人気ブログランキング |

エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?

みなさん、こんばんは。

今夜はこの新ブログの最初に紹介した「「火星に人は住んでいるか?」」,「ボブ・ラザーの「エリア51とUFOテクノロジー」」の続きである。

最近、一般人の目から永年にわたり遠ざけられてきた「UFOテクノロジー」の一部がついにアメリカ軍内の「エリア51」から暴露されるようになった。その最初がボブ・ラザーであった。しかしながら、ボブ・ラザーはたったの半年しか「エリア51」で勤務した経験がなく、その「エイリアン工学」のキーテクノロジーである「反重力」の原理やエンジン構造に関してはまったくの素人であった。だから、ボブ・ラザーには本当のところは分からなかった。

エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?_e0171614_23334413.jpg


しかし、最近になって”ついに”YouTube上でUFO科学やUFO技術を暴露する人物が登場した。その人物の名は、これまで日本国内では全く知られていない人であった。Stan Deyo(スタン・デヨ)というオーストラリア人である(より正確には、アメリカのテキサス州ダラス生まれのオーストリア在住アメリカ人。http://madgabradio.com/Stan_Deyo.html参照)。この人は「エリア51」に代表されるアメリカ(というより全世界)の支援を受けた”謎のプロジェクト”で数十年に渡って「反重力」や「重力の性質」を研究し、ついに”人類が作った初の”「反重力装置」(man-made antigravity engine)の開発者であったという。

「重力とは何か?」、
「それゆえ、反重力はいかに現れるか?」、
「どうやって反重力エンジンを作るか?」、
「現在いかなる空飛ぶ円盤を製作中であるか?」

などの人類の永年の疑問がついに明かされた。

我々は空飛ぶ円盤が「エリア51」というアメリカ国内で主に研究されていると思っていたが、かならずしもそうではなかった。実は「エリア52」というものがあり、それはオーストラリア国内にある。この事からも分かるように、オーストラリアもこの手の研究では欠かせない場所なのである。同様にカナダにも似たような場所があると言われている。アラスカにはHAARPがあるように、昔の大英帝国の衛星国が一致協力してUFOテクノロジーを秘密裏に研究していたらしい。この話もほんの一瞬だけpt.6に出ている。この意味ではオーストラリアはノーマークであった。

このグローバルコンスピラシーの雰囲気から勘のいい人はすぐ分かるだろうが、スタン・デヨのスポンサーやボスのその後ろで支援してきたのは、なんと「イルミナーティ」であったというのである。そして、どういう風の吹き回しか、そのイルミナーティ自ら、スタン・デヨに暴露してよろしいというお墨付きを与えたのだというのである。

はたしてその”真意”のほどが何かについては私には理解不能だが、スタン・デヨによれば「時期が来た」ということらしい。

これは以下のシリーズにある。残念ながら、この内容は全部英語である。しかし何度も聞き返す事により、内容を理解する事は可能である。ぜひ勉強して欲しい。そして我が国からも自らの手で「反重力装置」開発する人が現れる事を心から期待したい。

反重力研究
AntiGravity explained and produced!! Amazing! pt. 1 of 8


この内容の中で特に面白いのは、pt.3にある「反重力の起源」の説明である。一般に波には波動方程式の解として「先進波」と「遅延波」の2種類が存在する。先進波は因果律に従わないことから普通の物理学の散乱問題では遅延波だけが考慮される。かつてリチャード・ファインマン博士がその両方を考慮して一貫した場の理論を作ろうと挑戦したがうまくいかなかったことが知られている。しかし、スタン・デヨ氏はついにその両方を考慮する事により重力波の干渉効果からニュートンの万有引力を導く事に成功したのだという。そればかりか、未知の効果、すなわち「反重力効果」まで導出できるというのである。スタン・デヨ氏は、それを簡単な物理実験でそのアナロジーを再現している。

この講演の中盤では、”反重力エンジンの性質”が「UFOがなぜ円盤型になるのか」、「またそうならざるを得ないか」を決定づけている事、また、その性質によってUFOの飛行形態まで決まってしまうこと、さらには、UFOの巨大化やUFO編隊の組み方まで”反重力エンジンの性質”によって決まっている事を説明している。

このプログラムの最後(pt.6-8)では、UFOテクノロジーだけでなく、この自然界からどのようにしてフリーエネルギーを取り出す事ができるか、という問題が、かつてのニコラ・テスラの試みから始まって解説されている。スタン・デヨ氏はニコラ・テスラは「反重力」を生み出すほんの一歩前まで行っていたとテスラを賞賛している。

フリーエネルギーの取り出し方には基本的には2種類あるという。1つは、いわゆる「カシミア効果」(2枚の金属板間の力が金属板にかける電圧に非線形に応答する)によって生み出すことができるという方法。もう1つは、すべての物質は目に見えない赤外線を使ってエネルギーを散逸させている。したがって、その赤外線を集める事によってエネルギーを取り出すというような方法であるという。たった1時間の講演なので、その詳細は語られていないが、実に興味深いテーマである。

スタン・デヨのサイトは以下のものである。ここにはさまざまなものがあるようである。

Stan Deyo's HP
エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?_e0171614_2335894.jpg

Millennium Ark Welcome!

Stan Deyo's ”The Cosmic Conspiracy”
エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?_e0171614_23355694.jpg

これぞ「イルミナーティ」の図そのものである。
The Cosmic Conspiracy
The Cosmic Conspiracy

また、1977年代というかなり早い時期にスタン・デヨ氏は一度イギリスの科学番組の取材を受けている。それが以下の番組である。この中には30人ほどの当時のUFO関係の有名人がインタビューを受けている。中には、若き日のスティーヴン・スピルバーグもいる。今とはまったく顔が違うが、声は一緒である。この意味でもこの番組は実に興味深い。この番組はビデオテープに残されていたが、ほとんどすべては破損や消去され残っていなかったが、最近になってたった1本だけ残っている事が分かったので、スタン・デヨ氏がテレビ局に頼んでディジタル化できるようにして、スタン・デヨ氏自ら昨年YouTubeに入れたという曰く付きのものらしい。

Stan Deyo's "UFO's are here! in 1977"


Stan Deyo 2/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


Stan Deyo 3/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


Stan Deyo 4/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


Stan Deyo 5/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


Stan Deyo 6/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


Stan Deyo 7/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


Stan Deyo 8/9 UFOs Are Here! documentary w. Spielberg, Hynek, Vallee


これは全部まとめてDVDや本になっているようだ。
エイリアンテクノロジー:反重力の起源ついに証明される?_e0171614_23401725.jpg

UFOs Are Here

こういったことをヒントに、ちまちましたグリーンテクノロジーというものばかりでなく、もっと本質的で革命的なキーテクノロジー開発を目指す人々が我が国からも誕生してきて欲しいものである。さもなくば、100年に1度の経済不況など解決できるはずがないからである。(とはいうものの、ひょっとすれば、これもロスチャイルド帝国が仕掛けた新たなる方向付けの一環なのかもしれないが)

ところで、他にもまったく個人的趣味として「エイリアンテクノロジー」や「UFOテクノロジー」を研究している若者がアメリカにはいた。非常にさまざまな科学知識を基にして非常によく理解している人物である。この人物のYouTube番組もついでにここに紹介しておこう。

Alien Technology - The TR-3B, How it Work?

これにはこれまでの米軍のさまざまな「空飛ぶ円盤」開発の歴史も見事に映像でまとめてある。この人が「準結晶」(quasicrystal、かつて私がユタ大時代に研究をしていた物質)に非常に重きを置いているところがおもしろい。

How Anti-Gravity Work? Nuclear Powered UFO TR-3B


みなさん、自分の頭で考えてみて欲しい。

  # by Kikidoblog | 2009-02-28 23:42 | スタン・デヨ

南極大陸の知られざるUFO戦争:バード大将の謎の経験

みなさん、こんばんは。

今日は、昨夜の続きである。

ナチス・ドイツの「20世紀最後の最終兵器」である「空飛ぶ円盤」、これを巡って第二次世界大戦後の米ソはしのぎを削った。ドイツの基礎科学の粋を尽くした兵器研究には、原爆、ジェット機、ロケット、そして空飛ぶ円盤があった。これは以下のものに詳しい。

戦時中のナチスのUFO研究(history channel)


まだ当時の英米にはプロペラ機の戦闘機や航空母艦があるのみであったので、ドイツの科学技術のレベルの高さに衝撃を受けたのである。

アメリカは、原爆開発ではアインシュタインやボーアそしてオッペンハイマーやフォンノイマンの力で戦時中にドイツより先行できたが、それ以外は後塵をなめていた。

そこで戦後、ジェット機はフォンカルマンやプラントル、ロケットはゴダートやフォンブラウン。こういったドイツの天才科学者を捕虜にして米ソで分け合ったのである。それが戦後の米ソの科学技術の起こりである。アメリカは何とかそういった技術を開発しようと躍起になっていた。

しかし、当時はまだUFO建造だけは実現できなかった。何とか空飛ぶ円盤もナチスに負けるなという意気込みであったというわけである。ナチスの残党は南米や南極にUボートの大編隊で逃げたということから、その秘密基地をめぐって戦後の米ソの南極大陸探検は開始されたのである。

これは以下のものにある。

Part 1. The Untold UFO War in Antarctica


この南極探検の際、非常に奇妙な事件に出くわした。この物語は以下のものにある。

南極大陸の隠されたUFO戦争: バード大将の「地球内部からの帰還」の物語
Part 2. The Untold UFO War in Antarctica


アメリカは南極大陸の探検隊を組み、徐々に南極大陸の探検を広げていった。そして南極大陸のかなりの部分が制圧された頃、もっと奥深くの南極付近を探検すべく、海軍パイロットのバード大将を無線技師といっしょに飛行機探検に送り出した。

しばらく無線で空母に通信しながら順調に観察していた。そうしていくうちに、バード大将は空飛ぶ円盤に遭遇した。すると、空飛ぶ円盤に誘導されて地球上のものとは思えない美しい世界に到着した。空中には無数の空飛ぶ円盤が飛び、建物は見た事がないほど見事で壮麗な世界であった。そこで非常に長身の金髪碧眼の人物と出会った。

その謎の人物は「今の地球人は核兵器を開発したために非常に危険な状態にある。悪意や敵意が地上からなくならない限りは地球人は危機に陥る。これまでは見て見ぬ振りをしてきたがもはやそのレベルを超えた」というような趣旨の警告を伝える。その警告を人類に伝えるメッセンジャーの役割を課すためにバード大将を召還したのだとその人物は述べた。それを伝えるようにとバード大将は無事に帰された。

バード大将は気がつくと再び母艦と無線がつながり南極上空にいた。基地に着陸すると、バード大将はその未知の土地での出来事を司令官に報告した。

その時、まだ戦艦マードックと空母カサブランカが控えていた。そこに1つの空飛ぶ円盤が飛来し、戦闘となった。空飛ぶ円盤を空母からグラマン機が迎撃するが、謎の光線銃で撃墜された。マードックも沈没した。こうして悲劇の戦闘の結果、戦艦マードックと68人の軍人と空母の半分の飛行機が失われた。(この時の実写と思われるUFOとの交戦の映像がある。)

これが「南極の知られざるUFO戦争」である。この戦争の生き残りは真っ先に本国へ逃げた。そして1947年バード大将は本国のワシントンに召還され、アメリカ議会前の公聴会でこの時の事実を伝えた。

この時のバード大将の話は極秘事項とされたが、その後アメリカの音頭取りで1959年に国際的に南極大陸探検が開始された。これは以下のものにある。



はたしてこのときの空飛ぶ円盤がナチス製のものか、異星人のものか、地球内部からのものか、その謎はまだ解明されていないということである。

また、戦後になってアメリカ軍内で行われるようになったUFO製造がナチスの科学技術を基にして行われているのか、それともはグレイ宇宙人のもたらすエイリアン工学に基づくものか、どちらが真実であるか定かではない。しかし、おそらく、アメリカ軍のUFOはグレイ方式の「115」なる未知の放射性物質による反重力装置を基にしているのだろう。

しかしながら、このお話はほとんど知られていない。

  # by Kikidoblog | 2009-02-27 22:36 | 真の歴史

21世紀最初の真実

みなさん、こんばんは。

今日はその昔の落合信彦氏の「20世紀最後の真実」のことを紹介したい。

21世紀最初の真実_e0171614_2303120.jpg


その昔私が阪大の大学院生の頃、だから今から四半世紀前、落合信彦氏の「20世紀最後の真実―いまも戦いつづけるナチスの残党 」という本が出版された。私は当時非常に関心を持ってこの本を読んだものである。

この本の主題は、「ナチス・ドイツ軍の残党は、南米のブラジルやチリに逃げ延び、そこで敗戦直前に完成しつつあった空飛ぶ円盤技術を完成させ、いつの日か再びこの地上で英米軍に戦いを挑む」というような話であった。ドイツ人はカソリックであるから、ナチスの残党が逃げ延びるのを手助けしたのはバチカンであったという話である。

私個人は、当時理論物理学者を目指して物性理論を勉強していたことから、もしあるとすれば空飛ぶ円盤のキーテクノロジーは何なのか、どういう原理で反重力を得るのか、というようなことに大変興味を惹かれたのである。

あれから、25年。世紀は20世紀最後から21世紀最初へと変わった。

当時は、パソコンと言えばまだ大学の大型コンピュータにアクセスするためのターミナルの役割しかなかった。海外のマッキントッシュはまだ日本には普及していなかった。しかし、今やだれもが使うパソコンがその時代の大学の大型コンピュータ並みの機能を持つまでに至り、世界はそういうパソコンでつながったインターネットの時代へと変わった。そして現在では、世界中の映像や秘蔵映像がYouTubeで見る事ができる世界へと変貌を遂げた。

それとともに、落合信彦の「世紀のレポート」は日本のインテリたちからは半ばねつ造めいた”たわ言”とみなされて、時とともに忘れ去られてしまった。それゆえ、今やアマゾンでも1円の値がつく有様である(つまり、紙くず以下ということだ)。

しかし、今になってYouTubeでいろいろ見ていると、不思議な事に25年前には単なる”まゆつばもの”と思われていた落合信彦の「ナチスUFO製造」の物語が有名無名を問わず世界中のさまざまな研究者たちの間でしぶとく研究されてきていることがわかる。中には非常に優れた番組やレポートやドキュメンタリーとなっているものもある。

今回はこういったものをいくつか紹介しておこう。

ナチスUFO建造 haunebu story。ナチスのUFOは「ハウネブ」という名前だった。

NAZI UFO TECHNOLOGY! (*TESLA*)


Haunebu Film


Nazi flying saucers the Hauneburg


Nazi ufo


戦後のアメリカのUFO建造ストーリー。
Space Gate - Ultra Top Secret UFO Program

これには、1962年にはすでに火星に着陸した時の窓の外の映像がある。最初の40秒あたりにある。この映像を見ると、空はブルーで、スペクトル解析から見事に再現した「コスモス・ビジョン」さんの映像がかなり現実に近いようである。当時は、このように火星着陸映像の火星の空が水色だったものだから、「火星の空はピンク色だ」と洗脳された現代人には逆に「地球上で制作した偽物」と見なされたものである。しかし、もし火星の大気がピンク色なら、火星の南極の白さにはその色が反映するはずであるが、実際には土地は赤茶色でも南極は真っ白なのである。このことからも火星大気の色は非常に薄いブルーというのが大気組成からももっともらしいところだろう。

US GOVERMENT: There are 38 Levels above TOP SECRET! UFO

これにはアメリカのアイゼンハワー大統領時代にすでにアメリカ政府はニューワールドオーダー(NWO)の手に落ち、大統領のコントロールが効かなくなったことが語られている。その時のNWOの軍産複合体の代表こそジョージ・ブッシュ・シニア(先のブッシュのパパブッシュ)であった。この後にケネディー大統領も政府を国民の手に行くように試みたが失敗したわけである。


これはいかにアメリカ大統領といえども闇の権力組織の蚊帳の外ということである。

ブラジルのUFO基地
Real German UFO Base in Brasil

これは、ナチスの残党がその後もUFOをブラジルで建造中で、UFOの基地があるというレポートである。

時は今や落合信彦の時代へと舞い戻ったかのようである。

  # by Kikidoblog | 2009-02-26 23:09 | 真の歴史

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE