人気ブログランキング |

<   2013年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

2013年ビルダーバーグ会議が閉幕:「イルミの、イルミによる、イルミのための会議」

みなさん、こんにちは。

いやはや、最近は例のドラード博士の研究を読むほうが忙しくてすっかり忘れてしまっていたが、「闇の世界政府」といわれている、例の「ビルダーバーグ会議」が、この6月6日〜6月9日までイギリスのグローブ・ホテルという、怪しいホテルで行われたようである。(「ビルダーバーグ会議」でブログ内検索)以下のものである。
Bilderberg 2013
e0171614_19452167.jpg

e0171614_19451736.png

e0171614_1946085.png

さて、どんな人達が集まるのかというと、欧州の王族貴族、経済貴族、科学貴族などのいわゆる「グローバル企業のお偉方たち」である。通称「イルミコープ」
イルミ会社

(このBGMが洗脳周波数といわれる、ヘミシング周波数である。これを聞いていると洗脳されてしまうらしいゾ。)
という。まあ、簡単にいえば、「悪魔教」(通称、ルシファー)を信じるエリートたちの集いである。だから、おどろおどろしいホテルやお城で開催されるのである。地下で生贄を捧げる秘密の血の儀式を行うと言われている。大抵は、敵を血祭りにあげるらしい。

しかし最近では全世界の若者、特にこういう面では右に出るものがないのが白人の若者たちである。勇敢というのか、無謀というのか、血沸き肉踊る精神(まあ、イルミのおっさんや爺さんとまったく同じ性質なのだが)のためか、どんどんビルダーバーグ会議会場のフェンス越しからデモ演説を行なっているのである。以下のものである。




当然ながら、韓電通、韓HKやマスゴミからはこういうニュースは出ることはない。本当に朝鮮人は馬鹿だ。今回のイルミバーグでは、朝鮮人や中国人をどうするかが問題になったはずなのである。要するに、サムソンやヒュンダイ、中国経済をどうするかが議論されたに違いないのである。

彼らは、2014年にソロモン神殿をエルサレムに建立する計画である。そのためには、どうするか、また、アングロサクソン・ミッションをどうするかなどが議論されたはずなのである。(アングロサクソン・ミッションでブログ内検索)

いずれにせよ、これから1年の世界政治経済のトレンドを議論するというのがこのビルダーバーグ会議だと考えられているのである。

ところが、日本の政治経済の専門家という連中はアホすぎて話にならない。こんな感じ。
ビルダーバーグ会議は無用の長物

(板垣氏情報)

悪名高い秘密会議として知られている「ビルダーバーグ会議」が6月6日から9日の3日間の日程で、英国ワットフォードのグローブホテル(ロンドンのベッドタウン、人口8万人)で開催されている。

何しろ、秘密会議でもあり、日本が排除されているので、何をテーマにして、議論しているのか、世界をどのように牛耳ろうとしているのか、日本にはほとんど伝わってこない。 それでも、細いルートながら、情報の断片が、漏れ出てくる。 これをつなぎ合わせると、実像の一端が浮かび上がってくる。

主な出席者には、米国のヘンリー・キッシンジャー元国務(ニクソン政権、フォード政権)、ガイトナー前財務長官、ロバート・ゼーリック元世界銀行総裁(ゴールドマン・サックス証券国際戦略部のMS元マネージング・ディレクター兼代表)、ペトレイアス前CIA長官(最近KKRで話題)、クレイグ・ジェームズ・マンディ(マイクロソフト最高研究戦略責任者)、エリック E. シュミット(Google 株式会社取締役会長)、ピーター・サザランド(WTO元事務局長、現ゴールドマンサックス及び英国石油公社会長)、ルービン元財務長官、英国のオズボーン英財務相、ピーター・ヴォーサー(ロイヤル・ダッチ・シェルCEO)、フィンランドのオリラ・ヨルマ(ロイヤル・ダッチ・シェル会長)、フランスのフィヨン仏前首相、キャストリー・アンドリー(アクサ・グループ会長兼CEO)ドイツのポール・アクライトナー(ドイツ銀行会長)、イタリアのモンティ前首相、オランダのベアトリクス王女、オランダのルッテ首相、HSBCからフリント会長とガリバーCEO、スイス中央銀行総裁、ラガルドIMF専務理事のほか名前を連ねている。

これらの出席者からはっきり窺われるのは、主要国政権の現職が少ない。どちらかと言えば「同窓会」的ですらある。「OBサミット」と言った方が、適切だろう。

リーマン・ショックから始まり、欧州借金返済危機(デフォルト)へと金融危機が深刻化した最悪事態を救うための有効な手立てを講じられなかったのが、ビルダーバーグ会議であったため、いまや「何の役にも立っていない」とヤユされている。

米国連邦政府のデフォルトを救い、なおかつ、欧州金融危機に手を差し伸べたのが、 実は、日本が「金融カラクリ」でひねり出した「準通貨」による2000兆円であったこと を考えると日本を排除したビルダーバーグ会議は、いまや「無用の長物」に等しいのだ。

このおっさん何か重大な勘違いをしているようですナ。あんたホンマにアホでんナというやつですナ。

このビルダーバーグ会議というのは基本シオニストの会議である。だから、「世界のためになることを考える会議」ではない。むしろ真逆で「世界の害悪になることを考える会議」なのである。

いかにしたら、日本経済を潰せるか?
いかにして朝鮮人を絶滅させるか? 
いかにしてアジア人をこの地球から絶滅させるか?
いかしにしてB層や無駄飯食いを浄化できるか?
いかにして地球人の大半を家畜化できるか?
いかにしたら人口を5億にできるか?

とまあ、こんなふうなことを世界の王族や大富豪の老人たちが大まじめに議論するのである。そして悪魔の前でそれを誓いあう。

いやはや、世も末ですナ。

  by kikidoblog | 2013-06-10 20:12 | ビルダーバーグ会議

昔のブログから:「カルシウムと私」

カルシウムと私
e0171614_832195.jpg

e0171614_8322577.jpg

e0171614_8321100.jpg

e0171614_832845.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-10 08:32 | 昔の拙ブログ・記事

昔のブログから:「Fatal disease, 不治の病」

e0171614_829338.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-10 08:30 | 昔の拙ブログ・記事

昔のブログから:「アンフォルジン(unfoldin)の発見」

e0171614_8272052.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-10 08:28 | 昔の拙ブログ・記事

昔のブログから:「自閉症児とキレート剤、そして酢の物」

みなさん、こんにちは。

また、昔の拙ブログのメモを再掲しておこう。
e0171614_8253198.jpg

e0171614_8254215.jpg

e0171614_8254790.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-10 08:26 | 昔の拙ブログ・記事

「私をブラジルW杯に連れて行って」:日本のキングカズから世界のキングカズへ!

みなさん、こんにちは。

今日9日に元日本代表と元イタリア代表のOB戦
があったようである。以下のものである。
カズ、ゴール!日伊OB戦はドロー
e0171614_18565935.jpg

 サッカーのJリーグ選抜とイタリア選抜のOB戦が9日、東京・国立競技場に1万7703人を集めて行われ、2-2で引き分けた。木村和司氏、ラモス瑠偉氏ら往年の名選手とともにJ2横浜FCの三浦知良が特別参加し、前半にJリーグ選抜としてゴールを決め、後半にはイタリア選抜の一員としてプレーした。

 三浦は「アズーリ(青を意味するイタリア代表の愛称)を着ていいのかなと思った。何ともいえない重みがあった」と話した。46歳の三浦が現役を続けていることに、元イタリア代表のフランコ・バレージ氏は「本当にすごい。情熱がなければできないこと」と絶賛。三浦と同い年で、膝痛のため出場しなかったロベルト・バッジョ氏も「私もちょっとうらやましい」と笑顔で述べた。(共同)
サッカー、カズが両チームで出場 日伊OB戦に1万7千人
e0171614_18572887.jpg

サッカーのJリーグ選抜とイタリア選抜のOB戦が9日、東京・国立競技場に1万7703人を集めて行われ、2―2で引き分けた。木村和司氏、ラモス瑠偉氏ら往年の名選手とともにJ2横浜FCの三浦知良が特別参加し、前半にJリーグ選抜としてゴールを決め、後半にはイタリア選抜の一員としてプレーした。

 三浦は「アズーリ(青を意味するイタリア代表の愛称)を着ていいのかなと思った。何ともいえない重みがあった」と話した。46歳の三浦が現役を続けていることに、元イタリア代表のフランコ・バレージ氏は「本当にすごい。情熱がなければできないこと」と絶賛。

まあ、あまりサッカーをご存じない人や記憶力の乏しい人やすぐに忘れてしまう人は知らないだろうが、このロベルト・バッジオ選手とフランコ・バレージ選手は、かつて1994年のW杯アメリカ大会準優勝のメンバーである。

優勝したのが、ロマーリオ選手と闘将ドゥンガ選手の率いたブラジルであった。0−0でPK戦にもつれ込み、その決勝で、最後にドゥンガ選手が決め、ロベルト・バッジオ選手がはずし、ブラジルが優勝したのだった。その後、
「誰もバッジオを責めることはできない」
とドゥンガ選手が言ったという伝説の大会であった。以下のものである。
1994アメリカ大会PK戦



一人目のバレージ選手は、大会初戦で不運の骨折をした。そして、手術しこの決勝までリバビリをして間に合わせたという偉大な選手であった。「不屈の闘志」といわれた選手である。私もバレージは無理だろうと思っていたが決勝戦に出場したから驚いたものである。しかしながら、さすがに1ヶ月のブランクがこの試合で足に来て、最後のPK戦ではミスショットしてしまったのである。同様に、バッジオ選手もすでにピッチ上で何度も足をつり、PKでは正確性を欠いた。最後に天ぷらキックで万事休すだったのである。

あれから20年。

精悍なバッジオ選手(当時非常に女性に持てた)もまた、すっかり白髪の親父に変わっていたようである。

だから、そのアズーリのバレージ選手に「本当にすごい。情熱がなければできないこと」と絶賛されたということは、三浦知良選手はすでに「日本のレジェンド」から「世界のレジェンド」になったということである。「日本のキングカズ」から「世界のキングカズ」になったといえるだろう。

そして、ブラジルはカズの故郷。16歳で単身サッカー留学したサッカーの母国である。そして10代で日本人初のブラジルサントスのプロ選手になった。そして大活躍して日本に帰国したのである。

それゆえ、もし三浦カズが日本代表として母国ブラジルのワールドカップに参戦するとすれば、日本代表は、ブラジル人からも日系ブラジル人からも絶大なる支持や支援を受けられるはずなのである。観客からも審判からもあらゆる層から日本代表は好感をもって迎えてもらえるはずなのである。それほどの英雄なのである。ザック監督にはぜひとも三浦カズ選手も代表に加えて、日本初の世界王者を目指して貰いたいものである。

そして、ロジェ・ミラ選手の最高年齢のゴール記録を塗り替えて欲しいものである。
ロジェ・ミラ

ミラは4年後の1994年、既にプロリーグレベルの選手としては引退していたが、再びカメルーン大統領ポール・ビヤから代表復帰の要請を受け(カメルーン代表に対してもビヤ大統領が圧力をかけたという)、アメリカW杯のピッチに立った。この時、ミラは既に42歳になっていた。ミラは高齢の為に前回大会に比べ出場時間が極端に減った。 この大会でのカメルーン代表は一転していいところなく1分け2敗の成績に終わり一次リーグで姿を消した(アフリカ代表チームにありがちなボーナスを巡っての対立や、ミラだけが特別視されることへの周りの選手の反感もあったと言われてはいる)。特に最終戦となったロシア戦ではオレグ・サレンコのワールドカップ記録となった1試合5得点を含む1-6で惨敗。しかし、この試合でカメルーン唯一のゴールを決めたのは、後半から投入された直後のミラだった。この時のミラは42歳1か月8日であり、ワールドカップにおける最年長ゴールとして名を刻んでいる(40歳代選手によるゴールも2010年現在、ミラだけが達成)。なおミラの「W杯通算5得点」はカメルーンはもとより、全てのアフリカ国籍選手の2010年現在の最多記録である。



三浦カズ選手が若い頃からやってきた「カズダンス」は、実はこの「ロジェ・ミラダンス」
なのである。そのロジェ・ミラ選手はワールドカップ最年長ゴール記録42歳1か月8日を樹立した。そして、いま現在も三浦カズ選手は、最年長で現役サッカー選手を続けている。この意味でも、三浦カズ選手は、このロジェ・ミラ選手の記録を塗り替えるために生まれてきた選手とも言えるのである。

ザッケローニ監督よ、「サプライズ」を起こしてくれ!

三浦知良選手からすれば、
「私をブラジルW杯に連れて行って!」
というところでしょうナア。

  by kikidoblog | 2013-06-09 19:34 | サッカー&スポーツ

例の「謎の生命体の姿」はどんなものだろうか?:こんな姿か?

みなさん、こんにちは。

先日、グリーンランドの海底を泳いでいた謎の半魚人をメモしておいた。
「海底大戦争」と海底から挨拶した”謎の生命体”とは?




e0171614_13291654.jpg

e0171614_13294591.jpg

この謎の生物の頭の方はよく見えたのだが、下半身がわからなかった。あまりに素早くすっと泳ぎ去ったからである。

そこで、上のYouTubeを調べてみたら、なんとその下半身もしっかりと捉えられていたではないか。今回はこれをメモしておこう。スローにコマ撮りすると、こんなものであった。
e0171614_7264556.jpg


これから分かることは、この生命体は、頭はまばらに生えた髪の毛を持ち、グレイエリアンのように目が大きく、下半身は蛇のようなすっとした細長いものである、ということになる。つまり、我々のように陸上を二足歩行する生物のような足がない。

映像から見た感じでは、あまり骨盤は見えず、胴体は蛇のようにほっそりとし、先までずっと細くなっているからである。問題は、一番先にヒレ(フィン)がついているかどうかだが、あまりに早く動いたために、そこまでは分からない。むしろ長い腕を使って泳いでいる感じに見える。

というわけで、謎の生物の形はこんな感じか?
e0171614_7273955.jpg


一般には、マーメードというと、ディズニー・アニメのものをイメージする。
e0171614_728235.jpg

NOAA Responds to ‘Mermaid: a Body Found’ – Says Mermaids and Mermen Are Not Real


しかしながら、この逆は怖い。
e0171614_13353749.jpg

http://www.empowernetwork.com/BigJon06/blog/mermaid-body-found/

あるいは、「人魚の身体発見」
e0171614_7341626.jpg

http://www.tumblr.com/tagged/the%20body%20found
のようなものを想像するかもしれない。

しかしながら、映像がリアルだと仮定して分析すると、どうもそうではない。すると、だいたいこんな感じの生命体だということになる。
e0171614_7304315.jpg

“Mermaids: The Body Found” Paul Robertson’s evidence on existence of mermaids

これはその昔の日本人が作った「作り物」として有名になったものだが、その特徴をうまく描いている。この意味では、こちらのほうが上の西洋人が、自分たちの身体を元にして描くものよりはるかにリアルに近いということになる。つまり、西洋人型のマーメードは、セックス(性行為)が人間のようにできるという可能性を考えるために、骨盤が発達し過ぎているのである。

いやはや、うまく絵が描けなかったが、西洋では人魚の身体が見つかったと結構な騒ぎになっているようである。

もちろん、信じる信じないはあなた次第です、というやつですナ。


おまけ:
人魚コレクション
e0171614_13262927.jpg


e0171614_7314136.jpg

暑い夏!ゾンビは実在するか?人魚はいるのか?より
e0171614_13202673.jpg

e0171614_13221368.jpg

“Mermaids: The Body Found” Continues To Puzzle If Mermaids Do Exist (Photo And Video)

  by kikidoblog | 2013-06-08 12:43 | UMA:人魚・海底原人

昔のブログから:「混迷するタミフル研究?」

e0171614_11225242.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-07 12:19 | 昔の拙ブログ・記事

昔のブログから:キンゼイ博士の忘れ物:”子宮頸がん”

e0171614_12125515.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-07 12:15 | 昔の拙ブログ・記事

昔のブログから:「産官学協力の陰」:悪の「三思三愛」関係?

e0171614_12112086.jpg

  by kikidoblog | 2013-06-07 12:12 | 昔の拙ブログ・記事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE