばれてしまったような感じです」

Q10-異星人の伝達手段はなんですか?
「彼らは精神性が発達しており、殆どの手段を使っています。
相互に思考伝達ができ、テレパシ-が一般的な異星人の方法です。
白鳥座61番星の異星人は腰に自動同時通訳機を取り付け、何語であろうが、
応答できるのです。アメリカ人ならば英語で答え、日本人ならば日本語で答えるのです。
そのメカニズムはわかりませんが、何らかの波動の共振が鍵なのかも知れません」

Q11-その異星人からどんな話が聞き出せたのでしょうか?
「白鳥座61番星の異星人は地球人と殆ど変わらず、ただやや青白いタイプといえます。
平成4年にNASAに行った時、立体4次元画像を見せてくれました。
何千人、何万人もの日本人が地震に襲われて、悲鳴を上げている
地獄絵を見せられたのです。
それは大阪方面で大量の死者を出す地震だということでした。
今となっては阪神大震災の予言画像なのでした。
地球人は霊の仕組み、宇宙エネルギ-の存在、重力のメカニズム、
エネルギ-の本体、物質の本質等々を知らないばかりか、
解明しようともしないと彼は指摘するのです。
20-30年後には異星人はどうどうと公的に姿を現すそうです。
彼は第3次世界大戦、世界最終戦争を映像で再び予言しています。
阪神大震災が的中していますので、僕は恐怖を感じています。
でも物理の法則があって、予言を公表すると現実に起こらなくなるのです。
だから第3次世界大戦の予言は逆にそれが起きる現実の固まりみたいな
ものが消失するものだと理解して下さい。
神戸の震災では事前に何も発表されていなかったので、
それが原因ともいえるのです」

Q12-宇宙船は何でできていますか?
「ロズウェル事件の破片を見ましたが、アルミニウムのような
柔らかな感触でありながら、ハサミでも切ることができない。
折り曲げても元に戻ってしまうのが奇妙ですが、
傷つけたり破損したりできないのです。
その後に発表されたのは、金属に特殊な光を当てて顕微鏡で見ると、
銀・銅・ニッケルが独立した粒子のまま、一つの合金になっているとのことです。
人工的に造られた金属もあり、正確に一定間隔で配列されているのです。
地球上では理解できない金属が使われているのはまず間違いないと思います」

Q13-昔からUFOに興味があったのですか?
「地球以外にも遠い星の中に必ず異星人がいるのではないかと、
小学校2-3年生の頃から思って、関心がありました」

Q14-墜落した宇宙船は今どこに保管されているのですか?
「1940年代に墜落した宇宙船の残骸はNASAの施設一番地下の
下層部に保管されています。
また米軍と異星人とが共同で実験を行っているのは、事実間違いありません。
またプエルトリコの西部にある基地の地下には秘密施設があります。
警備が厳しくて一般人は近寄ることもできない状態になっています。
共同作業の内容については控えたい部分があります」

↑以上、本文中からの抜粋です。↑

実に興味深い話である。

今回は長いので、これについて解釈はせず、一つのぬりえとしておこう。あとは自分で勝手に色を塗って欲しい。また後々私なりの色をつけていこうと思う。

いずれにせよ、日本人でかの「エリア51」の内部に入った人がいたとは知らなかった。
日本にもすごい人がいたものですナ。

  by kikidoblog | 2013-05-13 15:02 | 鈴木竜成・宇宙人の柩

「非同時的学習」は「次へのレッスン」?:最近のYouTube番組から

みなさん、こんにちは。

いやはや、世の中にはいろんな情報を提供してくれるYouTube番組があるものである。テレビや映画やそんなたぐいのものまで、要拡散と思われるものをだれかインターネットに保存するからである。

このインターネットの映像配信技術の革新がなければ、フリーメーソンやら、イルミナティーやら、NWOやら、レプティリアンやら、ETV(=エイリアンビークル=UFO)やら、HAARPやら、人工地震やら、どんなものであっても、これほどまでに世に知られることはなかったに違いない。

なぜなら、その場合では、何でもいちいち文章にしなければなず、その結果、証拠としての価値が著しく損なわれたり、情報拡散の速度が遅かったにちがいないからである。そして同時に、私のこのブログもこれほどまでには知られることもなかったに違いない。

「映像」とは、それほどまでに情報としての価値が高いのである。

さて、そんな最近の興味深いYouTube番組をここにメモしておこう。残念ながら、exblogにはdailymotionとかそんなたぐいのものは貼り付けることができないようである。

(あ)まずは、「人工地震」を国民に紹介したインドのマスコミの番組。その名も「津波爆弾」。
ツナミ・ボム(津波爆弾)
ここでは、スマトラ沖大地震と日本の東日本大震災もアメリカの闇組織による「津波爆弾」だという感じの言葉が聞き取れる。映像からしかわからないが、核爆弾が海底地下に仕込まれた場合と空から海へ落とした場合、すなわち、海底地下で爆発した場合と水中で爆発した場合の違いがはっきり見て取れるのである。簡単にいえば、海底地下爆発による津波は「真っ黒」だが、水中爆発の場合は「真っ白」だということである。この違いが明瞭に見て取れるのである。必見ですナ。

さすがに仏教やヒンドゥーの国。日本のマスゴミは「インドの山奥で修行しない」といけませんナ!

(い)次は、アメリカの「脳洗浄=洗脳、最新情報」という番組で「麻栽培禁止」の意味を調べた番組。

まあ、簡単に言えば、麻という植物は古代からどの民族も麻を栽培して麻の服や袋を作って利用してきた最高の実用性の高い天然植物だった。が、近年になって、いまでいう偽ユダヤイルミナティーがそういう自然産業の有用性や汎用性を封印するために「麻薬」や有害植物のイメージを醸成し、厳密な法的管理が必要な「麻薬」用植物として自分たちが独占。おまけに他民族をその麻薬で病気にし、ついでにヤクザ組織を束ねて違法販売で金を儲ける。そういう道具にしたんだよ、という主張の番組である。

これはデービッド・アイクなど「陰謀暴露論者」たちが1980年代1990年代からずっと言ってきたことだったが、当時はキチガイの戯言程度にしか思われなかった。しかし最近ではついにイルミナティー側(米CIAが作ったと目される)のロイターでも取り上げたということらしい。

日本は米政府の言いなりだったから、日本は古事記の時代から麻の服を作り、いまでも天皇家は麻の農園をもって神事のために麻布を作るのだが、戦後はベトナム戦争ヒッピ−時代のマリワナの1970年代から麻栽培は薬物法のおかげで栽培禁止植物となったというわけである。

この番組では、最近の遺伝子研究を取り上げ、工業用の「自然の麻(ヘンプ)」とマリワナ用の「大麻(麻科の植物)」は全く異なる別種だという証明が行われた。だから、「普通の麻からマリワナは作れない。マリワナのような薬物使用ができない」ということを紹介している。

さらに、工業用麻は太古から非常に有用だったように、人類が麻をそれまでのように使用し続けていれば、これほどまでに世界が工業製品で公害まみれにならずにすんだに違いないということを示している。麻の繊維は非常に強く、それから現在のグラスファイバーのようにして自動車のボディーを作ったものも自動車会社も存在したというのである。

麻栽培が脅威になる企業には次のようなものがある。
製紙、木材、化石燃料、鉄鋼、アルコール(酒)、食料、などなど。

要するに、紙のためにこの地球上の森林伐採をする代わりに、麻を使えばほとんどのことができる。それゆえ、自然の麻こそ地球にやさしい「再生可能植物」だということになる。麻薬用の大麻の代わりに、自然麻を植えさせれば、世界は救われるのである。世界中の貧困地帯は、偽ユダヤの所有の麻薬栽培を行なって先進国の人々をヤク漬けにするようにしているが、そこに麻栽培させれば、お金にもなるし、地球のためにもなるし、森林も残り、CO2削減できるし、いいことだらけだというわけである。

一言で言えば、世界が自然麻を栽培すれば、悪魔主義者は消滅するのである。まさに神がくれた植物である。

これこそ「覚醒」ですナ。


(う)サウジが日本から学んだ「カイゼン(改善)」


世界が驚いたスゴイ日本より

これは本当に興味深い。まだまだ世界中が日本から学ぶところがある。日本は奥が深い。
自信を持とう、日本人。


(え)最後は、ロシアの科学者の地震予知に関して。この秋から来年に、南海沖大地震が危ないぞという警告の話。
地震情報 ロシア科学者がM9を警告より

「非同時的学習」は「次へのレッスン」?:最近のYouTube番組から_e0171614_11302857.jpg

「非同時的学習」は「次へのレッスン」?:最近のYouTube番組から_e0171614_11303029.jpg

検証‥大地震はいつ来るのか? 地震「予兆」どう向き合う?

来年はブラジルワールドカップがあるから、それまでは勘弁してヨ。NWOさんヨ!
まあ、連中は野球の方でしょうナア。


(お)とまあ、こんな案配で、実生活や自分の命、人類の将来に関する情報は、いまではテレビよりインターネットの方がいいのである。テレビの時代は終了したのである。テレビは昔のラジオ化してくだろう。マイナーな存在。メディアのごく一部になるのである。昔の名前で出ています症候群である。

ところで、「いつかどこかでだれかが学んだことを、それよりずっと後にまた別のだれかがどこかで学ぶ」というようなことを、バックミンスター・フラーは「非同時的な学習」と呼んだ。これは、同時刻にみんながいっしょに同じ番組を見たり、いっしょに同じ講義や授業を学んだりする「同時的学習」とはまったく異なる学習スタイルのものである。

この事実は、フラーの継承者、梶川泰司さんのポエム
理解について

事実は
静的な関係にあるが
真実は
同時的かつ非同時的な関係にある。

それゆえに、理解もまた
同時的かつ非同時的な関係にある。
に見事にまとめられている。

つまり、ネットこそ「非同時的学習」の最適なツールなのである。

この時代が進行すると、もはや「あんたあの本読んだ」とか、「あんたあの番組見た」とかいって、「な〜〜んだ、まだ見ていなかったの?」、「遅れているわね〜〜!」というタイプの思考ができなくなるのである。井戸端会議のおばさんたちも消滅するに違いない。

話は飛ぶが、我々はこの宇宙の世界の中で、同じ時空間を生きている。この意味でまさに「同時的に生きている」。しかし、もし我々が空飛ぶ円盤を作り出せば、あらゆる人は「非同時的に生きる」他はなくなるのである。

なぜなら、この宇宙空間を自由自在に動きまわる人々には、「同時」という概念は意味が無くなるからである。あらゆる人は別の時空を生きるからである。この意味では、高度文明化したエイリアン文化は「非同時的学習」の世界に住むはずである。

こういう世界のおばちゃんたちはいったいどんなことで盛り上がるだろうか?

昨日見た番組はもはや意味がない。自分しか見なかったはずだから。
いっしょに学習することもない。みんな別の時空を通りすぎてきたから。
年齢も意味がない。みんなみかけの年齢と実年齢が異なるから。

私が思うに、そうなると、やはり残された話題、共通の話題とは、この宇宙の真実、この宇宙の法則、そういうたぐいの話しかないのではないだろうか? それ以外には話が合いそうにない。

この意味でいうと、我々がいままさにこうしてインターネットを通じて「非同時的に学習する」という経験を積んでいるのは、ひょっとしたら、これから我々が宇宙を飛び回るようになるための一つの準備段階かもしれないナ、と思うのである。

「次へのレッスン」

ということですナ。

  by kikidoblog | 2013-05-12 11:53 | コンスピラシー

「子供横綱」と「人生を変えたビンタ」のお話:松井秀喜や長友佑都を変えたビンタ!

みなさん、こんにちは。

昨日、長友選手のドラマをメモしたのには2つほど理由がある。(あ)一つ目は、「子供横綱」の問題;(い)2つ目は、「人生を変えたビンタ」の問題、がそこにしっかり出ていたからである。ついでにここにそれをメモしておこう。スポーツに興味ない人はスルーを。


(あ)「子供横綱」の問題
まず、なぜその長友選手のYouTube番組をメモしたかというと、それが私が長年日本のサッカー界を見てきていつも感じている問題に直に関連していたからである。

何か?

というと、私がここで何度もメモしたように、日本のスポーツ界全体に見受けられる、いわゆる「子供横綱」の問題につながるからである。

この「子供横綱」の問題は、最近引退した女子柔道選手の福見友子選手を小学生時代に「柘植道場」師範として指導した、元筑波大学の故柘植俊一博士(東大柔道部出身)が
反秀才論
「子供横綱」と「人生を変えたビンタ」のお話:松井秀喜や長友佑都を変えたビンタ!_e0171614_1732866.jpg
に書いたことである。

柘植博士は、自ら柔道をやっていたために、我々日本人はもともと国際的に見て小粒な人種であるから、将来的には小型選手になる以上、最初から小粒な選手としての技能を磨かなければならない。日本国内で多少大型だからといって、柔よく剛を制すの柔道の基本を無視し、どでかい選手の技で成長すると、将来国際大会にでると何もできずに終わるようになる。

柔道の
山下泰裕選手
「子供横綱」と「人生を変えたビンタ」のお話:松井秀喜や長友佑都を変えたビンタ!_e0171614_13151219.jpg

が中学生のころ、師匠の白石礼介さんが山下選手にそうにいって育てた結果、山下選手は国際試合で前人未到の負けなしで引退したのだという話である。

私はサッカー(や野球)をやって育ったから柔道にはそれほど興味があるというわけではないが、これとまったく同じような問題が日本のサッカーにもあるのである。おおよそ、以下のような対応が付くだろう。
柔道         サッカー
体がでかい      背が高い
力が強い       足が速い

こうなると、小中時代に「試合に勝つこと」を目的にすると、どうしても柔道であれば「体が大きく、体重が重く、力の強い選手」を欲しがり、サッカーでは「背が高く、足が速い選手」を欲しがる結果になるというわけである。

すると、どうしても小学時代には「早熟な選手」が好まれ活躍することになる。そうなると、長友選手のように、サッカーはうまくていいんだけれどもどうも体が小粒。選手の中では一番小さい選手というようなタイプが、Jユースから排除されてしまうのである。

事実、ここの徳島ヴォルティスユースでもそう、長友選手の愛媛ユースもそうであった。実際、日本全国のクラブチームではそうやって選別してきた。だから、日本のJユースからJリーグへは、ライオネル・メッシのような小柄な大選手を発掘育成するのに失敗したのであった。

日本にも小粒な選手はいるが、そういう選手たちは大半が、高校サッカー、高校サッカー選手権で大活躍した選手たちである。日教組からは悪名高き文部省の学校スポーツだが、その学校のクラブ活動こそ、教育の一環としてクラブ活動を行うという名目のために、長友選手のような小粒の選手たちでもたくさん救われてきたのである。

一種の皮肉な結果である。やはり非常に価値あるシステムなのである。

そして、問題はここからだ。

仮に幼少期に同じ年代の日本人選手たちの中では、早熟で体も大きく足も早く、技量も優れていると、小中時代に大活躍できる。ちょっと走れば、大半の選手はまだ体が幼く子供だから太刀打ち出来ない。そうなると、きちんとした基本技術を身につけずとも、ちょっと自分の体とスピードを活かせば、大選手になってしまう。そうして、困ったことに本人も自分がうまいかのように錯覚してしまうのである。

ところが、高校大学に進むと、幼かったり、小粒だったり、足がのろかったりした選手たちにもかなり大人の体や大型化し、足も追いついてくるようになる。ほぼ成長が一致したからである。こうなると、これまでのようにはいかない。簡単に相手をスピードで抜き去ることも難しくなる。こうなると、きちんとした基本技術ができているかどうかが差になって現れる。

しかしながら、幼少期に自分の体の有利さだけで成長してしまったから、さまざまな間違った癖があったり、いまさら基本技術を成長させるということはできなくなる。こうしていくうちに、だんだん平凡な選手になりさがる。(いまの日本サッカー界で「決定力不足」や「シュート力の無さ」の原因はここにある。適当に蹴ってシュートしても、早熟なサッカー選手のスピードに幼いキーパーがついてこれないからである。適当にシュートすれば入ってしまうのである。これを変えるための一つの案として、小学校では中学生のキーパー、中学校では高校生キーパー、高校ではプロのキーパーにきてもらって試合することかもしれない。こうなれば、ちゃんとシュートしない限り一点も取れない。)

さらには、国際大会にもなれば、国内でいくら長身の190cmといえども、海外の選手には2m級がたくさん存在する。結局、国内では180cm級は長身で大型選手として育ったとしても、海外選手たちの中では、むしろ小粒な選手になるわけである。吉田麻也選手ですら英国では大きさで言えば普通以下の選手になるのだ。だから体の大きさだけでは勝負にならない。

だから、最初から小柄の選手としての基本技術を身に付けろ、というのが私がかねてからメモしてきたことなのである。

皮肉なことにというか(大方の日本のJユースやクラブの指導者の考え方に対してだが)、海外で大活躍している日本選手は、古くは奥寺、ちょっと前では中田英寿、最近では香川真司、本田圭佑、長友佑都、乾貴士など、みんな小粒な選手である。なぜ彼らが活躍できているかといえば、まさにサッカーのセンスや基本技術があるレベル以上に熟達したからである。丁寧にサッカーを学び、足元の技術を磨いてきたからなのだ。単に体だけを生かした選手は海外のもっと大型の選手たちに太刀打ちできない。しかし、彼らはむしろ日本の幼少期では大選手というわけではなかった。単にうまい選手だったのである。小さい頃には、「もっと背がほしい」とか「もっと足が速ければなあ」と言われた選手の部類なのである。それがある時期になると本来の才能を開花させ、国際級、ワールドクラスに育ったのである。

すなわち、「子供横綱は本当の横綱にはなれない」という問題、サッカーで言うなら、「幼少期の大選手は大人の大選手にはなれない」ということになるのである。これを「子供横綱問題」と私は呼んでいる。

ついでにいうと、学者の世界にもまったく同じ事が言えるのである。灘、開成、ラ・サールなどの名門中高から東大京大に進学したものから、ワールドクラスの科学者は育っていないということなのである。幼い子ども時代に幼い子ども相手にいくら受験勉強ができたって、そんなもので世界の大学者に育とうというのが無理難題なのである。やはり、基本技術が大事なのである。正しい問題意識、正しい思考法、正しい日常生活、正しいメンタリティー。京大法学部卒の細野モナ雄を見れば明白だ。

さらに問題は、日本サッカー協会やJユースのコーチなど育成する側が、この問題をあまり明確に理解できていないことである。だから、長友選手が、体が小さすぎて愛媛ユースを落選し、そのショックで非行少年になりかけたのである。これと同じような少年は無数にいる。

そして、ここに次の問題。「ビンタの問題」につながるのである。

(い)「人生を変えたビンタ」の問題
時に、先生や親などによる「たった一発のビンタ」が人生を大きく変えることがある。良くも変われば、悪くも変わる。しかし、往々にして、日本人の場合、そのビンタのせいで大きく「良い方向へ」変わったという例がしばしば存在するのである。

したがって、「体罰」問題と「ビンタ」問題を味噌糞にする人はここを間違えるべきではない。「ビンタ」は体罰のようでいて体罰ではない。暴力のようで暴力でもない。しかし、これは朝鮮人には通じない。

まずたった一発のビンタがその後の歴史を変えてしまったのが、日韓問題の最初の起こり、李承晩問題である。
李承晩(イ・スンマン)

「子供横綱」と「人生を変えたビンタ」のお話:松井秀喜や長友佑都を変えたビンタ!_e0171614_051914.jpg
は朝鮮戦争で南朝鮮側を仕切った(率いたのではない)自称元両班の子孫である。初代韓国大統領である。李承晩は、あっちこっちと日本軍の邪魔ばかり、わがままのし放題のため、業を煮やした旧日本陸軍の士官が李承晩にビンタした。実はこれが、朝鮮人の「反日思想」の先駆けだったと言われているのである。この一発のビンタのために「この仕打は1000年忘れないメンタリティー」によって、以後一切にわたって、韓国は日本の邪魔をするようになったのである。
「両班」と「ビンタ」、南北を分けたもの!?:「朝鮮戦争」の光と陰


次に「ビンタが歴史を変えた」のは、最近ミスター・ジャイアンツの長島監督といっしょに国民栄誉賞をもらった、松井秀喜選手である。松井選手の「ビンタの伝説」もまた有名である。

松井選手は、幼少の頃から体に恵まれ、常にスポーツでは大選手だった。野球でも大選手で、小学校では松井選手用のネットまで作られたというほどである。ところが、小学生の頃の野球の試合の際、審判の判定に不服で、カッとなってバットを投げ捨てたという。それを見た監督が飛んできて、松井選手に「ビンタ一発」を食らわし、とうとうと言って聞かせたという。そして、松井選手は自分の不甲斐なさを恥じ、改心したというのである。

これ以来、松井選手は、偉大な選手へと変貌していく。そして、甲子園で明徳義塾との全部敬遠フォアボールでも何一つ不服を言わない、という件につながったというのである。


そして、最後が、長友選手の「ゲームセンター入り浸り事件」である。
長友佑都物語

愛媛ユースに入れず、地元の中学校のサッカー部は弱小で不良のたまり場。サッカーに打ち込む場もなく、その鬱憤を毎日ゲームセンターで晴らしていた。憂さ晴らしである。もしここで悪いトモダチができれば、それまでだったに違いないが、そこへ幸いに新任の若い先生がサッカー部にやってきた。その先生が、長友選手を見つけるなり、

ビンタ一発。おまえなにしてるの? 母さんはだれのために頑張っていると思っているの?

とこうこうと言い聞かせた。それが、長友選手の改心につながった。


アントニオ猪木の「愛のビンタ」は有名だが、たるんだ気持ちをビンタで目を覚まさせるというのはよくあることである。

もし「体罰禁止」が過剰となり、こういうものまでご法度になれば、ひょっとしたらもう二度とこういった大選手は育たないという可能性もある。愛の鞭としてのビンタ(平手打ち)と虐待の暴力としてのビンタ(グーパンチ)はまったく異なるのである。

しかし、けっして朝鮮人に手を出してはいけないそうですゾ! 一生恨まれるそうだヨ。
朝鮮人とは関わらないこと。これに限るそうだ。(福沢諭吉談)

言っている意味分かるよネ?


おまけ:
リオ五輪エース候補 平岡翼J争奪戦
 リオ五輪のエース候補を巡り、J1クラブが水面下で争奪戦を繰り広げていることが12日、分かった。U-17日本代表候補MF平岡翼(たすく=作陽3年)
「子供横綱」と「人生を変えたビンタ」のお話:松井秀喜や長友佑都を変えたビンタ!_e0171614_920459.jpg
が今日13日から東京の練習に3日間参加。さらに翌日の16日から4日間は浦和を訪れ、J1武者修行をする。まだいずれも正式オファーには至っていないものの、獲得に乗り出すことを前提とした参加。また、磐田やJ2岡山など複数クラブが興味を示しており、来季に向けた争奪戦は必至だ。
 165センチと小柄ながら、抜群のスピードから繰り出す切れ味鋭いドリブルが、平岡最大の武器。東京関係者は「あれだけ桁外れのスピードは魅力。プロに囲まれた練習の中で見てみたい」とほれ込み、J1では一番乗りで練習参加にこぎ着けた。スピードタイプのドリブラーはこれまでにも少なく、新たな武器として期待を抱いている。
 一方で、浦和は「田中達也2世」として注目。昨季まで所属した元日本代表の新潟FW田中と同タイプで、浦和関係者は「ペトロビッチ監督のサッカーにフィットできるか分からないし、まずはうちの練習に参加して雰囲気なども分かってもらおうということ」と、開幕前のキャンプで参加を打診していた。だが、U-17日本代表候補合宿に招集されたため断念。プリンスリーグと高校総体予選の合間をぬって、このタイミングで参加になった。
 現在17歳で、3年後のリオ五輪のときには20歳。昨夏のロンドン五輪でプレーしたスタンダールFW永井のように、スピードで世界を驚かすことができる期待の好素材が、まずはJ1の門をたたく。
 ◆平岡翼(ひらおか・たすく)1996年(平8)2月23日、奈良県橿原市生まれ。小学校から中学まで、ポルベニルカシハラでプレーし、高校は岡山の作陽へ進学。持ち前のスピードが評価され、U-15日本代表候補に選出された。昨年度の全国高校サッカーでは8強進出。2年生ながら日本高校選抜に選ばれ、デュッセルドルフ国際に参加し優勝に貢献した。今年2月にもU-17日本代表候補合宿に招集。165センチ、62キロ。
俺の言っている通りだろ。Jユーススタッフは、子供時の見た目の早熟さや体つきで選手を選んでは間違いだということですナ。将来性や適性で選抜すべきなのだ。単に体が大きいだけであれば、他のスポーツの適性があるかもしれないのである。

  by kikidoblog | 2013-05-10 14:30 | サッカー&スポーツ

ニュージーランドに奇怪な巨大生物打ち上がる!?:シャチか恐竜か?

みなさん、こんにちは。

久しぶりにここにふさわしい話題が登場。ニュージーランドの海岸
ニュージーランドに奇怪な巨大生物打ち上がる!?:シャチか恐竜か?_e0171614_12473545.jpg
に得体のしれない巨大生物の死骸が打ち上がったというのである。以下のものである。
Strange Pukehina sea creature

ニュージーランドに奇怪な巨大生物打ち上がる!?:シャチか恐竜か?_e0171614_12464725.jpg

ニュージーランドに奇怪な巨大生物打ち上がる!?:シャチか恐竜か?_e0171614_1247263.jpg

ニュージーランドに奇怪な巨大生物打ち上がる!?:シャチか恐竜か?_e0171614_12465138.jpg

ニュージーランドの海岸に打ち上げられた「海の怪物」の正体はより

この映像を見た限りでは、かなり長い尻尾のようなものが付いているように見える。もしそれがシャチ
の死骸だったのであれば、そんなものはないにちがいない。

はたしてこれは何か?

DNA解析をすれば即座に判明するはずである。

私が一番欲しいものは、「パーソナルDNAシークエンサー」というものだという意味がわかるだろうヨ。(もちろん、そんなものはまだこの世には存在しない。)

いずれにしても、この生物はいったい何なのだろうか? 実に興味深い。

  by kikidoblog | 2013-05-10 12:54 | UMA

長友佑都物語:非行に走る生徒をビンタ一発で目覚ましするのは体罰ではないヨナア!

みなさん、こんにちは。

今日偶然、長友佑都選手のYouTubeを見つけたので、それをここにもメモしておこう。以下のものである。
長友佑都物語

長友選手の体幹トレーニング


おまけ:
長友 マツコじゃなくてホマキで興奮!
こっちの方も夢をゲットできるでしょうかナ?

  by kikidoblog | 2013-05-09 17:49 | サッカー&スポーツ

話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?

みなさん、こんにちは。

これは一種の妄想のような話なのだが、アメリカの政治家には、1人に対し、数人のダミーがいるという噂がしばしば囁かれてきた。日本でいう「影武者」なのか、陰謀論者のいう「クローン」なのか、「エイリアンのボディー・ジャック」なのか、そのあたりはよくわからないが、確かにジョージ・ブッシュにも、オバマにも、ヒラリーにも、そっくりさんがいた。耳の形が違っていたり
オバマの耳
話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?_e0171614_14132730.jpg
「世界はクローン人間だらけなのだ!」:元ホワイト・ハットのエージェントが語る!?
、ちょっと髪質が違っていたり、背丈が違ったり、同時に異なる場所に現れたりとか、ダブルブッキングで2人登場したりとか、そんな謎めいた話がしばしばYouTubeなどにも取り上げられてきた。

さて、今回はシーファー元駐日大使をこの問題に関して取り上げてみよう。シーファーさんは面白い。

まずは、シーファーさんは最近こんなことを言って表に出てきたらしい。
【慰安婦問題】米国の反日大使シーファー「河野談話見直しはやめろ。米国に賛同者はいない」
話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?_e0171614_1943413.jpg


靖国参拝に一定の理解=河野談話見直しは反対−前駐日米大使
 【ワシントン時事】シーファー前駐日米大使は3日、ワシントンの連邦議会で開かれた日米関係のシンポジウムで講演し、閣僚らの靖国神社参拝について「国家に命をささげた人々に敬意を表したいという気持ちは分かる」と一定の理解を示した。
 シーファー氏は大使在任当時に靖国参拝した小泉純一郎首相の考えは理解できたと説明。同時に、日本に侵略された国の人たちはそうは考えないと指摘し、「難しい問題だ」と語った。
 一方、旧日本軍による従軍慰安婦問題への関与を認めて謝罪した「河野談話」の見直しは「米国内に賛同者はいない」と強調。この問題には立ち入らず近隣諸国と未来志向の関係を築くよう訴えた。 
 集団的自衛権行使を禁じた日本政府の憲法解釈見直しに関しては、米国を標的とした弾道ミサイルが日本上空を通り過ぎるのを日本が迎撃しなければ「日米同盟は終わる」と断言。解釈変更は日米の安全保障協力に重要として期待感を示した。
 同じシンポジウムに出席したモンデール元駐日大使も、有事に日本が集団的自衛権を行使できなければ「日米関係は破滅する」と警告を発した。(2013/05/04-16:01)

さて、ここでは慰安婦問題に興味はない。なぜなら、先の国会で中山成彬議員がすでに慰安婦問題は大東亜戦争前の朝鮮朝日の記事から、慰安婦は存在しなかった。売春婦を扱っていたのは朝鮮人だった(いまと全く同じ)と証明してしまったからである。

では、シーファーさんの何を問題に見るか?

というと、実は私が見た限りでは、このシーファーさんには「すくなくとも2人」いるかのように見える。つまり、二人のシーファーさんがいるのである。

(あ)まずはこのシーファーさん。
Tom Schieffer Opening Remarks
これは、2009年ごろのシーファーさん。シーファー1と呼ぶ。

(い)次はこのシーファーさん。
The Honorable Thomas Schieffer speaking at USJC closing reception.mov
これは、2010年ごろのシーファーさん。シーファー2と呼ぶ。

このシーファー1とシーファー2は非常によく似ているが、多少声の質感が異なる。また、威厳のあり方や雰囲気はシーファー1さんの方がはるかに上である。

(う)このシーファー1さんとウィキペディアにあるシーファーさんは同一人物の感じがする。これである。
Tom Schieffer
話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?_e0171614_19585368.jpg

これを見て「ハッとする」人はかなりこの筋の造詣が深い。

そう、どうやらこの写真のシーファーさんには秘密がある。このシーファーさんの目には非常に特徴的なものが現れているのである。

そこで目を拡大してみると、こんな目だった。
話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?_e0171614_2035351.jpg

こわ〜〜〜、レプティリアン・アイというやつですナ。

どうやらブッシュファミリーもそうだった
話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?_e0171614_2063920.jpg

が、このシーファーさんもそうだった。どうやらテキサスにはレプティリアン型の目を持つ人間(なのか人間ではないのかわからないが)がいるようである。

ちなみに、金融王ソロスさんも。
話題の元駐日大使のシーファーさんはどっちだ!?:シーファーには2人いる!?_e0171614_172142.jpg

「キャッツ・アイ」vs「レプティリアン・アイ」:猫目のフランス人女性登場!

したがって、シーファーさんが2人いるかどうかは、めんたまを見れば判別できるということになるよナア。

いやはや、世界にはいろんなクリーチャーがいるもんですナア。

  by kikidoblog | 2013-05-08 20:14 | 従軍慰安婦・南京大虐殺捏造

ジョーク:SPA!が欧州財閥の御曹司の口を借りた反日ヘイトスピーチ拡散!

みなさん、こんにちは。

笑いは百薬の長。笑う門には福来る。以下はジョークである。けっして信じてはいけませんゾ!

−−−−−−−−−−−−−
にっくき売国エージェントのフジサンケイグループが出している雑誌「SPA!」。
ジョーク:SPA!が欧州財閥の御曹司の口を借りた反日ヘイトスピーチ拡散!_e0171614_156619.jpg
この名前こそまさしく(韓国の)スパイという意味らしい。どうやらそれを証明する記事を自ら出したようである。いま空前の火祭り状態か? 面白いので、ここにもメモしておこう。以下のものである。

ジョーク:SPA!が欧州財閥の御曹司の口を借りた反日ヘイトスピーチ拡散!_e0171614_1553049.jpg

欧州財閥の御曹司がヘイトスピーチを痛烈批判

読んだ印象では、100%この記事は捏造だったのではないかという気がする。おそらく、写真だけ外人のものにして、記事は全部在日作業員による「自作自演」なのだろう。そんな記事である。

さて、面白いので、全文のそのそれぞれに適当にコメントを付加してみよう。

欧州財閥の御曹司がヘイトスピーチを痛烈批判
東京のコリアタウン・新大久保で毎週のように行われるヘイトスピーチデモと、「レイシストしばき隊」の衝突劇。
→「レイシストしばき隊」は、すでに大半が前科もののグループであり、左翼系の過激派出身者だったことが証明されてしまった。
有田芳生議員野次られる 北のスパイが拉致被害者問題を隠れ蓑に
右翼民族派がしばき隊に宣戦布告 ツイッターで脅迫を繰り返す、在日韓国人グループ「しばき隊」の伊藤氏

渦中にいる在日外国人は、この光景をどう見ているのか。
→渦中にあるのは「反日政策」と「反日行為」を行い続ける「在留韓国人」と「在日韓国人」に対してのみである。一般の在日外国人に対してはだれもそんなことはしていない。もちろん、反日行為や不遜犯罪を行わない朝鮮人に対しても同様だ。それを見事に問題をすり替える。このやり方こそ反日在日の手口である。ミンス党が連日国会で行なっているのもこれだネ。

編集部は、ある在日ヨーロッパ人のグレンさん(仮名・32歳)に話を聞いた。

 日本在住5年のグレンさんは、実は欧州では誰もが知る某グループ企業の御曹司で、いわゆる遊学のために来日。跡を継ぐのか?という質問に対しては、「親がやっている仕事なので」と言葉を濁す。去る4月で日本での学びと仕事を終え、次なるアジアの地へ旅立っていくという。彼は慣れ親しんだ日本との別れを惜しみつつ、今繰り広げられている状況について語った。
→日本人は西洋人に弱いだろうという思い込みのため、こうやって白人の権威を笠に着る。この権威主義、白人至上主義という人種差別も韓国人に特有の精神構造である。韓国人は黒人差別をするから、黒人に聞くことはないらしいナ。

(※文は個人の主張であり、編集部の見解とは関係ありません)
→と書いて逃げを打つ。この卑怯な姑息手段も朝鮮系特有である。とにかく、朝鮮系のやり方はミンス党員を見ればすぐ分かる。

――5年間住んでみて、日本の印象はいかがですか?

 一言でいうと日本人はポライト(礼儀正しい)だけどフレンドリーではない。街は綺麗で、人も親切で丁寧だが、誰かと親友になることは滅多にない。むしろ僕は、アジアから来た人と友だちになることが多かった。この5年間、日本人からパーティーに誘われたことは何度もあったが、自分は『飾り物の外人さん』的な扱いだった。レイシズムにイラッとする感覚は突然訪れる。ある日電車に乗ったら、隣に座っていた人が逃げるように席を変えた。露骨なことは言わなくても、こうしたことで感じる。
→だいたい何の目的ももたない外人が、遊びがてらに「5年も住める」といういい加減な国は、いまでは日本だけであろう。私が米国に4年住んだ場合も「学生ビザ」があったからこそ。普通の人間は3ヶ月も住めない。ましてや学生がアルバイトを大学外で行えば、即座に逮捕収監の強制送還なのである。外人留学生がキャンパス外でバイトが許されているのは日本だけである。

 こうしたことは最初は僕だけの経験だと思っていた。でも他の外国人たちと話してみると皆、同じことを言う。日本人と結婚してずっと日本に住んでいる人でさえそういう経験を沢山している。彼らは皆、日本語が上達しても日本社会には完全に受け入れられないんだ。
→これはどの国にもあることである。アメリカでもそうだし、同じ日本人どうしであれ、そうだ。私自身徳島には親友は一人もいないヨ。異邦人というものはそういうものだ。民族や人種の問題ではない。言葉が違い、考え方や風習が違えば、そうなるのは当たり前。まして朝鮮人や白人であれば当然。だからといって、日本人はあんたに石をぶつけたりはしない。しかし、俺はソルトレークの白人モルモンに石を投げつけられたことがあったぞ。そんなことをいちいち気にしていてどうする? 気になるなら帰国あるのみ。

――何故日本人は、外国人を受け入れていないと思うのでしょうか?

 僕が出した結論は、日本人は自分たち同士でしか好きになれないということ。日本人は長年アジアナンバーワンを自認して偉そうな態度をしてきた。その傲慢さはアメリカと似ている。アメリカ人は他の国のことをまったく学ぼうとしない。ヨーロッパ人は違う国に行ったらその国について学ぼうとする。日本でも、僕はまず日本語を勉強していた。日本人は偉そうにしすぎる。日本社会が日本国民にそうなるよう要求している構造になっている。
→ここも面白い。巧妙に韓国人の思考が出ている。この世界で日本人ほど謙虚なおとなしい民族はいない。経済でナンバー2になった時も、信じられなかった。一方、韓国人のいまの傲慢さはまさにこの男の言っているとおりだ。自分がやることを他人もやると思うのが朝鮮人だ。おそらく、この韓国捏造の話をここで、この欧州人の口を借りて書いたと言えるだろうヨ。

 例えば津波の時、僕の国を含めていろんな国から日本への救助チームが派遣されるはずだったが、日本政府がそれを拒んだ。弱く見られたくないからだ。だが米軍だけは救助に出たが、それはそうだろう。

日本とアメリカはそうするしかない関係だから。
→これも典型的な韓国流の妄想だな。この時の日本政府こそ、朝鮮人ミンス党だったわけだ。まさに、「ブーメラン論法」。朝鮮人の言ったことが自分に跳ね返る。因果応報だ。しかし、その犠牲になったのは我々日本人の方だ。この御曹司は本気でこんなことを言っているとしたら、すでに狂人だ。

 家を探すにも、『外国人お断り』と言われることがある。ヨーロッパならこんなことは違法だ。日本人は、それについて『日本が特殊なんだ』とか言い訳するけど、くだらない。そんなのはあり得ない。
→そもそも上に書いたように、他国では外人が住むことすら違法なんだよ。特別の資格や金や能力や目的無くしてどの国でも住むことはできない。もちろんそんなに簡単に不動産取得はできないし、きちんとした身分証明がなければ、部屋を借りる事もできない。どの国でも同じだよ。韓国は日本人が不動産を買うことを禁止中。しかし、日本はだれでも自由。こんな国他にはないヨ。これもまた、在日ミンス党のおかげ。ミンス党時代に日本の水資源は全部中共支那に売りさばかれた。キックバック(=昔のリベート)をもらう。それは3割ほどだとか。

 あのデモ(※ヘイトスピーチを伴うデモ)もそうだ。ドイツのスキンヘッド(※ネオナチ)みたいなもんだ。やってることはドイツと一緒だけど、日本人はこいつらについて考えようともしていない。
→これも在日スパがかぶせたところだろうナ。ドイツのスキンヘッドは在日関東連合や神木に毒盛るような在日起業家のようなものだ。口先で騒ぐだけのものを普通はネオナチとは呼ばない。それよりも、もっとひどいのが純粋ネオナチのNWOの方だヨ。

 少なくともドイツでは、あんなのは違法で可能なはずがない。日本人は中国人をたくさん殺している。またアメリカに対するパールハーバー攻撃だって戦争中でもないのに、いきなり背後から刺したようなもんだ。傲慢な割には偽善者だ。日本人同士が内輪だけで仲良くしているだけだ。
→ここは特に悪質でひどい部分だな。不勉強にも程がある。いまでは、パールハーバーは一種の「偽旗作戦」の米人見殺し作戦だったことは、米人ですらご存知である。また、日本人が殺した中国人の数の100倍を殺したのは英国人、偽ユダヤ人だ。「アヘン戦争」を知らないらしいナ。それを仕切っていたのが、「東インド会社」を運営していた「300人員会」という偽ユダヤのグループだ。欧州の財閥そのものだったわけだナ。お前の先祖だよ! その時の中国人や朝鮮人を救ったのが日本人だった。

――ヨーロッパにもレイシズムがありますよね?

 もちろん僕の国にもレイシズムはある。だけど人種に拘っていない点が違う。僕の国には、北アフリカからのイスラム移民との対立がある。南米、アジア、全世界から来てる人の中で、イスラム系だけがヨーロッパのライフスタイルを全く受け入れようとしていないんだ。
→ここもこの西洋人の口を借りて韓国人の妄想を振りかざした場所ですな。イングランドリーグでは、毎日のように、白人選手や応援団は黒人選手に差別しているよ。マンチェスターの英人ギグズは黒人選手に差別用語を使ったし、チームメートの黒人選手にも「このニグロめ」というようなことを言っている。かの王様ペレが欧州リーグで一度もプレーしなかったのもそれが理由だ。日本にはそんなものはない。韓国人であれ、在日であれ、ちゃんと汗を流して一生懸命に頑張るものには日本人は暖かい。

 たとえば僕の国では、外国人が来たら国が無料で勉強させてくれる。高い授業料と、8割以上の出席率を要求する日本とは違う。

 従姉妹のボーイフレンドは日本人だったけど、彼もタダで学校に通えた。教科書も無料。特に貧しい国から移民は、言葉ができないと大変だろうから、政府がサポートして社会についていけるようにしている。
→そりゃーそうだろう。これからすれば、この人はフランス人らしいナ。フランスはロスチャイルド総本山の五ヶ国の一つ。世界中から資源や富を奪ってリッチな国だからだ。日本は貧しい。しかし、韓国人や在日には在日特権があり、ほとんどタダで留学したり、住むことができる。在特会や日本人が問題にしているのはまさにこの問題なのである。その在日エリートはこう言っている。ある「在日」エリートの「勝利宣言」:「日本社会の仕組みというものを、とくと教えてやるよ。」

 しかしイスラム系の人々は違う。言葉を教えるって言っても彼らは来ない。金にしか興味がなく、稼いだ金は全部アフリカに送るだけだ。国に来てちゃんと働いて社会に溶け込んでくれればいいのに。僕も日本に来て納得行かないことが沢山ある。でもルールは守ってちゃんと言葉も学んでいる。僕はゲストだから。
→ちゃんとここに「反イスラム」を入れてくるところがすごいナ。面白い。アフリカは貧しい。日本に来ている中国人もまったく同じ事をしているよ。まったく日本に溶け込む気配はないし、地下銀行を通じて好き勝手に送金している。すでにそういう事件も発覚した。

――しかし、ヘイトスピーチをする団体は、在日コリアンを始めとする在日外国人についてそれと同じ内容の批判をしていますが?

 よく聞け。在日コリアンは違う。彼らは日本名を持っている場合も多い。多くは、韓国に行ったことすらない。なのに日本人と同じ権利を持たされていない。それは日本人が偽善者で傲慢だからだ。
→まさに、これがこの雑誌スパの在日工作員の言いたいことだな。欧州人はこんな言い方はしない。日本の在特会は傲慢だからそんな活動をしたわけではないだろう。「在日特権」は戦後政治の負の遺産だからだ。非常に問題あるからそれを破棄するためにやっているだけのことのようですナ。「在日特権」のようなものなどどの国にもない。大学生のように勉強しようという若者を援助することと、在日特権のように、性風俗とパチンコにしか興味無いような不遜な連中を自由気ままに日本に住まわせる余裕はないということだ。本国に帰らないのは在日自身の問題だ。日本の方が在日特権もらって自由気ままにやりマンできるからだ。有坂38が欲しいとこだナ。
――彼らの主張は在日コリアンと日本人の権利は違っていて、在日コリアンは特権を持っているということです。在日コリアンは日本に住んでいながら韓国・朝鮮籍を守り続けて、犯罪に利用できる通名を使っているから不当なのだと言っています。

また、在日外国人には帰化することを求めています。

通名が使えるのが特権だって? オーマイガッ! くだらなすぎる、腹がたつ! 言葉を失うよ。
→ここもスパの在日記者が自由自在に自分で編集したんだろうナア。あるいは、韓国人に完全に洗脳されたんだろうナア。あまりにひどい。ひどすぎるナ。「通名」が特権なのは当たり前。論外である。犯罪報道ですら通名できるのは、在日だけだからだ。

戦争中に日本は韓国の文化を抹殺して、日本語で喋るように強制した。戦争中のドイツ人でさえそんなことはしていない。僕の故郷の街はナポレオンの時から第一次世界対戦、ナチス・ドイツの占領も全部経験してるけど、『お前ら、これからドイツ語でしゃべれ』などという酷いことはなかった。
→この部分もいわゆる「韓国人史観」というやつだ。これは韓国朝鮮人しか持たない思想である。本当にこの外人がそんなことを言ったのかいナ? 日本は、長年の両班支配で疲弊した韓国人に、独自の学校を作り、教科書を作り、政治家を育て自治させ、ハングル語を編纂流布したのが史実である。韓国はおろか朝鮮半島全体の発展を促し、インフラ整備し、日本人と同様の待遇で本国の日本人以上の最恵国待遇を与えたのである。おかげで朝鮮人の人口は倍増した。もうすこし史実を勉強して欲しかったナ。もし本当に西洋の御曹司がこんなことを言っているとしたら、そんな財閥はすぐに潰れてしまうだろうナア。あまりに馬鹿者すぎる。

悪いけど、僕の国の人のほうが、日本人よりよほど日本の歴史について詳しいと思うね。傲慢な主張だ。日本社会は壊れたエンジンを積んだフェラリーみたいなもんだ。日本人は皆いかに日本が素晴らしいかのコメントを求めている。
→これはまさにジョークだナ。いやはや、自分の国を忘れてよくこんなことが言えるネ〜〜。たまげた。まさに朝鮮人的な事大主義的傲慢な主張だ。妄想以外の何者でもないナ。

⇒【中編】へ続く http://nikkan-spa.jp/434385


もう一度書くが、これは俺のジョークだからナ。本気にすんなヨ。というところですナ。

いやはや、スパには驚かされる。

一度、政府はこのSPA!のメンバーを捜査すべきだろうヨ。あまりにひどい。


おまけ:
ジョークどころではなかったようですナ。参考まで、これをメモしておこう。
在日韓国朝鮮人が兵役・財産没収から「絶対に」逃げられない理由とは?より

韓国は今年(2011年)から新国籍法と改正軍法を施行した。
お前ら在日は分かってないだろうが、これはお前ら在を逃がさないための法だ。
表向きは二重国籍OKとなっているが、これは逆に言うと、
永遠に韓国籍のままということだ。
また今まで兵役免除だった在は「兵役猶予」になったから、
必ず兵役を果たさないといけない。
良心的兵役拒否も認められてないしな。

じゃあ日本に帰化すれば逃げられると思っただろう。
ところが日本は二重国籍を認めていない。
帰化するには韓国籍を離脱しなきゃならんのさ。
だけど離脱するには「兵役完了」しないと韓国政府は離脱を認めない。
ちなみにパンチョッパリが軍でどんな差別を受けるかは知らん。
それに国籍離脱には韓国政府の正規の戸籍証明が必須だ。
ところがお前ら在は密入国の時に戸籍証明を捏造してるだろ。
捏造された戸籍なんか国の原簿と照らし合わせれば一発でバレる。
そして戸籍不備と言うことで国籍離脱ができなくなる。
そして決して緩和されないのが【素行条件】だ。
前科があったらまず帰化できないと思え。

そして2012年になれば、改正公職選挙法が施行される。
これは在への国政選挙権付与な。
つまり今まで朝鮮戦争で"難民"扱いだった在が、
明確に韓国籍を得ることになるんだ。
これがどういうことかわかるか?
日本でのお前ら在の特別永住資格が無くなるんだよ。
日本での特別扱いがなくなる上に、兵役免除もなくなるし、
国籍維持手数料という名の税金も取られる。
さらに上に書いたように日本への帰化も難しくなる。
そして韓国は原油取引の長期契約をしてもらえない程、国家としての信用がない。
世界に出たらウォンは紙クズだ。
米韓FTAでハゲタカ共がドルをケツの毛までむしり取った後、
韓国政府はどうすると思う?
ハードカレンシーな"円"を持ってるお前ら在の資産を狙うのさ。
韓国は事後法が成立する数少ない国だ。
在からカネを搾るための法律なら山ほど作るだろう。
しかも二重国籍を認めてるから、在は永遠に朝鮮籍から逃げられない。
もっとも、内政干渉になるから日本は一切関知しないけどなw

在チョンはよく読んどけw
いやはや、アメリカに逃げる他なさそうですナ。

  by kikidoblog | 2013-05-08 16:20 | ジョーク一発

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE